生意気

生意気な主が生意気に語るブログ 車が好きで自動車整備士になるも職場環境が悪く8ヶ月で退職し現在フリーのwebライターとして活動中。自分の趣味のこと、フリーで生きていくには?自動車整備士(笑)とは?を発信中

【6ヶ月体験談】光目覚まし時計『inti4(インティフォー)』凄すぎぃぃ!

f:id:canworks:20180805014632j:plain

朝が苦手で、なにかいい時計は無いか?と行き着いたのがこの光目覚まし時計『inti4(インティ4)』

朝が苦手で中々起きれないという悩みを抱えた方は多いハズ。

普通の目覚まし時計では起きれないということで、光 目覚ましを試しに6ヶ月使ってみたんですが、結論から言うと、僕の朝の生活がガラリと変わった。

f:id:canworks:20180623124028p:plain

画像参照元https://intiinti.com/lp/inti4_01a/?cats_sid=25.5.90.384fMQ5G29724988

朝の目覚めのポイントは「セロトニン

光目覚ましと聞いて「朝に太陽の光と脳が活性化する」的な話を思い出しました。

脳を活性化させるセロトニンという物質があるらしく、そのセロトニンが物質されることで、その日の集中力や精神的な落ち着きなどに関わってくるんだとか。

 

f:id:canworks:20180805014744p:plain

このセロトニンとは「脳内ホルモン」「脳内物質」のことで、自律神経を整えたりして覚醒状態を適切に保つ効果があります。 

僕も朝目覚めを良くする方法を調べてた時「朝起きたら太陽の光を浴びる」という方法をよく目にした。

雨の日、テンションが低い理由は単純にこの「陽の光を浴びていない」ことにあったんですね。

『inti4』は最大20,000ルクス

人間が1日すっきりと脳を活動させるために必要な光の照度がおよそ2000〜3000ルクスと言われています。

太陽の照度が2500〜5000ルクスほどなので、太陽の光が人間の活動に影響するという話は、これで納得いただけるかと思います。

そして問題の光目覚まし『inti4』は最大20,000ルクス以上の光を照射可能なので、雨の日でも十分に脳を活性化させるための光を浴びることができます。 

f:id:canworks:20180805020923p:plain

ちなみに室内灯で400〜500ルクスくらいなので、部屋の明かりを取り入れてもほとんど意味ないです。というわけで先程の光目覚まし時計。

本気で眩しすぎるので、目をやられないようにしてください。

f:id:canworks:20180701044945j:plain

 ※画像の光度下げてます。

てなわけで試しに買ってみましたよ

本気で朝起きれないのをどうにかしたい!と思った僕

寝坊は社内の信頼、仕事の質にも関わってくるので、絶対にしてはならない。

というか上司に詰められすぎて会社に入れるかどうかという瀬戸際まで来た僕。

本気で病気かって思うくらい寝坊ばかりします。

f:id:canworks:20180701045942j:plain

というわけで噂の光目覚まし時計『inti4』を購入してみました!

お値段なんと29,916円(税込み)!!!

いやたけぇよ!!笑

なんかもうこれ買ったときはどうかしていました。冬のボーナスが入ったから、財布のヒモが緩かったんでしょうねきっと。

でもこれで寝坊しなくなるんなら、十分な投資でしょう・・

あと3万も使ったから、さすがにこれで寝坊できないという精神的な負荷も与える効果があります。

f:id:canworks:20180701050359j:plain

ざっと中身を取り出して付属品の確認です。

写真左から

  • ACアダプタ
  • マイクロUSBケーブル
  • 壁掛けホルダー
  • 本体

の4点が入ってます。時計を使う際はこの電源が無いと使えないので、取り回しは少しやっかいですね。莫大な光量が必要だからこの仕様はしかたないんでしょうけど。

ちなみに電源ですが、最近良く見るタイプの電源です。

f:id:canworks:20180701050648j:plain

Androidを始め、最近いろんな電子機器に用いられてるタイプのUSBケーブルです。

なにげにこれって便利ですよね。ケーブルが壊れてもコンビニですぐに購入できるので、いざという時に困らない。

セッティングしていきます

f:id:canworks:20180701050838j:plain

さっそく時計を使っていこうとセッティング。

時本体は思ったよりもコンパクトで無駄に場所をとる心配がありません。時刻の設定は説明書通りにやって、簡単にすますことができました。

ボタンが全部で5つしかないので、設定に関してはなんら困りません。すごく楽。

というか時計なんて久々に買ったから、なんか新鮮でした笑

f:id:canworks:20180701051204j:plain

壁掛け用のホルダーも付いているので、設置場所も自由自在です。

時計の壁掛けって案外便利です。僕のベッドはロフトベッドなんですが、取り付けに失敗したのか、枕元にあるであろう物置スペースが皆無です。 

なので、枕元に時計を置けなく、置き場所どうしようかなって考えてました。 

この壁掛けフックがあるおかげで、設置場所には何ら困りませんでした。

f:id:canworks:20180701051744j:plain

僕の枕元付近に、一体なんの用途で取り付けられたのかわからない釘が丁度刺さっていたので、この釘に時計をセットしました。

これであとはアラームをセットして寝るだけです!頼んだぞ!inti4!!

