生意気

ネット関係に勤める僕が生意気にも好きなことを語る備忘録的ブログ。好きな言葉は「急がば回れ」

元・編集者が解説!稼げるライターになる方法

f:id:canworks:20171005204747p:plain

仕事柄、ライターさんと交流する機会が多い僕。めちゃくちゃ稼いでいるライターとかも見かけて、フリーライターでもそんなに貰えるんだ・・。なんて関心することもありますが、そんな稼げるライターさんって本当に少ないです。

 

ネット上において、めちゃくちゃ稼いでいるライターの話とかも聞きますが、自分がどこで書いているかなどの媒体によって、ライターの性質は大きく変わってきます。

 

有名ライターであれば、独創的な自分というキャラを押し出した記事でめちゃくちゃ良い単価で書いている人もいるでしょう。そんな人はどちらかというと、記事の雰囲気はブログに近いです。というか全員がブログやってるはずです。

 

対してメディア界隈のライターさんだと、質と量を書いたもん勝ちなところがあるので、やろうと思えば誰でも稼げるような気がします。

 

もちろん、書く媒体によって様々なレギュレーションがあるので、その媒体ごとに沿ったルールで書けているか?が非常に大事なところです。

 

僕が思うに「ライター」と言っても、多種多様な区分けがされているように感じます。

 

これからフリーのライターになりたいと考えている方。はたまた稼げるようになりたいという方に、具体的なライターの在り方を、僕が解説をしていこうと思います。

 

ちなみに僕のスタンスはここではブロガーです。ライターではないので悪しからず。

 というか書いていて思ったんですが、これって内容的に大丈夫かな?というのがあるので、場合によっては非公開にします。

 

ライターの分類とは?

記事を書く人の総称を「ライター」と言います。そもそも記事を書いてるだけで、ライターと名乗ることは可能なので、実際のところそれなりに人数はいます。それこそどこのメディアもライターは常に補充している状況ですからね。

 

パート感覚でクラウドソーシング等で仕事を請け負う主婦とかも結構な数います。在宅でやってもいいし、時間調整も簡単にできるから主婦には良いパート何でしょうね。自宅にパソコンがある主婦の方はぜひライターとして働いてみてはどうでしょうか?

 

ということで、比較的簡単にライターという仕事に就くことができます。ですから比較的にライターの数というものは増えていくんです。

 

ですが、SNSなどのネット上を見る限りだと「稼げない」というのをよく見ます。

 

これってどういうことかと言うと、ライターになるのは簡単だけど、しっかり稼げるようになるにはそれなりに行動や努力が必要ということです。

 

そこで稼げるようになるコツとして、まずライターというのを大まかな種族ごとに分類していきます。

  • メディアに依存するタイプのライター
  • 自分の好きなように記事を書けるライター

 ざっくり分けてこれだと思います。

 

まず「メディアに依存するタイプのライター」というのは、出版社やwebサイトのライターなど、メディアあってこそのライターのこと。ここで言うライターが現在、ほとんどのライターなのではないかと思います。フリーでライターやってるけど、外注でどこかの企業から仕事をもらって書くのがこの分類。

 

基本的に、ライターという仕事は外注を受けてのことだと思うので、なんのこっちゃ?と言う人がいらっしゃるかもしれませんが、それに関して次の説明です。

 

「自分の好きなように書けるライター」と言うのが、やはりフリーライターとして最も稼げるであろうポジションです。大雑把に区切ったと言いましたが、単純に「自分の好きなように書けるライター」が理想のポジションでほぼ間違いなく、稼げているでしょう。

 

正直、ライターに来る仕事と言うのは、会社側が記事を書くのが面倒だし、効率も良くなるから、外注で記事を書いてもらうというのが、ほとんどの理由で、あまりその人に対して価値のようなものは見出してないです。

 

あくまで記事を書いてくれればいいだけですから、「自分の記事で売れて有名なライターになりたい!」という方は、ぜひブログを始めた方がいいです。

 

そちらの方が確実に稼げるライターになる近道だし、”書く”で稼ぐ手段としてブログは最も有効な手段です。自分メディアはかなり有能です。

 

稼ぐためにすること

さて、稼ぐためには”ブログをやれ”という答えになってしまったけれど、正直ブログで稼ぐのは簡単ではありません。それで生計を立てていこうなんて思ったらそれなりに作戦を寝る必要があるでしょう。そもそも今回の記事との趣旨から外れるので、ブログで稼ぐ話は飛ばします。

 

ということで、ライターの分類分けをしてどんなライターがいるのかをざっくり分けました。本当はもっと細かく区切れるけど、ここでは「フリーライターとして稼ぐ手段」になりますので、そのほかの専門ライターやルポライター的な分類は除外しました。

 

「自分の好きなように書けるライター」というのは稼げると言いましたが、ここのランクは有名ブロガーさんだとかヨッピー さんくらいじゃないでしょうか?

