生意気

ネット関係に勤める僕が生意気にも好きなことを語る備忘録的ブログ。好きな言葉は「急がば回れ」

社交辞令は卑怯すぎる!!

f:id:canworks:20170708021115p:plain

どうも、社交辞令が苦手すぎて、会社を退職までに追い込まれた生意気(@canworks100)です。

 

僕は社交辞令が死ぬほど嫌いです。

というかそもそも、中身の無い会話ほど嫌いなものはありません。

 

適当な相槌も嫌いで、わかってないのに”わかった!”や、”そうなんだ!”など、とりあえずその場しのぎの会話が嫌いなだけで、ちゃんと会話した意味があったのなら、適当な返事はしたく無いです。

 

そもそも、このその場しのぎや、めんどくさいからなのか、”なんとなく返事すること”がとてつもなく嫌いで、それってそもそも会話の意味もないし、相手に対して伝わっているという誤解を招くことになります。

 

さっきわかったって言ったよね?にハマる典型的なパターンだと思われます。

 

 

 

社交辞令は真に受けるな

 

それら言葉っていわゆる「社交辞令」と呼ばれるものです。

 

社交辞令(しゃこうじれい)とは日常から行事、風習などといったあらゆる場面での人間付き合いにおいて、物事を円滑に進めるために発言することが望ましいとされている挨拶や相手を誉める言葉。

引用:社交辞令 - Wikipedia

 

上の引用を見てもらえばわかりますが、社交辞令というのはつまり”機嫌取り”として使われるものを言います。

 

実問題、この社交辞令を軽く安く多用してしまう人が非常に多いように思います。

 

僕がよくやられる例として「今度飲みに行きましょうよ」だ。

 

自分のように素直に真に受けるタイプの人は、幾度この社交辞令に振り回されてきたことか。

 

「今度飲みに行きましょう」に期待させといてその後音沙汰無し。

このパターンはすごく多いです。

 

んで、少し時間を空けて「こないだの飲みいつにしますか?」と聞くとだいたいが「ごめん、最近忙しいからまた連絡する」と言われます。

 

こうなったら、社交辞令に社交辞令を重ねたようなもの。

 

とりあえずこの場はこれを言っておけばいいや感が満載の、約束に約束を重ねてくるパターンです。

 

言った自分が軽く見ていようと、相手からしたらそれは約束になりますので、自分の言葉にはしっかり責任を持ってなるだけ、見分けられるようにしましょう。

 

 

 

社交辞令は奪う力

 

僕がそうやって言われた時は毎回「じゃあいつにしますか?」と返すようにしています。

そっちの方がすぐに予定も組めるし、本気かどうかもわかるので。

 

こう言った口先だけの言葉に惑わされるのは、時間の無駄ですし、思考の無駄使いです。

 

社交辞令という行為や言葉には、”奪う力”が持ち合わせていて、何も”与える”ことができません。

 

 

先の話は僕が飲みに誘われた話を例として出しましたが、この社交辞令はいろんなところで横行しております。

 

さて、困ったもんです。

人間社会はこの社交辞令で成り立っているような気がしてきて、僕はもう他者と関わりたくないと考えてしまいます。

 

やはり”他人には期待しない”方がいいですね。

何事も突き詰めて行くと、自分主体で考えた方がいいとなります。

 

 

 

何となくの雰囲気で応えない

 

単純に言うと「これ美味しいね」に対する身も蓋もない「美味しいね」と言う返しがもはや社交辞令です。

 

自分も気をつけるようにしているのですが、やはり気安く約束しないことが一番いいですね。

 

何となくの雰囲気でオッケーしちゃうと、あとあと後悔することがほとんどですし、できない約束をして自分の信用がなくなってしまうのは一番いただけないので。

 

他人の社交辞令に惑わされないためにも、イエスかノーかの判断はしっかり持っておいた方が楽です。

 

何も考えてない人の社交辞令には十分注意しましょう。

 

アディオス。