生意気

自動車整備士だった僕が退職してネット業界の人間に転身!仕事を悩める人に新しい価値観を提供したい系雑記ブログ

ビジネスパーソンにオススメの一冊。『MBA100の基本』

すべての答えは基本にある。

 

こんなキャッチフレーズと見た目の良いイカしたスタイルのある一冊の本を読みました。

 

 MBAとは、Master of Business Administration(マスター・オブ・ビジネス・アドミニスト)の略で、日本語で経営学修士という意味です。

 

なんだか難しく感じますが、ビジネススクールを卒業した人に与えられる称号で、経営学を修めた方に授与されます。

 

要は、経営の知識に長けた人に与えられる称号。

 

その通常の経営学を学ぶものを、簡潔にした基本を押さえた本になっています。

 

マーケティング、論理思考、経営戦略等々。これから起業したい方や、事業を起こしたい方、今現在会社に勤務中で自分のスキルをより高めたい方にオススメの一冊です。

 

今までこの手の本は沢山世に溢れていたし、正直これと言って目新しいものはなかった。

 

しかし、一個一個に対する疑問や、難点。ビジネスのまつわる基本を押さえているおかげか、非常にわかりやすい内容になっている。

 

今まで自己啓発本を沢山読み漁って来た人なら、聞いたことあったりするものばかりだろうが、それでもいインプットされた知識はうまく使えているだろうか。

 

 

僕はいつも思うのだが、こういった本を読むだけで、インプットしただけで身に付いた気になっている方や、忘れがちでまた読み返したりするのが面倒という方。

結構いると思う。

 

本で得た知識を、すべてこなすことができるなら、どれほど楽だろうかと思う。

 

この一冊には、それぞれジャンルごとで区切っていき、さらにそれをワンフレーズづつ載せているから、付箋でも貼ればまた読み返す時、とても読み直しやすい。

 

おそらく貼りすぎて大変になるだろうが、それでも何回も読み直そうと思う内、場所も覚えるだろうし、その意識分、知識も入って来るだろう。

 

教科書的な感覚で使ってもらえば、これほど便利なMBA関連の本はない。

 

かつ、中身は図なども挿入されており、わかりやすく解説される。

 

おまけに本のサイズもほどほど手に収まるくらいの大きさなので、読んでいる時に気にならない。

 

デザインが非常に優れており、なんだかかっこいいいと所有欲を満たしてしまうあたり、これは完全に狙ってきている。

 

こと物を売ること、マーケティングについてはこの本のデザインは満点だ。

 

本屋で見かけた際、その他とは一線を画すスタイルに惚れて購入してしまったというのは言うまでもない。

 

内容的にも申し分ないし、読んでて飽きさせない。

しかも必要な知識を復習したいときは何回も見返せる。

 

基本だけに、すでにMBAの知識を持っている人は、退屈で仕方ないだろうが、これからビジネスの知識をつけていきたい人は、まず手にとってもいいだろう。

 

僕はブログやっているのに、一体何になりたいのか・・。とも思ってしまったが、なんだかんだ使えそうな知識がいくつかあった。特に倫理思考の部分。

 

ですよねと納得せざるを得ない絶妙な内容。

 

学んで使えるものはとことん使っていこう。

インプットだけでは気が済まないのだ。こちらとしては。

 

 

アディオス。