生意気

生意気な主が生意気に語るブログ 車が好きで自動車整備士になるも職場環境が悪く8ヶ月で退職し現在フリーのwebライターとして活動中。自分の趣味のこと、フリーで生きていくには?自動車整備士(笑)とは?を発信中

真・女神転生おなじみの「スティーブン」のモデル「スティーブン・ホーキング博士」死去

スティーブン

真・女神転生シリーズで同じの赤スーツに身を包んだ車椅子の男「スティーブン」

彼は『真・女神転生』において、悪魔召喚プログラムを作り、世界中無差別にそれをばらまいて、悪魔に対抗する術を人間達に与えた。

シリーズ最新作である『真・女神転生Ⅳ FINAL』でもスティーブンは登場しました。通例通り、主人公が中庸(ニュートラル)に進むと手助けをしてくれます。と言っても、仲間になるとかではなく、あくまで物語に深く絡んでくるだけという。

悪魔召喚プログラムを作ったり、シリーズを追うごとに神出鬼没に現れる、謎の多いキャラであるスティーブン。真ⅣFでは彼と戦えるDLCが配信されました。金剛神界に現れ、主人公含めイベント中に救出する歴代主人公と戦うことになる。その時の彼の種族が「超人」

それだけで、彼がこの作品においてどれだけ特別な存在かが伺える。

そんな「超人」的存在である彼は、とある人物をモデルとしてキャラクターが作られた


車椅子の天才「スティーブン・ホーキング


「車椅子の天才」と称される物理学者スティーブン・ホーキング博士

相対性理論などに関わる分野を研究し、神や天国を否定した人物として有名です。彼の著書である『ホーキング 宇宙を語る』は非常に面白いので、おすすめです

そのスティーブン・ホーキング博士の「神や天国を否定する」という持論が、女神転生のスティーブンにも反映されているような気がします

女神転生の世界では、悪魔や神、天国のような存在まで、認知されていて、スティーブンもその世界に関与することから、”存在の否定”はしませんが、天使や悪魔、神の考えに対しては否定的な姿勢を取っています。

そのキャラ付けが、スティーブン・ホーキング博士から影響を受けているのかなと思います。

神を否定した方に「ご冥福をお祈りします」は可笑しな話なので、あえていいません

果たして本当に死後の世界はあるのでしょうか?その真理をホーキング博士は最期の最期で、知れたことでしょう。