生意気

生意気な主が生意気に語るブログ 車が好きで自動車整備士になるも職場環境が悪く8ヶ月で退職し現在フリーのwebライターとして活動中。自分の趣味のこと、フリーで生きていくには?自動車整備士(笑)とは?を発信中

【コンテンツは質である】Googleがコアアルゴリズムアップデートを実施!

f:id:canworks:20180314114212p:plain

1月くらいから言われていた、Googleの検索アップデートの件で、アフィリエイト界隈が若干賑わっていた

 

いつか来るだろうと予測出来ていた自体ではあったものの、記事順位が売上に直結するアフィリエイター各位は、非常に敏感であっただろうと思います。

 

今までのSEO対策といえば、やれタイトルのキーワード数、記事のキーワード数、記事の文字数がどうたらなど、機会的なテクニックが重要でした

 

しかし、昨今の某メディアの大炎上につき、日本のGoogle検索事情が一変

出る杭は打たれるみたいな状況で、今まで質の悪いパクリコンテンツや、SEO対策ガッチガチの何のためにもならない記事などが目立ってきて、このアップデートがさらに洗練されてきました。

 

たびたび重ねられてきたパンダアップデートやペンギンアップデートなど、最近はその精度が年々高まりつつあります。

 

パンダアップデートとは?

それこそ、記事を上位表示される手段として、キーワードをたくさん入れるだとか、文字数を多くするだとか、今聞いたら小手先のようなテクニックで、検索結果上位にあがるようになってきました。

 

そういった質の低いコンテンツを上位表示されないために施されているのがパンダアップデートというもの

 

「質の低い記事が上位表示されないようにするため」の検索アルゴリズムアップデートで、これにより、小手先でグイグイ稼いでいたアフィリエイトサイトは形を無くしつつあります。

 

このパンダアップデートのおかげで、Googleの検索も徐々に信憑性の高いものが上がってくるようになってきました。

 

1日にいくつかの改善策を施していくのが、パンダアップデートで、ユーザーがどんな情報を本当は求めているのか?を見ているロボットが、このパンダ

 

いずれこのAIがほとんど”人間”と同じ水準までに進化したら、それこそSEOに対するテクニックは一概して「コンテンツの質」になっていきそうです

 

僕らが普段、何か調べ物をしてググる時、文字数なんか関係なしに、タイトルや記事の内容、場合によってはUIで、その記事の良し悪しを決めると思います。出来によってははてブするし、シェアしていきます

 

つまり”なんとなく”で僕らが記事を選んで読んでいるように、それがいずれ検索結果にも反映されていきそうです。

 

そんな未来的な・・なんて思うかもしれませんが、1日のGoogleの使用者の数を考えたらそれは後少しのような気がします。

 

コアアルゴリズムアップデート

パンダアップデートで、質の低い記事はどんどん評価されなくなっていくわけですが、それらのベースとなっているアップデートのこと

 

「コアランキングアルゴリズム」と言い、「常に最新の状態が更新される」仕組みのことです。

 

今までのパンダアップデートはGoogleさんが手動、場合によっては自動で行われていたのに対し、このコアアルゴリズムが加わることにより、検索アルゴリズムが常に最新状態に保たれるようになったのです。

 

これによりどうなるのか?

 

日々、進化を続けるパンダアップデートの最新の状態が反映されるわけですから、順位変動も軒並みかわるように思います。

 

常にユーザーが求めているもので無ければ評価されないような感じになるかもしれません。

 

「質の高いコンテンツを作り上げること」

ソースです。

www.suzukikenichi.com

 

この記事に書いてあるように「順位下落の対処法は室の高いコンテンツを作り続けること以外になし!」とのこと

 

色んなサイトが炎上だなんだと騒がれていますが、本当にたちの悪いサイトは軒並み閉鎖になっていきそうです。

 

常に改善をGoogleはしていくわけですから、検索結果もよりユーザーのニーズに沿ったものになっていくはずです。

 

アフィリエイトが厳しいと言われるのもそこでしょう

 

ただの”商品推し”の記事では厳しいということ

 

しっかり検索結果のニーズに見合った記事を作成していかないと、今後持続は難しいことと思います。

 

本当に良い情報、正しい情報を発信していかないと、サイト運営は厳しいのでしょう

 

アディオス