生意気

自動車整備士だった僕が退職してネット業界の人間に転身!仕事を悩める人に新しい価値観を提供したい系雑記ブログ

仕事が嫌だからと言ってすぐに辞めるべきではない理由

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Green11_kessai20141123152655_TP_V.jpg

 

 どうも生意気(@canworks100)です。僕は前職の仕事を苛烈なパワハラが原因で、年明け早々に会社を電撃退社いたしました。それに関しての状況はまた別で書いているので、そちらをご覧ください。

www.namaiki-100.com

 

この時の僕はもうそりゃ意気揚々とバックれてしまい、そのままフェードアウトすることとなりました。もうね、ものすごく会社に行くのがつらかったんですよ。それはそれは職場の方からの壮絶なるパワハラが連日続いて、最終的に僕の居場所は消えましたからね。

 

工場長と僕に、きつく当たる上司との言い分の差に苦しめられ、どうにも耐えられなくなり、ついぞ会社に行くことが叶わず、僕はこうして約8ヶ月という短い社会人人生に幕を閉じました。

 

さて、2017年。僕は新しい人生を踏み出すぞう!と今年に入って初めたブログを、今までせっせと更新し続けておりました。

 

全てはもう会社に勤めたくないがタメに!!!

 

 

あんなに辛い目に会うのなら、僕はもう会社員を辞めるぞぉぉぉ!!◯ョ◯ョー!!

と意気込まんばかりに、夢追いフリーターの道を歩み始めたわけです。

 

僕はもう突発的に仕事を辞めてしまったので、安定して入ってくる収入源が途絶えたわけですね。加えて始めたばかりの収益の出ないブログ。かなりの苦戦を強いられております。

 

何も地盤が固まっていない時点で、独立!!なんてカッコつけてもそれはただのプー太郎です。

 

はい、プー太郎です。

 

「好きなことだけやればいい!」なんて聞こえのいい言葉が流行っていますが、その言葉を信じすぎて、「なんとかなるっしょ!」なんて言っても、なんとかなるわけがありません。そんな僕のような適当でかつノリと勢いだけで生きているような方に忠告として、仕事が嫌だからすぐに辞めるべきではない理由を語っていこうと思います。

 

僕自身の反省文の意味も込めて。

 

 

 

根拠の無い自身にそそのかされない

 

なんか自分だったらいけるんじゃね!?

 

そんな風に思う夢追いびとはたくさんいらっしゃることと思います。自分の夢の先に立つ方々の言葉やその背景には壮大なドラマがあります。すごく苦労していて、自分なりに試行錯誤をしていて…。

 

そしてそんな先を行く成功者には必ずしも共通点がある。

 

「夢に対する絶対諦めない姿勢」

 

つまり、やる気や気合い。そんな目に見えないエネルギーです。成功者は口を揃えて言います。

 

「やる気さえあればいいのだと」

 

当たり前です。やる気がなければそもそも、その道に行くこともできませんから。僕もそんな言葉を信じて、ただなんとなく口にして、すぐにかたちになるんじゃね!?なんて思っていました。

 

ガシカッシ!!

 

 

なるわけありません!!

 

人生そんなに甘くないです!!むしろ何も才の無い僕がそんなすぐにブログで成功なんてあるはずもありません!!そう、どの世界も甘くないんですよ。センスや、ある程度の頭脳があればいいものの、ぽっと出の僕が未経験の世界でいきなりつきぬけようなんて、かなり甘い話です。

 

夢追い人よ!!主らの行く末はそれはそれは果てしなく辛い苦行なのだ!!

自惚れぬではないぞ!!

