生意気

生意気な主が生意気に語るブログ 車が好きで自動車整備士になるも職場環境が悪く8ヶ月で退職し現在フリーのwebライターとして活動中。自分の趣味のこと、フリーで生きていくには?自動車整備士(笑)とは?を発信中

D2メガテンはいつまで続くのか?

28

メガテンファン待望の女神転生シリーズ初のソーシャルゲーム『D×2真・女神転生リベレーションズ』通称『メガテンD2』


本家メガテンと同じく、プレスターンバトルの採用や、悪魔交渉、悪魔合体アウラゲートという3Dダンジョンまで、ファンにとってはおなじみのシステムを採用


ソシャゲでまんまメガテンができる素晴らしいゲームです。悪魔のグラフィックも3Dで再現され、女神転生シリーズとしては、『真・女神転生Ⅲ』以来のような気がします(実質IMAGINEも?)


ゲーム本編には関わりはないけど、一応カオスやロウ、ニュートラルなどの属性もあって、ある意味ではファンサービスが行き届いているアプリであります。


もちろん、僕も絶賛プレイ中


概要は普通のソシャゲと変わりなく、スタミナ要素があったり合体があったりと、うまくソシャゲシステムも導入できてると思います。

『D×2真・女神転生リベレーションズ』とは?


ソシャゲ本来の性能と、メガテン本来の要素が上手く混じり合ったゲームだと思います。

概要は先に話したとおり、メガテンの基本的なシステムを導入し、ソシャゲならではのガチャシステムなどを上手く「悪魔召喚」というシステムに消化させている。

悪魔召喚(ガチャ)をするのに必要なジェムも、比較的入手しやすく、結構な頻度で悪魔を召喚できます。しかし、一番レア度の高い☆5が出る確率がわずか0.5%

ジェムの入手しやすさから、確率は低くてもかまわないと思いますが、さすがにこれはやりすぎでしょう運営さん

悪魔合体ももちろん顕在でありながら、従来の種族同士の掛け合わせの他に「アーキタイプ」という概念が加わり、「アーキタイプ」により悪魔が覚醒した時の取得スキルが異なってきます。
アーキタイプ」により覚醒する取得により、同じ悪魔でも強さが異なるので、これもまた面白い所。

アーキタイプについて


悪魔の特徴を表すアーキタイプ。種族とは違い、合体結果には影響を及ぼさないものの、合体後の悪魔がどのアーキタイプになるのかに影響してくる。

アーキタイプは以下の5種類とその特徴です
  • 素体:合体時の素材として使える
  • 荒神:主に攻撃系のスキルを覚える
  • 異能:ステータス関連のスキルを覚える
  • 防魔:属性反射、体制などスキルを覚える
  • 加護:回復など補助系スキルを覚える
メガテンD2』の特徴として、合体に使う素材悪魔にアーキタイプが”素体”でないと合体ができないという特徴があります。
素体×素体や素体×荒神などは、合体可能ですが、荒神×異能は合体不可と言った感じです。

アーキタイプごとに、使いやすさがかなり変わってくるので、戦略などに大きく関わってくる要素ではあります。

しかも素体悪魔は悪魔会話などで無いと手に入らないので、合体素材を集めるのも一苦労です。

こういった凝ったゲームシステムを作るところが処遇ATLUSと言った感じです。

やっぱりメガテンめっちゃ面白い

ファン特有の色眼鏡でしょうか
偏見が入っている気も否めないんですが、やっぱり面白いですよね

戦闘自体の難易度もそれなりにパーティーを考えないと全然違うし、やっぱりそこはプレスターン制バトルの醍醐味

あまり育ててない悪魔を連れて行っても、相性に寄ってはそれなりに健闘してくれます。☆3くらいの悪魔でも反射・吸収持ちや、属性特化の悪魔などをそれぞれレベル30ほどまで育てて、ストックしてクエストごとで組み合わせて行けば、一通りのメインのストーリーは終わります。

しかもアウラゲートや地獄パークなど、クエストもたくさんあるので、それによって、攻略方法を考えたりと非常に奥が深い

ソシャゲのレベルが最近すごく変わってきてるなぁと思います


メガテンのコツとしては、やはり弱点相性を考えてパーティーを構築するのがベストです。

無難なパーティーを軸に、ボスによって一部編成を変えていくような立ち回りが、攻略の基本だと思います。

レベルの暴力を振りかざせないのがメガテンの魅力です。

課金はするべきなのか?

