生意気

生意気な主が生意気に語るブログ 車が好きで自動車整備士になるも職場環境が悪く8ヶ月で退職し現在フリーのwebライターとして活動中。自分の趣味のこと、フリーで生きていくには?自動車整備士(笑)とは?を発信中

厄年だけど”死ぬこと以外カスリ傷”でいたい

f:id:canworks:20180109010932p:plain

今年厄年の生意気です

 

厄年とかで先行き決められたらたまったもんじゃないと思う

 

神頼みとか、神に願ったところでなんも願いなんか叶わないし、神を信仰していれば、人生一生安泰なんてことも無いのだろう

 

そんな神に対して生意気に斜に構えた私ですが、初詣に行った時に自分が今年厄年だと言うことに気がついて心底ビビりました

 

厄年ってなぁに?

つまりめちゃくちゃ災難に見舞われる年ってことです

 

僕の友達では去年(僕は早生まれです)財布を落としたり、彼女が妊娠してしまったり、会社が倒産したりなどと言った話を聞きました。

 

なんともリアクションが取り辛い案件ではあります。正直、災難なんて厄年じゃなくてもなると思うし、僕はむしろ去年の方が厄年だったような気がします。

 

なので、今年はもっとやばいことが起きるんじゃないだろうか内心ビクビクしてます。こわい

 

前厄・本厄・後厄!厄年三ヶ条があるよ!

一生で3回訪れる厄年ですが、なんとその3回の中にもさらに3回厄が訪れるそうだ←は?

 

前厄・本厄・後厄の3つがあり本厄の前後の年にそれぞれ厄がある。その厄年の時に決してしてはならない厄年三ヶ条なるものが存在します

 

 

  • 前厄:お金を使うな!喧嘩別れに注意!
  • 本厄:健康保険に入れ!
  • 後厄:焦るな!家庭を大事にそろそろ始動!

 

 

なんだこれ、という謎条約があります。もう何なんでしょうかこれは。前厄に関してはもう時すでに遅し。去年めっちゃお金使った気がしますし、ケンカ別れもありましたファッキュー。本厄はこれ完全に国による策略です。広告です。後厄に関してはメッセージ性がよくわからんです。婚活しろってことですか、なんでそんなに焦らせるのでしょうか

 

厄年が昔からある風習なのかと思ったら、本厄の三ヶ条に”健康保険に入れ”ってこれもう、なんかもう。

 

大人って汚い

 

本厄はいつ?まとめてみたよ

合っても無くてもどうでもいいように感じる厄年。この厄年はそれぞれ年齢によりサイクルが回ってくる。よって必ず人は厄年を体験するのだ。たまったものではい

 

ちなみに男性と女性で厄年が違ってくるから要注意だよ

 

男性

25歳

42歳
61歳

 

女性
19歳
33歳
37歳
61歳

  

※赤文字は大厄です

 

赤文字になっている箇所があるのをご確認いただけただろうか。これは大厄といい、最も災いが降りかかる年とされている

 

たまったもんじゃない

 

もういやだ。勘弁して。

前厄と後厄はこの本厄の前後ってことになります。それにしても女性は一生のうちに4回もあったんですね。これは大変です。

 

厄払いをする時期は?

 一般的に数え年で数える関係で元旦から節分までの期間に厄払いをするのが習わしだそうです。非常に短いですね。

 

初詣の時にでもやるのが一番ラクかもしれませんが、正直かなり面倒くさい。確かに怖いけど、面倒くさい。厄年怖い<面倒くさいで面倒くさいが勝っている状況です。

 

毎年厄払いってどのくらいの人が行ってるのでしょう。本厄怖い

 

厄払いの相場

めんどくさいとは言ってもその怠惰で、今年が散々たる結果になったら元も子もない!そんなわけである程度調べました!値段!

 

場所によっては「お気持ちで・・」なんてところもあるらしいですが、おおよその相場として5,000〜10,000円だそう!!

 

微妙に嫌な値段!!

 

 ここで行かないのを妥協と取るか否か・・・

 

あ、でもブログのネタになるからいいかも。今までいないんじゃね?厄払い行ってきたレポート残してる人・・

 

服装にも決まりあるってよ

厄払いってさ、なんかこう

 

ちょっと払いにいくかぁ〜

 

くらいのノリだと思ってたんですが、なんと基本スーツだそうです。

僕、まともに会社で働きたくない理由に”スーツが嫌い”っていうのがあるんですが、嫌ですね!スーツ!正装嫌いです!!

 

結構お硬いらしいですよ!厄払い!

 

裏技がある・・?

友達にちょっと問い合わせてみたらこんな情報が

 付き添いはお金かからないよ

モラル的にどうなのでしょうか・・・?というかどういう仕組?それって?

 

付き添いは入ってオッケーだけどその付き添いの方も払われるんでしょうか?課金した人じゃないと厄が払えないシステムだったら、よくわからん祈祷をみるだけで終わってしまう・・・

 

ちゃんと払おう・・

 

厄年は何もしない方がいいらしいが・・

基本的に厄年はおとなしくすべきだと言う声がまわりからちらほら聞こえます。つまり働かくていいということでしょうか?それは

 

でしたら国から”本厄援助金”のようなものを出してもいいような気がします。国が関与しないということは、そこまで気にしないで良いということでしょうか?

 

よし、ということで今年は”死ぬこと以外カスリ傷”の精神で本厄に立ち向かおうと思います。厄払いに行くかどうかはわかりません。ただ、それなりに悪いことが起きても、生きてさえいればオッケー☆というローラ精神でいきたいと思います。

 

今年、厄年の青年も親父もそれ以の皆々様も、今年がほどほど良い年でありますように

 

アディオス