生意気

ネット関係に勤める僕が生意気にも好きなことを語る備忘録的ブログ。好きな言葉は「急がば回れ」

「弾いてみた系」の動画で人気、もしくは有名になりたくば

f:id:canworks:20170913164333p:plain

最初に言っておきますが僕は弾いてみた人でなければ、むしろ視聴者側の人間です。しかし、ギターをやっているので、結構参考がてら弾いてみた系の動画は視聴しています。

 

よく、プロ志望の方で「YouTubeなどに動画をあげてプロになりたいです!」的な人をよく見かけます。そんな人のちょっとした参考に僕の思う考えがなればなと思い、今回僕なりに考察してみた「弾いてみた系で売れたい人!」の戦略案をまとめていきます。

 

これから動画に自分の音楽をあげていきたい人はちょっとみてってください。

 

自分の動画を見る層を考える

まずは自分の動画を誰に見られるか?というターゲットをある程度”予想”または”絞る”方法をとります。

 

  • 誰に見る動画か?
  • 誰に向けた動画か?

 

を考えることです。この考えは全く別々です。誰に見られるかは”受動的”であり誰に向けた動画か?は”能動的”な考えになります。

 

こういったブログでも同じですが、メディアというものは、誰をターゲットとするかを明確にしています。

 

例えば、音楽初心者に向けた記事を書いていたとして、その記事が専門用語バンバン出てくるような構成だったら初心者なんか読みに来ないです。

 

初心者向けなんですから、そういった基本的であろうと思われるところも、解説したり別記事で解説記事を書いてそちらを先に読ますというマーケが可能になります。

 

記事の内容自体は初心者向けでも、構成でややこしく難しく書いていたら、肝心な伝えたい情報まで届かないことがあります。

 

そんな基本的なこと・・。なんて思う方もいるかもしれませんが、意外とできていない人っています。僕が書くこの記事もターゲットは”弾いてみた動画をやっている人”に向けた記事になります。詳しいペルソナ(サービスを利用する仮想ユーザー)を設定するのはとても大事になってきます。

 

その上で、自分のやりたいことをどう貫き通すか?これが非常に難しくなります。

 

自分らしさはとりあえず置いとく

「俺のイカすギタープレイを見せたい!」

 

自己顕示欲の高い方ですよね。このパターンは正直あまり受け付けられません。ある程度名声あればいいですよ。ですが、やはりそこに行くまでは、自分らしさはとりあえず消して、ユーザー優先で、動画をあげ続けることです。

 

具体的に弾いてみた系でそれなりに見られるようになりたければ

  • 「手元を見やすくする」
  • 「コード載せる」
  • 「解説を入れる」
  • 「すぐに動画にあげる」

これらが重要なように思います。

そもそも僕が思うに、弾いて見た系の動画に求められるものって参考になるかってことだと思うんですよね。

 

練習の参考にするのが、この弾いて見た系の主な需要な気がします。かくいう僕も弾いて見た系の動画を見る時って、弾きたい曲があった時に「あそこのフレーズどうやって引くんだろう?」と思ったときです。

 

ギター初心者にありがちなのがタブ譜とか見ても押さえ方がわからない!とか、そういうレベルですので、そこで弾いてみた系の動画を見ることで、結構勉強になったりします。

 

解説動画あると、すごく需要は高まります。

youtu.be

 

流行りのものは、まず動画解説を入れて置くと、必ず見られます。ここまでがっつりやらなくても、例えばコード載せて一緒に投稿するとそれなりに再生回数、または検索上位に上がってきます。

 

youtu.be

 

上記の動画は僕の好きなバンド”My Hair is Bad”というバンドの曲を練習用にタブ譜と手元をしっかり載せてくれている動画なんですけど、この動画なんとYouTube検索で「ギター 解説」と入れると余裕で上位表示されます。

 

YouTubeの検索アルゴリズムがどうなっているのか知りませんが、単純にリピートが多いのが理由な気がします。

 

んで、このアカウントの主は、別でバンド活動もしているようで、それなりに自分のMVとかもあげています。動画による自分メディアの立ち回りは、この「解説動画」が一番王道で確実だと思います。

 

動画は教育に向いたメディア

最近は動画メディアがとてもアツいです。、料理動画とか、DIY動画なんてものお流行ってます。

 

動画によりオンラインで授業が受けれる「スタディサプリ」なんてサービスもでていて、めちゃくちゃ流行っています。こういった流れを受けて語学教育関連の会社も同様に動画によるオンライン授業サービスを初めているほど。

 

このことから考えると、やはり動画×教育は最高の組み合わせだと思います。現にテレビの例があることから、バラエティ面の強いメディアという認識もあり、魅せる意味で動画を活用しているプロ志望の方などもいるかもしれませんが、そういったやり方は結構います。

 

ですから、見せるのではなく教える方にシフトしたら一気に需要が高まるような気がしました。

 

完全に僕の要望ではありますが、でもそっちの方が僕は見たいです。正直「弾いて見た系」の動画は「歌ってみた系」よりバラエティ感はないです。

 

歌ってみたであれば、”声が良い・歌上手い”が主な理由でしょう。そこが確かなファンが付く理由だし、楽器を見にくるコア層よりもマーケットは広いです。

 

もしくは弾き語り系だったら全然上記のようにする必要はないと思います。

youtu.be

 

まあ、だっちさんはもはや有名どころでしょうが、これは「ギター弾きたい人」と「歌を聴きたい人」両方のニーズに応えた最高の例だと思います。この形だとどちらの層のいニーズにも合致します。

 

僕はギター目当てでこの方の動画を見て存在を知りました。だから露出が増える効果もあるので、実際どっちにもやるのが最高ですね。

 

弾いてみたで再生回数をあげるには

 

というわけでまとめです!

 

  • ギターを弾いてその解説orコードを載せてあげて手元を見やすくする
  • 歌に自信があれば弾き語りをする。できればコードを載せてあげれば視聴者は増えるかも

 

という結論になりました。僕は結構弾き語り動画を見るんですが、コード載せてある方の動画をよく選びがちです。

 

そっちの方が勉強になるので、ギター初心者には嬉しい限り。

 

そんな訳で、僕が思う「弾いて見た系動画の攻略法」でした。

 

まあ、僕が言いたいのは動画ってすごく可能性のある場だなってこと

 

アディオス