生意気

自動車整備士だった僕が退職してネット業界の人間に転身!仕事を悩める人に新しい価値観を提供したい系雑記ブログ

ブログのネタ切れ解消!僕がしているネタ切れ対策あれこれ

どうも生意気です。

 

僕がブログを初めて、早いこと半年が経過しました。

 

最初こそ、毎日更新とか、そんなに毎日書くことが出てくるのかな?なんて思っていたものの、意外と出てくる出てくる。

 

自分は何もないようで、意外と引き出しを持っていたんだと驚くと同時に、思考の仕方もだんだん変化をしていくようになりました。

 

もはや書きたいことありすぎて、何を書いたらいいのかわからない!という状態です。

 

そんな時、僕は1つのテーマを決めて、それに沿って書くようにしています。

 

今回は僕がブログを書くときに意識していることを書いていきたいと思います。

 

惜しげも無くインプットできたらそれはそれで最高なんですがね。

 

ブログのネタ切れに悩む人にも、タメになるようにまとめていきたいと思います。

 

 

1記事ワンテーマ

 

例えば多動力を読んだ時に「飽き性」であることを自覚した時、それについて改めて掘り上げてみました。

 

「飽き性」というのは、熱しやすく冷めやすいことであり、好奇心が旺盛であるなと考えつきました。

 

そのあとは、自分がそれに当てはまるかを考える分けです。

 

そうやって掘り下げていくと、大見出しだけで三つくらい話題が浮かんできます。

 

ロジカルシンキングで大事になってくるのは、簡単にいうと結論から語ることです。

 

自分がこの記事で伝えたいことはこれだ!と決めたら、あとはそれに沿って書くだけです。

 

物事は単純化した方が、より良い結果が出やすくなります。

人間関係にしろ、仕事にしろです。

 

「思考のミニマリズム化」はすごく重要です。

 

いくつも伝えたい、書きたいことあると思ったら、一度シンプルに考えて見るとあっさり答えは出てきます。

 

悩みなんていうのは、考えているフリしているだけで、何もかんがてないのと一緒。

 

考えるならとことん考えることが大事です。

 

 

考えが一杯はネタの倉庫です。

 

 

 

テーマの掘り下げ方

僕は1記事だいたい2000文字を目安に書くようにしています。

 

それに当たって1記事に1テーマだと2000文字も厳しそうなんて一見思うかもしれませんが、なんとかなります。

 

一個の大きなテーマに対して、アンサーを3つくらい考えると、どんどん小見出しが出来上がるはずです。

 

そうなってくると他にも書きたくて、残しておいたこととマッチすることが多々あります。 

 

 ここで気づくのが、自分の思考には偏りがあるということ。

 

言ってしまえば、本来一つの記事に全部の要素を入れられるには入れられるんですが、僕の場合だと、あっちゃこっちゃ言ってしまって大変なので、この方法を使うようにしています。

 

 

むしろ一つのことに対して、どんどんアイディアが出てくるので2000文字でも足りませんし、これだったらネタなんかきれません。

 

まぁ、難しいこと考えずに、自分の持っていることをドンドンアウトプットすることがいいと思います。

 

まとまらないときに、単純化するのが、最もいい方法だと考えます。

 

 

 

うまく書こうにこだわると大変

 

ネットにあげるのだから完璧な文章でないといけないなんて思う人はたくさんいらっしゃるでしょう。

 

何をするにも、完璧でないと思う完璧主義者が多いように思いますが、そもそもブログって素人がやるものなので、そこに上手い下手を求めるのは間違いでは?

 

そんな風に開き直っているものですから、まずは僕の考えを発信することを重視して記事を書いています。

 

ですから、何も怖がらずに、ドンドンやるべきですね。

 

かくいう僕も、まだ月日は浅いですが、言いたいこととか思ったことはドンドン書くようにしています。

 

というか自分の中の考えを一旦ネットに置いておくという想いが強いですね。

 

多分、ある程度思考も変化していくだろうから、その過程を残したいという気持ちもあります。

 

そんな意味では、人の思考に答えなんかないんで、ドンドン記事に残しておくのもありだと思います。

 

ああ、昔の自分こんなこと考えてたのかなんて楽しめたらいいですよね。

 

ドンドン発信しましょう。

僕はそんな他の人の頭の中を覗いてみたいです。

 

 

 

まとめ

 

実際ここまで書いてきたのは、僕の考えです。

ある一つの過程であり正解ではない。

 

でお、僕はそんな多様性に魅力を感じて、ブログというものを楽しんでいたりします。

 

ちなみにブログやる上で絶対に読んで置いた方がいい本がちきりんさんの著書です。

 

 

「自分メディア」という単語を度々使うのは、この本の影響です。

 

 こうやって、他の誰かの頭を覗いて、自分の中で他の意見をさらに自分で解析してみるとかも、僕の好きなことです。

 

そんなことをやっていると、自分というjか、自分の特徴なんかも見えたりします。

 

そうすると、自ずと思考は偏りますし、それでいて一貫性を持つことができます。

 

いろんな人の意見を聞き入れて、中立でいようというのが、一番良くないです。

 

これははっきり言えます。

あの人がこう言ってるからこう、この人はこう言っているからこう。だと、だんだん自分の中でロジカルが無くなってきます。

 

僕は他人の意見をみるのが好きなだけなんで、みなさんドンドン発信してみてください。

 

ワクワク。

 

アディオス。