読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

「好きを仕事」にするメディア構築。自己啓発ネタから社会情勢、自動車業界、趣味である音楽、漫画のことを発信します。日々精進。

岡崎体育が芸人として磨きがかかってきた件

岡崎体育。京都出身の芸人で、地元での精力的な活動のすえ、シンガーソングライターとしても活躍している。

 

彼が芸人生命の全てをかけて公開されたMV『MUSIC VIDEO』が大反響を呼び、ファンが急増。

その後、ジンロとのコラボ曲やアニメ『ポケットモンスター』のエンディング主題歌を担当したりと、大躍進は続いていた。

 

そんな岡崎体育が次の一手として打ち出してきたのがこのMV。

 

youtu.be

 

なんだこの演奏力。

 

いくら芸人といえどもこれはかっこよすぎる。

 

イントロのリフは何かで聞いたことがあるような気がするにせよ。

このクオリティはなかなかである。

 

というより、岡崎本人は演奏しているのだろうか。

これはゴールデンボンバーのような雰囲気として捉えてもいいのだろうか。

 

僕もそうだが、しょっぱなからの雰囲気でやられてしまった。

 

めっちゃかっこいいと思う反面、これ何かしてくれるな。と期待感を持たせてくれたまま、サビにいく。

 

 

「どうぶつさんたちだいしゅうごうだわいわい」

 

 

サビのみ字幕がオールひらがな。

 

本領が発揮された瞬間にして、期待を裏切らないその彼のスタイルに、僕は一生ついていこうと思った。

不倫騒動を起こそうとも僕は彼を支援することを決めた。

 

こんな曲を演奏するバンドは多い。

かっこいいから。

しかしこのクオリティでそこまでの笑いを起こせるのか。

 

あまりの曲の完成度のせいで、一周回ってかっこいい。

全然聞けるし、耳に残るサビゆえついつい口ずさんでしまう。

 

岡崎体育といえば、打ち込みメインのシンガーのイメージだったが、この演奏となるとどうだろう。

 

ライブでやれば完全に一曲だけ会場の雰囲気が一変する。

ある意味会場をどんな雰囲気にも変えられる唯一無二のミュージシャンかもしれない彼は。

 

ポップなものからゴリゴリなものまで。

一貫性がないと思われるのかもしれないが、彼のエンターテイナーとしての根本は何も変わっていない。

 

人を喜ばす、笑わせることに関していえば、彼にかなうものはいないだろう。

いるわけがない。

 

そういった面では一貫性が強すぎる。

ここまで強力な岡崎体育。考えれば予想もできたかもしれないが、それでも実際やるとなるとインパクトが強すぎる。

 

次は何をしてくれるのだろう。そんな期待を高めつつ、これからもどんどんこの調子でやってほしい。

メジャーにいってもブレない芸人。岡崎体育さんの紹介でした。

 

 

アディオス。