生意気

生意気な主が生意気に語るブログ 車が好きで自動車整備士になるも職場環境が悪く8ヶ月で退職し現在フリーのwebライターとして活動中。自分の趣味のこと、フリーで生きていくには?自動車整備士(笑)とは?を発信中

【ペルソナQプレイ日記】〜ふしぎの国のアナタ〜

真・女神転生4FINALが一段落し、久々にペルソナシリーズを遊びたいなと思い「ペルソナQ」を購入。

ペルソナは4が最後でゴールデンも遊んでいないので、ゴールデンもやってみたいのですが、PSPVitaを持っていないので、まずはハードを買うところから

そもそも、しばらくゲームから離れていたので、現状持っているハードが3DSのみという。

そんなわけで「ペルソナQ」を始めてみました

僕がメガテンシリーズにハマったキッカケがペルソナ4なので、かなり思い出深い作品です
ペルソナ全書コンプするためにヨシツネとルシファーで周回してました・・

P4はヨシツネの八艘飛びが強すぎた


ふしぎの国のアナタ攻略

世界樹の迷宮とペルソナのコラボ作品にして、ペルソナ3と4のキャラが入り乱れるお祭り的作品である今作

正直、始める前はお祭り要素満載のヌルゲー系なんだろうなぁと思っていたが、それはただの思い過ごしだった

ゲーム部分である初戦闘までが異常に長いというペルソナ特有のイベント部分を、楽しみつつ、いよいよ初戦闘

世界樹の迷宮は未プレイなので、戦闘システムについてわからないことがあったのですが、まあそこはやってればなれるでしょうということで

いよいよ迷宮の攻略がスタート!思いきや

これ結構難しくないですか?笑
最初こそペルソナシリーズの集大成的な気持ちで挑んで、いたんですが、敵さんが結構やっかいだしすぐにSP尽きるしで、初っ端の探索は散々たるものだった

下画面でできるマッピングシステムも、自分でシンボルなどを付けなきゃいけないなど、なんか面倒くさい!と思ってましたが、やっていく内に、ゲーム性としてはかなり面白いものだなぁと

世界樹の迷宮のシステムがおそらく戦闘やこのダンジョン攻略、あとFOEなのでしょうか?


戦闘については、ペルソナシリーズ特有の弱点を突いた時のチャンスが増えるシステム。プレスターンでは無く、ターン制のコマンドバトルになっています。

ペルソナシリーズでもありましたが、この弱点を付くことで、チャンスになる制度は顕在なようで、なんと今作、弱点を突くことで発生するBOOST状態になると、スキルをHP、SPを消費することなく使えるというシステムに!

これにより、当初僕が不便に感じたSP不足が解消されました。

ボス戦〜ペルソナ3メンバーと合流〜


これかなりアツい流れ!!

ペルソナファンだったらかなり燃える流れなんじゃないか!!

まさにお祭り!本当のフェスはこれだった!!

ペルソナ3メンバーが合流した時に流れる「Mass Destruction」はテンションマックスです

 


あ、ちなみに今回P4メンバーでゲーム始めてます。2周目がP3 で遊びますね

長く遊べるゲーム

このゲーム、言ってしまえば進行がすごく遅い。

各迷宮(ダンジョン)がおおよそ1〜3の階層になっており、1つの階層に掛かる攻略時間がすごく長い。世界樹の迷宮がどんなゲームか存じ上げないのですが、迷宮の踏破率を100%にしないと開かない宝箱があるので、じっくりと攻略する必要も出てくる。


性質上、1つの階層に留まることが多いため、あまり経験値もだんだん入らなくなってきて、そうそうレベルも上がらないので、レベリングが結構たいへんだったり

しかし、次に階層に行ったら、また数段敵のレベルも上がっているので、ここでもまた苦戦を強いられたりと、意外とシビアなゲームのため、屈強なメガテンファンにとっても納得行く難易度だと思います。


歴代ペルソナメンバー大集結と、かわいいキャラクターに惑わさられることなかれ、これはRPGファン納得の出来です。

難しいから詰むというわけでなく、じっくりとサブペルソナを考えて、PT編成もカスタマイズしないと、攻略が少し難しくなるので、これはクリアするまで時間がかかりそう

本家ペルソナもやりたい

女神異聞録ペルソナのリメイクと2罪と罰のリメイク、ペルソナ3ポータブル、ペルソナ4と、シリーズはほぼやってきたので、やっぱりペルソナ5がやりたくなります。

PS4買って、モンハンもやりたいし、今はペルソナQをじっくり遊んで行こうかと思います。

ペルソナQはちゃんとペルソナ要素盛りだくさんで、かつゲームとしてもかなり満足の行く出来になっています。

「ペルソナQ2」も出るみたいですし、次はやっぱりペルソナ5のメンバーもでてくるんでしょうか

http://pq2.jp/
ペルソナQ2公式サイト

非常に楽しみな作品。十分続編にも期待です。それでは