 

 

 

基盤を作り上げる

 

僕のようになんの計画性も無く仕事を辞めて、定職を失ってしまうと、何より生活面での資金がカッツカツになります。まず間違いなく、以前のような生活水準では、すぐに活動に限界がくるでしょう。

 

しかし、僕の場合は少し特殊で、前職である自動車整備士という職業は給料がとても低く、ぶっちゃけ手取り12〜13万の生活をしておりました。学生時代の方が圧倒的にお金を持っていました。なのでむしろ、フリーターの方が稼げると思い、そこに不安なんか持つこともなくそのままプー太郎生活に突入。

 

以前の勤務形態は、週5、6の月に残業40時間ほどだったので、プライベートの時間なんかほとんどありません。休みも月に6日ほどですので、そこまでお金を使う場面はありませんでした。なのでなんとか12〜13万円で生活ができていたのです。

 

しかし、フリーターに転身した途端、時間は余るわ、クラウドでも仕事をこなしているものですから、自由な時間が増え、圧倒的にお金を使う時間が増えたわけです。ここで僕の生活スタイルが激変したわけですね。明らかに出費が増えてしまった。

 

おかげで生活は困窮し、ギリッギリの生活を強いられる羽目に。それを尻目に僕はずっとブログに時間を注いでしまっていた。実際やっていてすごく楽しいんですよね。テーマを変えたり、CSSやHTMLを弄ったりしながらブログを彩っていくのが。ど素人ながら苦戦しつつ、あれこれ設定をしていくと、余裕で一日時間を取られたりします。

 

そしてブログ記事のアップ。これでしっかり稼げればいいのですが、そうは問屋がおろしません。僕の思い描く生活スタイルとは、程遠いまでの生活を送ってしまい、もっとしっかりマネタイズできてから、独立するもんだなこりゃと、最近常々思うわけです。

 

行動を起こすのもいいですが、最低限の生活の余裕(例えば貯蓄など)を持ってからの方がいいですね。先輩ブロガーの方でも、会社員をこなしつつ、ブログを地道に育ててきた方がほとんどですので、やはりある程度基盤を固めることは大事でしょう。

 

僕は働きたくなかったので、当面の生活費は捨てて、ここまで奮闘してしまいました。

 

 

 

仕事を辞める前によく考える

 

こんなこと言っていますが、僕は仕事を辞めて本当によかったと思っています。めちゃくちゃに苦しかったですからね。

 

ああ、社会って怖いって心底思いました。

 

社会不適合者の一丁あがりです。仕方ないと言ってしまえば自分に都合が良すぎますが、あんなに嫌な思いをするくらいなら、仕事なんか辞めた方が良い。僕は我慢主義の考えが嫌いです。

 

会社で我慢して我慢して、やっと社内で成功するかわからないんだったら、好きなことに向かって耐えて耐えて成功する方を選びます。

 

どう考えても後者の方が良い気がしません?なので、辞めることに関しては僕は他人を引き止めたりなんかしません。ただ、辞めた先で何かしらの勝算があるんなら、すぐにでも辞めるべきでしょう。僕のように、飛び込んだばかりの世界で、あーだこーだ四苦八苦するくらいなら、一度二足の草鞋を吐くことをオススメします。

 

僕自身、飛び込んで良かった、なんて思っているんですけどね。ただある程度、固まってからのほうが、凡人には安心ですよって話です。そんなわけで僕も再度社会にチャレンジしてみようかな、なんて思いとあるサイトのライターとして、明日から活動する予定です。

 

僕自身、これからフリーライターを名乗ってやる!!なんて意気込んで、クラウドソーシングなどで仕事を請け負っていたのですが、記事単価がだいぶ低かったわけで、そんな仕事をちまちまこなしても、なんだか気が入りません。

 

ただ、そんな地道な活動が功を奏したのか、某会社からお声かけいただき、再び雇われの身に!!自分はこれから文章で食っていきたいと考えていたので、良い修行場所かななんて思い、速攻承諾したわけです。実力も無い内から、大きな夢を見ても杞憂に終わってしまいます。

 

一度会社を辞める前に深く考えることは大事なんじゃ無いでしょうか、というのが今の僕の考え。かくいう僕は後先考えずにブログを初めて、文章を書く楽しさに目覚め、何かを発信し表現することが、僕に合っているんだと、気づけました。飛び込むことも重要ですよね。

 

何かに挫折するくらいの想いであれば、それは辞めた方が良いですよ。そんな中途半端な人を増やさぬように、僕の教訓をここに残す。

 

アディオス!