生意気

ネット関係に勤める僕が生意気にも好きなことを語る備忘録的ブログ。好きな言葉は「急がば回れ」

副業で1,000円でも自分で稼げるようになると、どこまでも行ける気がしてくる。

f:id:canworks:20170618185557p:plain

どうも、ブログで自由な生き方を叶えるべく、日々更新に励む生意気です。

 

今回は、お金にまつわる話をしていきましょう。

といっても資産運用などのややこしい話ではなくタイトルにある通り、”自分で稼ぐ”ということについて話していきたいと思います。

 

僕はつい半年前までは、普通に社会人として、会社に勤めてお給料をいただいておりました。

 

1年目ながら、すでに会社に属するということに、強い違和感と言いますか、嫌悪感を抱いておりました。

 

学生の頃から、狂ったようにバイトばかりしていたいわゆるワーカーホリックだった僕が、次第に働き方についての考えを改めていったわけです。

 

人の働き方って、生きていく上で大事でありながら、一生付きまとう悩みじゃ無いですか。

学生の頃は、あと何年もいないしな。と考えていたので、そこまで苦ではありませんでした。

 

ですが会社に入ると話は別です。

自分は一生この道で生きていくのか。

何があってもこの道のままいくのかな。

と思考を重ねる毎日。

 

自動車整備士の資格をとって、資格というものに縛られながら、もうこの生き方しか無いのか・・・と思い、絶望しました。

 

そう考えたら、勿体無いと思い、職場のパワハラも相まって早々に、会社を退職してしまいました。

 

会社を辞めるなんて不安だなんて言う方もいるかと思いますが、僕にとっては一生何かに縛られ生きていくのには耐えられなかったわけです。

 

 

 

 

 

会社を辞めて稼ぐとは

 

よく稼ぐために働くなんて言葉を使う人もいますが、それって本当に稼ぐってことなんですかね?

 

僕が思うに、会社から受け取る給料というのは、”貰うお金”であり、それは稼ぐとは意味が違うように思います。

 

何もしないでも出社してしまえば、お金は入ってきて、月額20万円ほどが自分に支払われます。

 

対して、フリーなど個人事業主だと、自分でやって分がきっちり収入として入ってきます。

それは完全に”稼いだお金”であり、自分の働いた価値に見合ったお金であると思うんです。

 

会社からもらえるお金は、経営者の代わりに利益をもたらしてくれた謝礼金であり、実力云々では無いんですよね。実際。

 

そりゃあスキルが上がればその分、会社に利益がもたらされるので、給料は上がりますが、大した額ではありません。

それが今、給料が上がらない原因の全てだと思います。

別に優秀な社員入らないから、とりあえず働く人が欲しい。

 

最近の給与形態、勤務形態を見ていると、ほとんどの会社がそんな風に見えてしまいます。

 

 

 

 

収入源は2パターンある

 

最近では副業のも関心が深まっているので、そんなちょっとのお小遣い稼ぎに興味を抱く方はたくさんいらっしゃるかと思います。

 

僕も、そうやって副業的な小さな収入を色んなところから得ていて思ったのが、短期間でまとまった収入が欲しいなら労働収入しか無いなと思います。

 

世の中には2つの収入源があり、このお金に話をキャッシュフローと言います。

 

1つが”労働収入”

もう1つが”権利収入”と呼ばれるもの。

 

一般に権利収入と言いますと、怪しいといったイメージを持つと思いますが、そもそも人が裕福になるには、この”権利収入”を取りに行かなければいけません。

 

そして僕がいっている稼ぐ力というのがこの”権利収入”を得ることだと言うことです。

 

この権利収入は不労所得とも言えます。

 

この収入の特徴は完全歩合制であり、累積型であることが理想です。

 

アフィリエイトがその代表的な例であります。

 

アフィリエイトはインターネット上に、商品を売っているお店を作っているイメージ。

それをネット上に作ってしまえば、あとは勝手(言い方が悪いですが)に利益を生み出してくれるようになります。

 

といっても、もちろんそんなに簡単にはいきません。

そのサイトの信頼度や知名度なんかも関係してくるので、一筋縄では行かないところ。

ここを如何に育てていくかがポイントになります。

 

そんなわけで、すぐにまとまったお金が欲しいのなら、労働をした方が格段に早いです。

しかし、先のことを考えておくと、絶対にこちらの収入は持っておいた方が言いに決まってます。

 

 

 

1,000円でも稼ぐことの大事さ

 

前述したように、僕は学生の頃、アホみたいにアルバイトばかりしていました。

おかげで扶養も外れてしましい、支払いなど無駄な税金が増えてしまいましたが、僕にとっていい経験になりましたし、周りよりもほんのちょっと余裕もありました。

 

それだけ労働に時間を費やした反動か。

今は逆に如何に働かずして収入を得るかに、思考を費やしています。

 

僕はこのブログを開設して半年が経過して、それなりに収入も発生するようになってきました。

 

そこで僕が思ったのが、「本業とはまた別に収入を得ること重要さ」です。

 

もしもあなたの今の本業との収入に別で月に1万円の収入があったと考えたらどうでしょう?

 

毎月ほんの1万が足らなくて痛い思いをした、だとかっていう経験はないですか?

 

ほんの少しですが、経済的に余裕を持つことができるわけです。

 

この別の収入というのは、精神的に結構な強みになり、余裕が持てるようになります。

 

仮に考えて、その1万を月々の携帯代だと考えたら、本業の給料から携帯代がなくなったと考えていいわけです。

 

そう思うと、なんだか無限の可能性を感じませんか?

 

こういった別の収入を持つことは経済的に余裕を持つことができるようになるわけです。

 

 

まずその第一歩に「本業とは別に1,000円稼ぐ」というここを実践してみてください。

 

そうやって小さいながらも、稼げるんだという自覚を持つと、自分1人の力で日々の生活費を賄えるんだという可能性が生まれます。

 

この精神的余裕はかなり大きいです。

 

そうすれば、あの嫌な会社からも解放されて、毎日自分の好きなようにスケジューリングできるようになります。

 

まずは1,000円稼ぐところから初めてみてはどうでしょう?

 

 

具体的に稼ぐ方法

 

何より僕がオススメしたいのが、「ブログ」です。

 

自分の好きなことを記事にしてその内容にあったアフィリエイト案件を貼り付けたり、アドセンスによるクリック型広告などをブログに貼り付ければ、簡単にマネタイズすることができます。

 

この広告は煩わしいかと思いますが、テレビCMと同じ感覚に捉えてもらえると幸いです。

 

アドセンス収入の他にも、下記のように、表示するだけで収益が発生するタイプのものもあるので、Amazon商品のアフィリエイトと、これを組み合わせれば、1,000円稼ぐくらいは余裕です。

 

[medi8] 

 

 

他だと「クラウドソーシング」がいいですね。

 

僕も暇な時間などで、クラウドソーシングで簡単な案件を、探して小銭を稼いでいます。

 

[ランサーズ]

 

 

 

 今の時代、ネットで稼ぐことはかなり簡単にできてきました。

おかげで、ちょっとしたお小遣い程度であれば、手に入れることができます。

 

 

 

 

そうやって本業以外から少しでも稼げるようになったら、会社辞められるんじゃない?という気になってきます。

 

アディオス。