 

yoppymodel.hatenablog.com

 

現状、日本で最も稼げるライターは彼くらいなように思います。僕の体感ですが。

 

ここまでのランクになって、完全に「自分を出して面白い記事を書く」というところまで行くには、なかなかハードル高いし、狙っていけるようなものではありません。

 

そんなわけで救助手段として「メディアに所属するライター」で稼げる方法を紹介します。

 

メディアで稼ぐ方法

クラウドソーシングなどに登録していたら、色んな案件があり、様々なメディア案件があります。サイトをのぞいてみたらわかるんですけど『〇〇メディアで〇〇について書きませんか!』みたいな求人のような案件がたくさん出てきます。

 

時たま、企業側からお声がかかることもあるので、どんどんメッセが貯まっていくかと思います。そしてその単価の低さに驚愕とすることでしょう。

 

1文字0.3〜0.5円で発注されているわけです。これが「ライターは稼げない」と言われる由縁でしょう。

 

完全に足元見てますね。はっきりこの条件でOKとする人がいたから、この相場になったんだと思いますが、正直ここはもうしょうがない妥協点なように思います。

 

はっきり言って、この報酬で記事を書くくらいなら、自分のブログに書いた方がよっぽどいいです。やっぱりブログやりましょう。

 

と言いたいとこですが、これでやっている主婦さんのために、もっと稼げる方法についての解説はしていきましょう。

 

①ルールに慣れる

まずはどっかの出版会社やウェブ関連会社から記事案件を受けたとします。その各会社ごとに記事執筆の際のルールが異なってきます。これに関しては本当に会社によってバラバラ。

 

ワードプレスでサイトを作っているところもあれば、独自のシステムを作り上げているところもあったり多種多様。

 

そこでの執筆ルールや構成などはさっさと覚えてしまいましょう。これだけで大分稼ぐための手順にグッと近づきます。

 

②文章は下手でもいい。

ライター未経験の方でもご安心ください。実はあんまり文章の上手い下手って関係ありません。と言ってもあまりにロジックの無いハチャメチャな文章はさすがにダメですよ。

 

最も、企業側が求めているのは、あくまで記事の”情報”なので嘘偽りの無い、裏付けの取れた記事であれば、正直文章は関係ありません。

 

今年初めごろに騒がれた某キュレーションサイトの大炎上事件において、信憑性に欠ける記事や、どこからか拾ってきたいわゆるコタツ記事系のサイトというのは軒並み消滅していっています。

 

ライターの仕事内容には”書く”だけでなく”リサーチ”という仕事も含まれています。

 

記事の受注

リサーチ&裏付け取る

整理

構成作成

ライティング

 

 とまぁ、こんな流れかと思います。記事を書く際のコツとしては、最初に大見出しなどを作成してからの方が、記事に一貫性が持てます。

 

そして最も大事なところが一番最初の”リサーチ”になるわけです。まず、記事に内容によりけりですが、資料を渡されることもあるので、それらがある意味”リサーチ”になるかもしれませんが、”裏付け”は非常に大事です。

 

情報が確かなものなのか?については、今の世の中の流れ的に最も大事な要素だと思います。現状、僕が思うに本当の情報を知りたかったら、まず個人ブログで調べた方が確実です。

 

そっちの方がリアルだし。

 

③執筆スピードをあげる

これは結構大事ですよね。

 

やっぱり発注先は一刻も早く記事が欲しいわけだし、1記事に欠ける時間を減らせたら、その分他の記事に時間を割けます。と、考えるとライター側にも利点があります。

 

ですが、ここで”質”も非常に大事になってくる。

時間にばかりこだわり質の悪い記事ができてもそれはライターのメンツもガタ落ちです。レベルの低いやつだと思われて評価は落ちる。

 

まぁ適当な文章はやっぱりダメですよねって話です。

 

んで、ここの記事の質って奴は実はすごく大事で、質に関しては企業ごとにどこを見るかは異なるけど、意外とどこの会社もインセンティブ制度や記事単価アップなどの制度を設けています。

 

そう、ここが稼ぐためのコツです。

 

とにかく記事をあげまくってたら、稼げるようになりますよって話です。

 

どこの仕事を受注するか?

今のWebライターのほとんど方がどこかのキュレーションサイトで記事を書いていることと思います。ネットを見たら度々出てくるサイトもあり、その中には胡散臭いものもいくつかあります。

 

ですので、そこの見極めに関しても重要です。ライターをコケにしているところも多く、残念なサイトもいくつかあります。ここに関しては、自分で見極めていくしかありません。

 

採用の際にテスト的な感じでいくつか記事を書くことになります。そこはライターを志している方なら難なくクリアできるはずです。ここでのポイントは自分らしさは出さずにマニュアルに完全に従うことで、評価は高いはずです。

 

質の良い記事はどこの会社も欲しがっているし、悪い言い方をするとマニュアル人間が欲しいだけです。指定されたことをしてくれる人間。

 

もう完全に稼げるようになるには、クライアントが何を求めているかにしっかり応えられるかです。

 

フリーランスというのは、とても自由気ままな仕事に思えるかもしれませんが、本当にキャラが立っているいて、完全な差別化がされている人でないとそこのランクに行くことは難しいです。

 

自分らしい記事を書きたいのであれば、ブログを始めた方が良いといっているのはその点です。ブログであれば、自分を売りにすることも可能で、自分の好きなように書ける。

 

しかも編集などの作業も全部自分でできるので、メディア構築のノウハウがつきます。

 

さて、ブログ始めましょう!

 

稼ぐライターになるには?

だいぶ趣旨から外れましたが、まず手っ取り早く稼ぐライターになるには、『メディア側の言いなりになる⇨金貯めて独立資金貯める⇨その間にブログを育てる』この手順が僕なりに出した稼げるライターになるコツです。

 

しっかりと稼げるようになるにはブログもライターも同じで、それなりに時間がかかります。おそらくライターとして10万円稼げるようになるには半年とか掛かる人もいるでしょう。

 

なんにせよ、フリーで働くためには地道につ続けるしかないです。これって本当に大事で、続けないとまず成果は出ません。

 

地道に続けていき、気がついたら稼いでいるというのが理想であり、そういう人が稼げるライターになる道です。てか何事もか。

 

もちろんモチベーションはとても大事ですので、楽しくやりましょう。あ、ついでに随時稼ぎたいライターに関しての質問等を受けようと思いますので、TwitterでDMでも下さい。僕がコンサルします。

 

以上!フリーライター目指して頑張ろう!諸君!

 

アディオス!