生意気

元・自動車整備士の現・Webライター。ノマドに憧れる僕が人生観や仕事観について語るブログ。

 MENU

これからの時代はやっぱりフリーランス。働き方が徐々に変わりつつある

https://pakutaso.hyper-cdn.jp/shared/img/thumb/CAT9V9A9145_TP_V.jpg

 

僕は元自動車整備士で、四年過程の一級自動車整備科を卒業しました。

しかし、試験には落ち、職場の過度なパワハラにより退職の道を選び、晴れてフリーの道へ転向することとしました。

 

今現在フリーターですが、いずれフリーランス、個人事情主と呼ばれるように日々修行中です。

その間に培った経済の知識や社会行政をこのブログでアップしているわけです。

 

今回はちょっとした計算等を交えて、将来設計を測ってみようと思います。

 

平均年収は減る

 

よく、フリーランスは不安定だなんて言葉を耳に挟みます。

自分で稼ぐのは大変、ずっと働いていないといけないイメージ。そんな風に抱くイメージがほとんどでしょう。

ですがそれは今後一部になります。

今のご時世、簡単に資産形成もできるようになってきてますし、それにブログやYouTubeなどの個人メディアを簡単に持つことができるので、それに広告収入を付け足せば、あっという間に不労所得の出来上がりです。

 

もちろん、そんなに簡単ではありません。

全ては積み重ねです。お金持ちや資産持ちはここら辺をしっかり理解し、資産を構築することの大切さをより深く心得ています。

だから社長や会長は働かないのです。

 

積み重ねてきたからこそ、普通の人よりお金も時間もあるし、それが継続的に維持できるまでに持ってきた努力そのものなのです。

 

最近、巷では不況不況の嵐。

一体いつなったら給料が上がるのか。上がりません。

 

http://nensyu-labo.com/fireworks/heikin_suii26.gif

参考:国税庁

 

表は国税庁が出した最近の平均年収の表です。

リーマンショック後の平成21年以降から、劇的に給与が減っているのがご覧いただけるかと思います。その後なんとか増えているものの、現在は横ばいが続いている。

 

リーマンショック以前と以後では、ザックリおよそ20万ほどの差があります。

 

この差を皆さんはどうとりますか?

年間にすると、給与が月に約20,000円ほど下がっているわけですが、これが10年続くとどうでしょう?

 

200,000/円×10/年=2,000,000円

 

10年で200万も失っているわけです。

 

これを仮に20歳から定年を60だとして考えてみましょう。

 

200,000/円×40/年=8,000,000円

 

一生のうちおよそ800万も失う計算です。

800万あったらどうしてましたか?今の生活状況にプラス2万で考えてもらってもいいですが、そうしたら車のローンだって組めるはず。もう少しいい家にも住めたはず。

この月に2万の差は非常にでかいわけです。

ここからおそらく減る計算になるはずでしょうから、さらにこの差は開きます。

 

そうすると一生のうちに1000万ほど失ってしまう可能性も出てきます。

これはあくまで僕の見立てです。

 

しかし、到底ありえない話ではありません。

実際、それなりに会社に勤めたら出世します。

出世するとどうなるかと言うと”管理職”。

管理職というのは課長や部長、店長などなど。いわゆる役職。

 

これらは「管理監督者」と呼ばれ、経営側に回る立ち位置になります。

そうすると、会社の躍進のために時間を捧げるわけですが、どんだけ残業しようとも残業代は出ません。

 

若い方でよく、早々に店長などに就任している方が多いと思います。

アルバイトが多いアパレルや飲食に多い傾向です。

社員一人を雇うよりも、社員一人を管理監督者につけた方が人件費を安く抑えられるからです。そんな人を悪い言い方ですが、これでもかとこき使った方がよっぽどコスパがいいんです。

大体の人は「店長なんだから」という言葉にやられ、身を粉にして働くでしょう。

そうして辞めたとしても、また変わりを見つけ役職を与え、調子よく働かせます。

 

 

これが現実。

 

バイト経験がある方はよくご存知な光景だと思います。

店長なんだからとさらに上の上司に叱咤激昂され、ヒーヒー働く現場。

 

今現在、そうゆう状況の店長職の方は退職するべきです。

下をちゃんと教育できない会社、上司が悪いんですから。

 

下の責任は上司の責任です。

悪い教育者なだけです。我々はいい手本がいなかっただけ。

自分なりでは無理なことはあります。

 

今の状態が続いたらまず収入が上がることはありません。税金もあがり、年金の受給年齢も年々上がってきます。

国はこうやって、徐々に変えていくから、なかなか気づかないのです。

 

