生意気

生意気な僕が生意気に語るブログ 自動車専門出、某ディーラー就職後8ヶ月で退社 好きなことをやることに努めてIT業界へ このブログでは日々思ったことや僕の好きなゲームやマンガのことを書いていきます

一回の失敗で諦める豆腐ハートの人に捧げる鎮魂歌

f:id:canworks:20170719222906j:plain

 

居酒屋に行けばチャンジャと馬刺しは必ず頼む生意気(@canworks100)です。

 

チャンジャって美味しいですよね。知ってますか?チャンジャってタラの内蔵らしいですよ。タラはタラ目のタラ科のうちのタラ亜科に所属する魚の総称で、タラ目だけでも9科75属555種で構成される非常に大きなグループらしいですね。

 

f:id:canworks:20170719224203j:plain

 

タラ目って多いんですね。

 

そんなタラの内蔵で作られたチャンジャには、ごく稀に寄生虫が潜んでいるんだそうです。

 

怖いですね。

 

タダでさえ寄生虫みたいな見た目をしているチャンジャなのに、さらに寄生虫が潜んでいるなんて、もう二度美味しいです。

 

 

 

 

 

f:id:canworks:20170719225418j:plain

 

って、そんな話をしている場合じゃない!!!

 

 

 

話を進めます(茶番にお付き合いいただきありがとうございます)

 

 

たった一度の失敗で諦める人へ

オープニングは馬の「シラタキ」と、タラの「伊藤家一家と猫の「フィリップス」にご協力いただきました。また会おう。

 

そんな訳で、今回のお話は「たった一度の失敗で諦めてしまう人」について。

 

ええ、これ僕のことですよね。

 

たった一度だけ、仕事で辛い目に合ったから辞めてしまって。

 

正直生きている意味がわからなくなっていました。

まぁ、上昇志向が消えた時点で諦めるべきなんですがね。

 

 

 

 

 

完結してしまった。

 

 

 

そうですよね。趣味にしろ仕事にしろ、やる気が無くなったら辞めるべきなんですよね。

そんなわけで、よくよく考えてみたらたった一度の失敗で諦めるのは正攻法ということになりました。

 

 

 

そうではなくてですね

 

言いたいことはそういうことじゃなくて、「上手くいかなかったことを周りのせいにしたくない」ていうのが、僕の訴えの趣旨です。

 

趣味にしろ、仕事にしろ、諦める要因には外的要因であることがほとんどです。

 

新しく始めたことでも、先に始めた人が「お前センス無いな」とか、仕事でも「センス無いな、辞めちまえ」なんて心無い言葉を投げかける人はたくさんいますが、そんなこと、どうだっていいわけですよ。

 

僕はこないだ仕事で編集の方にこんなことを言われました。

 

「ライターは別に文章下手でもいいんだよ」

 

どういったロジックでその発言をしたのか、僕はあまり理解できませんでしたが、おそらく遠回しに僕の文章は下手だと言うことと、もっと他に何か深い意味を伝えたかったんでしょう。

 

僕はそう捉えています。

 

とにかく大事なのは、好きでやっているんだからいいだろうと言うふてぶてしさだと思いました。

 

 

 

 

鎮魂歌を捧げよう

 

鎮魂歌とは死者の霊を慰めるために歌うもので、レクイエムとも言います。

レクイエムはラテン語で「安息を」と言う意味です。

 

諦めた人に安息を与えるべく、僕は歌を記事として捧げた次第です。

 

ふてぶてしさが大事だと言うことですよ。

やりたいのならこのふてぶてしさは凄く重要だと気がつきました。

 

そもそも僕は今の職場でなんら不満なんか無いです。

あの編集者さんが言った意味を、僕は考察する過程で、この考えに辿り着きました。

 

「文章下手でもいいんだよ」の意味が、果たして僕の文章に対する言葉だったのか、何かを伝えたかったのかは謎です。

 

結構論理的に物事を語る方だから、何かしら裏があって言ったんだろうなぁ、なんて凄く気になってしまい、僕は悶々としています。どなたか仮説をたてられる方がいらっしゃったらお聞きしたいです。

 

そんなわけで、すぐに挫折してしまう君への章でした。最初の茶番は僕のちょっとしたチャレンジです。なんかもっと面白いことしてみたいですね。ブログの表現方法って無限な気がしてきたので、色々と実験していこうかなと企てておりますが、それが実現するのはいつになることやら。

 

 

それではみなさん。

 

 

アディオス。