いくつかこういったソシャゲにはハマってきましたが、極力課金はしないようにしてきました。
一度パズドラで課金をしましたが、普通に辞めてしまって、それからソシャゲに課金するのは僕の中でご法度となっています。

こういったネトゲに関して、課金することは果たして有効なのかというのが、いつも思うこと

メガテンネトゲと言えば『真・女神転生IMAGINE』がありました。
僕も少し遊んでいましたが、課金は一切しなかったです

まあ、あまりがっつり遊んでなかったので、十分だったのですが

そのIMAGINEですが、ちょうど去年の今頃かな?に、サービスを終了しました

いつか終わりは来るのです。その前例があるせいか、実際あまり課金に乗り気ではありません


そもそもソシャゲの課金要素は殆どガチャであって、強いキャラを手に入れるための加速装置のようなものです。ゲームを比較的簡単かつ最速に進めるための手段でしかないので、あまり課金するメリットは無いように思えます。

先に話したように、それなりに強い敵に当たっても、気長に育成し、覚醒など強化を図れば、詰まることも無いと思ってます。

というより、僕の場合育成がメインになっている節があるので、レベリングするのに時間を費やしてる感じです。

育成しつつ、ジェムが溜まったら召喚所に行く→また育成、たまにクエスト消化しつつイベントミッションを消化する。みたいな感じで遊んでいるので、そこまで課金したい欲に駆られることはありません。


結構な頻度で課金を促すお知らせが挿し込まれますが、あまり僕には刺さりません。

悪魔全書のコンプも気長にプレイしつつ、埋めていくつもりです。D2メガテンアーキタイプごとで悪魔全書が設定されているので、通算したら膨大な数の悪魔を集めなけれないけません。

悪魔全書のコンプはほぼ諦めていますが、それでも地道に埋めて行く感じは楽しい

ソシャゲは、時間かけてじっくりやるのに向いてますね

がっつり攻略したいならコンシューマーみたいな

まあ、空き時間にやるのがちょうどいい気がします。こういったソシャゲは

スマホに悪魔召喚プログラムをインストールするという世界観だけど

ゲームの配信前のインタビューかなんかで、現実のスマホに悪魔召喚プログラムがインストールされるイメージ
と開発者が語っていた記事がありました


はて?

現状としては、普通のソシャゲと変わりなく、キャラをゲットするとかそういう段階です


前々から思ってたのが、女神転生ほど、ポケモンGOのシステムと合うゲームは無いんじゃないか?と考えていました

街中を歩いていたら悪魔が現れて交渉で仲魔にするといった流れ

悪魔会話全てを、プレイヤーがやり取りしては、それこそ事故だって起こりかねないので、歩きスマホ防止に、「威圧的」や「友好的」などを、遭遇時に選択したら、あとは自動で行い、会話をしている様子を楽しむみたいなシステムを取り入れたら面白いと考えていました。

対戦要素、悪魔が現実世界に現れる空間があって・・・みたいな


僕の完全な妄想ではあるが、十分面白いと思える要素はいくらでも作れる

まあ、現状ナイアンティックとの提携が難しいと思われるので、それは実現しそうにありませんが

サービス終了はして欲しくない

せっかくのメガテンのソシャゲということで、サービス終了だけはして欲しくない。
現状、目立った特徴は無いというのが印象で、言ってしまえば他のソシャゲと変わらないような感じがします。

はっきり言うと笑


メガテンファンにとっては待望ですし、普通にやっていて悪魔の所有欲みたいなのもあって満足してます。

あとは上位悪魔についての入手確率の低さを解消頂けたらいいのですが


とにかく今はアップデートでどんな要素が追加されるか待つしかないですね。まだ始まったばかりですし