安倍政権が副業OKの政策を打ち出したのも、この影響。

取る金がないから、より稼いでくれということです。

 

それにより副業の関心はより深まる一方。

 

ですが、副業では限界があります。

そこで僕が提案したいのは”個人事業主”という働き方。

 

 

 

フリーランスが新しいワークスタイル

さあ、長くなりましたがいよいよ今記事の本題。

個人事業主 、フリーランスと呼ばれる働き方の提案。

 

僕がまずオススメするのがやはり「ブログ」

自分メディアも構築でき、その用途には多様性があります。

 

趣味のことだけを書いたブログ。例えば、音楽、釣り、旅行記、ペットのこと。

もっとコアなとこでも、ゲームの情報、アプリ、カードゲーム、攻略や小ネタ等をまとめたもの。

 

似たようなものでNAVERまとめ等がありますが、断然インセンティブで言えばブログが良い。

理由は先にも述べた多様性。

Amazonアフィリエイトリンクを乗せれば、CDやゲームソフトなどのアフィリエイトもできますし、Google Adsenseも用いればクリック報酬なんかもあります。

 

リンク:オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google

 

ブログサイトはどこを利用するかですが、僕はご覧の通り「はてなブログ」を利用しています。

はてなブログアフィリエイトアドセンスを利用する場合、有料のはてなブログProへの登録が必要となりますが、2年コースで14,400円。月換算600円での利用が可能になり、ローリスク。

その他、パソコンの準備ですが、これは安物のノートパソコンでも可能です。そこまでハイスペックのものを買わなくても始められます。

 

僕も最初はアキバのソフマップで購入したレッツノートを利用していました。

 

 

アマゾンでもおよそ2万ほどで販売れているので、そこそこのスペックを持っている割に安価でとてもコスパが良いです。

 

あとは通信環境ですが、これは僕の場合、携帯のテザリングを利用しております。

別でモバイルWi-Fiを契約されることをオススメします。

 

モバイルWi-Fiでもたくさんあるので、どれか悩みますが、それでも安価なものもたくさんあります。

 

 

   

通信速度等の問題は地域差にもよりますので、より詳しく調べる必要もありますので、通信機器に関しては、また別で詳しくまとめてみたいと思います。

 

 

ブログの他には何があるの?となりますが、次が「動画投稿」はどうでしょうか?

 

動画投稿といっても、YouTuberが増えている昨今、また新しく始めるにはそれなりのバラエティセンスが問われるかと思います。

HIKAKINさんは不動の王者なので、これの天下は当分崩れないでしょう。

youtu.be

 

動画はすしラーメンりく君という最近人気急上昇中のYouTuber。

高校生でありながら、動画内容は過激な実験ものが多く、そのルックスとキャラでなかなかアンチも付きにくいという最強のポジションを確立しました。

 

今更彼に次ぐ動画を投稿しようと思っても、正直ハードルは高いです。

 

そこで無難なものが「猫×動画」の組み合わせです。

 

youtu.be

 

タイトルからして、なんとも悪意が感じられる内容だが、見てみてびっくり。

捨て猫をただお風呂で綺麗にしているだけの動画です。

 

この動画は、その可愛さゆえ話題を呼びSNSで一気に拡散され現在では200万回近い再生回数を出しています。

 

スマホでとったただの猫の動画がここまで再生されると、それなりの収入は入るはずです。

その後、断続して動画を投稿して、ある程度の再生回数とファンは付いている模様ですので、猫をアイドル化させた良い例とも言えます。

 

 

ちょっとした工夫と、アイディア、まさかの副産物で収入を得るのが可能になってきた時代。

 

インスタなんかでも似たようなものがありますね。

 

こうして時代は徐々に個人でも収益を出せる時代へと変化を遂げています。

 

個人事業主と聞くと何やら、特別なスキルを持っていないとダメなのでは?と思われがちですが、実際はどんな人でも可能なのです。

 

フリーライター、フリーコンサルタント、フリーデザイナー。

それでも良いでしょう。

ですがこれからはもっと、個人が主体的に動くことで、経済は良い方向に流れていきます。

 

「遊びを仕事に」

 

実業家の堀江貴文氏もよく本やテレビで発信しています。

 

なんもアイディアが無いと言わず、自分の持っている知識をアウトプットすることで、それが思わぬ収入に繋がります。

 

ぜひ皆さんも、何かうちに秘めたる夢や想いがあるのでしたら、まずは簡単な発信から行動してみてはいかがでしょうか?

 

 

アディオス。

 

 

似た記事:

自動車業界はこれからどうなるのだろう?自動運転の可能性と仕事の衰退

未来について考える。10年後に消える職業