生意気

生意気な主が生意気に語るブログ 車が好きで自動車整備士になるも職場環境が悪く8ヶ月で退職し現在フリーのwebライターとして活動中。自分の趣味のこと、フリーで生きていくには?自動車整備士(笑)とは?を発信中

4月だから便乗して入社8ヶ月で会社辞めた話でもしとく

朝の電車、明らかに新卒っぽいスーツを来た人達が溢れかえっているのを見て「ああ、今月から4月かぁ」なんてしみじみと思い返していました。

 

今から2年くらい前になるんでしょうか。僕も新卒組として、スーツを来て、研修受けて〜みたいなことしてました。自分よりも二回りも上の社員の方を先輩だとか崇めて、慣れない敬語と敬礼をして、違和感バリバリの入社式を受けて、もう学生じゃないのかぁなんて思ったこともありました。

 

前職では、職場でのパワハラを受けてメンタルやられて1年もしないで、退職した僕

 

今や働きたくない、なんて人も多いけど、僕は初っ端入社した会社がこんなんだったから、会社なんてクソくらえと思った

 

同時に、まわりの友達やネットを見ていても、会社に対する不安や不満が蔓延していた。苦しいのが普通だ、なんて言葉で解決しようとする人はたくさんいるけど、そもそもそれってなんの解決にもなっていないし、完全なる思考停止

 

そんな違和感から、僕は仕事を辞めてフリーランスまたは起業の道を選ぶことにした。生きていく上で仕事は必ず必要だし、人生の半分以上の時間を仕事に費やすくらいなら、圧倒的に自分が納得できる仕事をした方がいいと思ったから

 

そうやってさまよったあげく、今はフリーライターの傍ら、広告代理店の仕事をしたりなど、それなりにフリーランス?として仕事ができるようになってきました。修行期間半年

 

専門に通っていた4年間を考えると、学校ってなんだかなぁ〜くらいにしか思えません

 

前職で多少ではあるが、社会人を経験して思いましたが、どうにも会社というものに違和感を持たざるを得ないというのが、僕の中にあったものでした。

 

入社式での右ならえ右のような流れもなんかすごく不快に感じましたし、とことん社会人とかには向いて無いんだなぁって思いました

 

そこから自分は社会不適合者ってやつなのか、と勝手に自覚してその言葉に逃げるように、自分は会社からフェードアウトしていったようなもんです

 

新入社員の中でもおそらくほとんどの人が、仕事が嫌だって思ってると思う。それをそんなもんだって大人は言う

 

それがそもそも違和感で、それで仕方ないはほんとによくないって思いました

 

入社1年目である10月くらいから、本格的にやめてやろうかなんて思ってたんですが、まあそんな辞めるなんて勇気も当時なくて、だらだらと仕事を続けていましたね。

 

おかげで仕事やる気ないもんですから、クオリティ高い仕事なんかできるはずもなく、毎日毎日次の休みまでの日数を数える日々

 

毎朝、会社に向かう車の中で、いっそ大地震こねーかなーなんて本気で思って、このまま会社とは逆に行ってやろうかなんて毎日毎日思ってた

 

いつか解決するとか、いつか慣れるとか、いつかなんて思ってたけど、そのいつかってそのままの気持ちじゃ絶対変わらないだろうななんて漠然と思ってました

 

もっと自由に働きたい!って想いは募る一方で、不自由に悩む仕事の毎日で、本当にこのまま仕事が続くのだろうか?と考えるように

 

月日は流れて年の瀬

年末年始休みがあっただけ、いくらか心身ともに気が楽になっていったような気がしました。休みの間は、あの人達に合わなくていいんだという安心感がとても強かったです

 

仕事に悩むこともなく、あの怒涛なる日々とは真逆で、とても落ち着いた年末年始を過ごせた

 

けど、この休みが明ければ、またあの地獄が待っているのかと思うと、かなり気が落ちました。それはもう今までに感じたことの無いほどの

 

そして休み明けの朝

会社に向かう途中のコンビニで猛烈な吐き気に襲われ、そのまま会社をバックレました

 

相当追い込まれていたのかなんて自分ながら驚くけど、本気で嫌になると、人間でどうなるかほんとにわからんものです。

 

パワハラの元々の原因は僕が生意気な態度を取っていたからでしょう。だから今さら被害者意識なんて持とうとは思わないですが、さすがにトラウマにもなりますよっていう

 

それから、仕事は自分の好きな環境で好きなことをやろうと心に決めました

 

会社に勤めないといけないっていう風潮がありますが、あくまで価値観の1つっていう見方であって全てではないと思ってます

 

ある程度好きなことができて、プライベートな時間を持て、仕事に特に不満がないくらいが、生きていく上で重要だと思ってます。

 

持ちつ持たれつみたいな仕事の向き合い方がベストだと

 

そういった点ではフリーランスもおすすめです。といっても、一定の収入を得るには、それなりに頑張らなきゃいけませんが、それでも僕自身楽しくやってここまで、これたので、運がよかったんだと思います

 

会社に依存しない働き方の足がけとして、このブログも開設し、マイペースに記事を投稿しては、ちまちまと収益を頂いております。

 

新入社員の人たちを見て、いくらか希望をいだいている人もいるのかも知れませんが、反対にどれだけの人が、不安を抱えているのだろうと思います。働きたくないなんて言いますが、それって嫌な仕事がしたくないってことなんだろうと思います

 

仕事辞めて常々思いますが、いわゆる普通と言われる会社に行って定年まで〜なんて流れは、数ある選択肢の1つでしかないと思います。

 

それが真っ当であろうとされているのは、世間のマインドコントロールのようなもの

 

学校も含めて、社会全体で就活→就職っていう流れができているだけなんです

 

義務教育を終えてさえいたら、そっからはどんな道に行くことができるんです。

はっきり言って就職するであろう18〜24とかの歳で、人生をケツまで決めることなんかできるわけありません

 

少ない情報の中で、多数派として存在するのが、高校、大学卒業して就職して定年まで会社に勤めるってだけで、それが正解ではないと思います。

 

ずっとフリーターでもいいし、派遣でもいいと思ってます。それがその人にとって最善であり幸せであれば

 

まあ、フリーターは時給換算の労働になるので、割に合わないのも事実です。とりあえず可能な限りサイトでも立ち上げましょう!笑

 

とにかく、あえて悩める新入社員に言えることがあるとすれば、とりあえず嫌になったら転職するくらいの気持ちでいようってことですかね。

 

会社において人間関係ってすごく大事で一旦壊れたらそれでもう修復なんてほとんど不可能です

 

あ、あと入社後すぐに話しかけてくる優しい系年配おじちゃん社員には絡むのやめましょう

ノンキャリ組なので、出世とは程遠いルートに招かれることになるでしょう

 

アディオス