生意気

元・自動車整備士のフリーライター。ビジネス感覚を身に付けたいクルマ好きライターのブログ

 MENU

年間100冊近く読む僕がやっている「積読」対策

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK9V9A6886_TP_V1.jpg

 

どうも、三度の飯より本が好き、生意気です。

そもそも朝食は食べない派ですので、三度の飯と比較してる時点でおかしな話です。

 

僕は大の読書好きで、本屋に行くのもすごく好き。

行ったら何かしら本を買わないと気が済まなくなってしまうので、行くのを避けてはいるんですが、それでも結構行ってます。

 

漫画ならまだいいんですが、一般的な書物だと、どうしても読むのに時間がかかってしまいますよね。

そんな状態で本屋に行くと、また買ってしまいどんどん本が溜っていきます。

 

これがいわゆる”積読”。

 

考えた人天才だろ、と思わずにはいられないナイスなネーミングセンス。

なんとこの言葉、明治時代の頃には既にあったんだとか。

最近の言葉かと思っていたので、すごく意外です。

 

ということは、もはや古くから日本人はこの積読現象に悩まされていたってことなんですかね。

 

読書なんて人それぞれ好きな時にすればいいじゃん!と思いますし、好きな時に好きなだけ、自分のペースで読めばいいんですよ。

 

僕はそう思いますが、せっかく買ったんだから全部読んでいきたい!

 

そう思い立った僕が実践している読書効率アップの方法を書き記していきます。

 

 

 

本は常に持ち歩く

片手に本を持ちながら、おしゃれなビジネス街を闊歩する自分。

 

なんてわけにはいきません。

本をわざわざ手に持っていたら邪魔です。

 

ですので僕の場合は、いつも使っているリュックやカバンに本を一冊入れておきます。

積読している本の中からピックアップして、いつどの時でも読めるようにしています。

 

最近はスマホがありますから、もっぱら電子書籍で読書している方や、Kindleなど、いわゆる電子書籍を利用している方はいらっしゃるかと思います。

そんな方は紙の書物を持ち歩く必要はないですね。

バイス一台あればいいですし。

 

ですが僕のような紙の本愛好家は、本ごと持ち歩きます。

全くスマートではないですが、常に持ち歩くようにしています。

 

外に出ていて、ふとして時間が空くことがあります。

そんな時は、スマホで情報収集もいいですが、本を読んでより深く知見を得る方がいいように思います。

 

 

 

スマホから本へ

スマートフォンはとても便利ですし、アプリもしていたら時間つぶしなんて余裕でできます。

しかし、あまり過度にスマホをイジっていても充電は無くなるし、目には悪いしでいいことがない。

 

そこでスマホから本に変えよう法。

 

想像してみてください。

普段スマホを片手に持っているあなたが、本を読んで電車に乗っている姿を・・・。

 

 

 

あ・・なんだか自分知的・・・。

 

 

本を持つことでそんな付加価値を与えることができます。

 

ちなみに読んでいる本もなんだか知的なものに合わせると、「あ、あいつ意識たけぇ・・」てなるかもしれません。

 

 

 

どんだけ周りの視線気にしてんだ。

 

 

 

小物を揃えてみる

 

おいおい、読書ごときで小物って・・なんて感想を抱く方が多いでしょうが、最近の読書グッズって結構豊富なんです。

 

 

こんな洒落たしおりもあったりします。

僕もこの似たようなかっこいい羽のしおりを使っていますが、何と言っても使用感がたまりません。このしおりを挟みたいがために本を読んでいる節はあります。ぶっちゃけ。

 

 

 

 

そしてこれ。アダルトグッズに見えてしまったあなたは大人しく本を持つ手をスマホに戻しましょう。そっちのサイトで気を静めてから、もう一度戻ってきてもらいたい。

 

 

さて、こちら、thumb thing(サムシング)というグッズですか、一体これがなんで読書と関係するのか。と思いでしょう。

察しの良い方はすでにお気づきでしょうが、こちらのグッズはこう使います。

 

http://www.momentscompany.com/assets/img/product/pick_thumbthing.jpg

 

これは画期的すぎる。ブルーオーシャンである。

 

 

今まで片手で本を読むとしたら、親指と小指で抑えるスタイルか。

親指のみ抑えるスタイルだったと思うが、これを使うことで、親指だけで済むし、全く疲れずに済みます。

 

これ、かなりマニアックな商品ですね。

 

あと面白いのがこれですね。

 

 

 

 

これもしおりです。かなり凝ったギミックになっていてこう使います。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20130210/14/hummin/ba/fc/j/o0350035012413200222.jpg?caw=800

引用元:https://ameblo.jp/hummin/entry-11467531368.html

 

なんとこのスワンさんのくちばしがずっと追ってくる。

これはかなり素晴らしい。

ついつい挟むのを忘れてしまったり、寝落ちした時でもこれで安心です。

いや寝落ちして寝相が悪かったら一巻の終わりです。

 

 

 

読書って楽しいです

 

僕は本が好きです。

しかも紙。

昔からオタク癖があり、何かとコレクションをしてしまいがちな僕。

 

本も例外ではなく、どんな書物も手元に残しておきたくなってしまうんです。

おかげで部屋の本棚はパンパンでキャパが足りないです。

 

ですが僕はその積まれた本を見て満足しております。

変態なんです。

 

何より本を読むことで世界が広がるし、いろんな人の頭の中を覗くことができます。

 

この人はこんな感性を持っているのか。

この人はこんな言い回しか。

 

そんなところも楽しんでしまいます。

 

本を読んで、僕はブログの世界を知れました。

この世界で生計を立てている人がいるし、そこから有名になっている人もいる。

 

無限に何者でもなれるのが本の良いところだと思います。

 

積読しているその本の中に、あなたの人生を変えてくれる一冊があるかも知れません。

どんどん本を読んでいきましょう。

 

アディオス。