読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

「好きを仕事」にするメディア構築。自己啓発ネタから社会情勢、自動車業界、趣味である音楽、漫画のことを発信します。日々精進。

UberERTA(ウーバーイーツ)の配達員になりたい!結構わかりづらい登録方法を解説

f:id:canworks:20170403190820p:plain

 

前回、Uber EATSの稼ぎ方をご紹介しましたが、続いては登録の仕方について紹介したいと思います。

 

意外とわかりづらいんですよね。Uberの登録方法って。

ネットで完結できる分、細かい解説などが気軽に聞けないので不慣れな方だと、苦戦してしまう可能性があります。

ネットで気軽にできるのはいいのですが、そこがやはり敷居を上げてしまっている要因にもなっているでしょう。

 

直接パートナーセンターに行く方法も取れるのでしょうか?

 

ですが迅速な登録方法は間違いなくネットですることですので、そちらの登録方法を今回は解説していきます。

 

 

 

まずはアプリを取ろう

まずはアプリを取りましょう。

そうしないと何も始まりません。

Uberというサービスの基本はまずアプリです。

もうアプリって、すごい標準化されてきたんだなぁて感じます。

 

 そもそもUberのサービス自体”配車アプリ”というだけあって、アプリが基本なようです。

 

なので、まずはアプリをインストールしましょう。

 

 

 

基本情報の登録

 

メールアドレス

名前

電話番号

パスワード

都市の選択

 

それぞれの入力をしましょう。

さらに下の招待コードに関しては、すでに配達員になっている人の招待コードを入力して登録後、30件の配達をこなすと、なんと2万円のインセンティブが貰えます。

 

Uberはこうしたインセンティブが多数あるのが、いいですね。

働く意欲をあげてくれます。

 

ちなみに僕の招待コードも貼っておきますので、よかったらご使用ください。

「NJPRDD」

f:id:canworks:20170421184856p:plain

 

 

 

その後、”自転車で配達”するか、”スクーターで配達”するかを選択します。

 

自転車で配達する場合は、特別な登録は必要ありません。

 

スクーターですとその後、”自賠責保険の書類”と”運転免許証”の写真をアップロードする必要があります。

スクーターは125cc以下のものに限られますので、ご注意ください。

 

これでアプリ上での登録は終了です。

 

 

 

恵比寿のパートナーセンターに行く 

 

さて、最後になりますが、最後は直接の説明やバックなどの受け取りで、恵比寿にあるパートナーセンターへいきます。

ここで本登録を済ませましょう。

 

パートナーセンターの場所

 

上記リンクが詳しい場所になります。

非常にわかりづらいので、注意してくださいね。

 

ここまできたら、あとは説明とバック等、配達で使う道具の受け取りです。

 

前に調べたら、説明に一時間だかを有すると書いてあったのですが、僕はものの数分で終わりました。

ある程度アプリで登録を済ましてしまえばすぐに終わると思われます。

 

そして配達で使うバック、自転車用スマホホルダー、モバイルバッテリーを受け取り完了です。

 

受け取り後すぐに配達が可能になるので、すぐにでも働きたい人はそのまま東京の街に繰り出しましょう。

 

 

 

Uberは楽しいです

 仕事を開始する時間も、終わる時間も自分で決められるので、やっていてとても楽しいです!

 

都内の美味しそうなお店もたくさん知れるので、配達して知ったお店に、後日お客さんとしても行けるので、そういう意味でもなんだか楽しいです。

 

それと稼ぎ方なんですが、こちらも自分でこんくらい今日は欲しいなという感じで設定すれば、あとは目標に応じて配達をこなして行くだけなので、ゲーム感覚で楽しい(笑)

 

 

今いくら稼げたのか?が数字でちゃんと見れるので、どんどん植えて行く様子は見ていてワクワクします。

 

 

newsroom.uber.com

 

しかも最近になり、銀座エリアも解禁!

配達エリアが広がったことにより、さらに稼ぎやすくなったように思います。

 

都内はほとんど制覇できたようなもんですね!

 

ちょっとしたスキマ時間に、東京の街を走ってお小遣い稼ぎしてみてはいかがでしょう?

 

 

アディオス。