生意気

生意気な僕が生意気に語るブログ 自動車専門出、某ディーラー就職後8ヶ月で退社 好きなことをやることに努めてIT業界へ このブログでは日々思ったことや僕の好きなゲームやマンガのことを書いていきます

〇〇だったら何しようという考え

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

 

「梅雨の合間に晴れたら何しよう」ということだけど、この考えは「もしも100万円当たったら何しよう」と同じくらい不毛な質問だと思った。

 

例えば、浪費家のAさんがなんらかの懸賞で100万円当たったとしよう。

そうなったら、その人はただ好きなものを買って、100万円を使い果たすだろう。

単純に100万円という額が増えただけで、やっていることの本質は変わらないはず。

 

対して慢性的にお金が無いことが悩みで、金銭面に困ることなく、自分の好きなものを買えるような人生になりたいと考えているBさんだったとしたら、この100万円で何かしらのビジネス、あるいは投資をして、その100万円を金のニワトリに変えているはずだ。

 

しかし、この投資脳を持つBさんは結局、お金がなかろうが何かしらの方法でお金を働かせる考えをしているはずだから、やっぱり本質は変わらない。

 

つまるところ、質問を変えても結局やることなんて決まってくるのだ。

 

 

ということで、本題の「晴れたらやりたいことは?」で考えて見よう。

 

ここで出てくるのはおそらく「溜まった洗濯物を一気に干したい」「せっかくだからどこかに出かけたい」という意見が出てきそうだ。

 

主にこの二つが出てくることだろうきっと。

 

 

でもです。先の理屈で考えると、これらもやはりいつもと変わらないことなのでは無いか?と考えつくわけです。

 

別に晴れていようが晴れていなかろうが洗濯物は干すし、めちゃくちゃ汗っかきな人であれば、乾燥機使って部屋干ししてでも干すことだろう。

 

なので、洗濯物を干すことは、なんらいつものと変わらない日常なのだ。

 

 

そして、「どこかに出かける」という選択も、別にわざわざ梅雨の合間にアウトドアの計画を立てるやつなんていない。

 

ドライブやツーリングが趣味の方は、そら出かけるかもしれないが、それも別にわざわざその日でもなくていいだろう。

 

たまたま雨続きだったのが、休みの日に限りテンテカピンに晴れたとあれば、テンションが上がるだろう。そうなったらバイクでバビューンだ。

 

 

しかし、これは梅雨のシーズンを越してしまえば、いつだってできる。

 

 

なので、晴れたからと言って、特段何をしようとか、何かしなければいけないなんて考えを持ってはダメだ。

 

やりたいときにやりたいことをするがいいのだろう。

 

それこそあえて、雨が降っているが、自分は外でザリガニ釣りがしたかったので行ってきます!!くらいがベストなのでは無いだろうか。

 

 

 

 

 

 

というわけで、来週の水曜は雨の予報ですが、僕は富士急に行きたいので行ってきます!!

 

 

 

くそぅ!!!!!!!!