『inti4』体験:1日目

その日は朝の6時起床の予定だったので、6時に鳴るようにセットしていました。

12月だったので、日の出も遅いので、いい感じでinti4で起きられるだろうなと、僕は期待値マックスで朝を待った。そして・・・

f:id:canworks:20180701052207j:plain

 まぶしすぎワロタ※寝起き一発で撮った写真です。

一応、音も鳴るようになっているんですが、アラーム音で一度目を開けてみたら、目の前が閃光に包まれていました。

閃光玉を食らったモンスターってこんな感じで視界を遮られるんだろうなぁ・・なんて考えながら僕は静かに目を閉じたのだった。 

そして僕は再び夢の中につくのであった。

太陽が部屋の中にあるってことですもんね

先程も説明したようにこの『inti4』は最大20,000ルクスの光を発します。

 それはまぶしいはずです。 

「いや〜、今朝の時計は眩しかった!」

なんて意味のわからないことを思いながらその日はなんとか遅刻せずに事を済ませた僕。

光を浴びたはいいが、いまいち調子はいつもと変わらんなぁと思い、まあ初日だしこんなもん!と言い聞かせ、inti4で起きる生活をしばらく続けてみた。

 

『inti4』を使った僕の感想

f:id:canworks:20180701055545j:plain

僕のように朝苦手な人の特徴として「朝は眠いのに夜眠くない」という点があります。

これって体内時計のズレが原因らしいです。

寝る前にYouTube見てから寝るなんて人が多いですが、スマホから発するブルーライトは、先にも話したメラトニンを抑制する働きを与えます。

これってつまり夜に太陽の明かりを浴びているのと一緒ということなんです。 

太陽の光にもブルーライトが含まれているようで、一概にこのブルーライトは良くない!とは言えず、適切な時間でブルーライトを浴びていないから良くないってことなんです。

ブルーライトなどの浴びると脳が勘違いして「あ、今お昼なのね。おけおけ、起きてよう。覚醒!!!」て状態になって大幅に体内時計が狂うそうです。

つまり、この体内時計を適正な状態にしてあげれば、寝起きスッキリ!夜グッスリ!な状態になるわけです。

ただ良くない点もぶっちゃけあります

良いところしかねぇな!光目覚ましすげぇ!みたいな書き方になっていますが、もちろん悪いところもあります。

  • 設置場所に困る
  • 見なければいいだけ
  • 値段が高い

僕が使っていて思った悪い点をここから説明していきますね。

設置場所に困る

f:id:canworks:20180805021957p:plain

これに関しては1日目ですでに感じていました。

一応、アラーム音もあるのですが、それだったら普通の目覚ましと変わりません。

光目覚ましなんだから、この光の特性を十分に発揮できるところに置かなければ、そもそも意味もない。 

光が強いという特徴があるものの、ものが小さいので、ちゃんとした場所に置かなければ光目覚ましという特性を十分に発揮することができません。 

僕は結局、壁掛けというスタイルにして、広範囲を照らせるように工夫しましたが、たかが目覚ましにそこまでやるのもどうかと・・

うーむ、難しい。

見なければいい

f:id:canworks:20180805022046p:plain

初日の僕は、そのあまりにも強い閃光に思わず布団で視界を遮りました。

そしていつもと変わらない朝を迎えたわけですが、光目覚ましという名前の通り、光を活用しないわけにはいきません。

一応アラーム音も鳴るようになっているのですが、これだと普通の目覚まし時計となんら変わりありません。

というかそもそも、音や振動で起きるのってあまり良くないらしいです。 

「音や振動によって強制的に起こされる」という状態は自律神経を乱れさせる原因になり、緊張状態で起きなければいけなくなります。

実は寝不足を感じる人や、十分寝たはずなのになんか調子悪いって人はこの「強制的に起こされる」というのが良くないらしいです。 

理想としては「朝日を浴びて自然に起きる状態」にしなければならないので、やはり設置場所はかなり重要になってきます。

値段が高い

f:id:canworks:20180805022348p:plain

これでかいでしょ!笑

買う前は僕自身かなり迷いました。正直、Amazonで売ってる他の3000円くらいので、いいんじゃないか?とも思いました。

しかし、レビューや口コミなどを見てみると、光の照度が足りてなかったりで、結局普通の目覚まし時計と変わらないんだとか。

やっぱり値段に比例するのかな。と自分に納得させて買いました。 

さすがに3万は高いよ。目覚まし時計で。

今となっては、いい買い物だったと腑に落ちてますが、たぶん僕くらいじゃないでしょうか。買う人。

3ヶ月の全額返金保証付き

f:id:canworks:20180805022607p:plain

とまぁ、値段高いよなんて散々ディスってましたが、実はこの時計「全額返金保証」が付いてくるんです。しかも3ヶ月の。 

購入まで踏み切った理由の一つとしてはこの全額返金保証があったからでしょう。ていうか3ヶ月使ったら返す気でいました!笑

そうすれば無料で使えるし・・なんて甘いことを考えていましたが、気がついたら半年使ってしまっている始末。

光目覚まし時計は、ちゃんと使えるようになればこんないいものはないです。

まじで朝活ガチ勢になってます。光目覚ましの光は脳を活性化させるのに良い!という話ですが、普通に朝日浴びるほうがもっといいよ!!

まとめ:光目覚まし『inti4』で新次元の朝へ

結論めっちゃ良かったす!笑

僕が使ってよかった点をざっくりまとめました。

 

  • 体内時計が適切になってきた
  • 1年間の保証付きで安心して使い倒せる
  • 3ヶ月保証があるから値段はあまり気にならなかった
  • アラーム音によるイライラ寝起きが無くなった
  • 天気悪いもスッキリ起きれる