読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

元・自動車整備士が綴るブログ

自由になりたい人必見!僕がオススメするノマドワーカー本5選!

f:id:canworks:20170405210441p:plain

 

仕事が嫌だ。もっと自由に働きたい。ノマドワーカーになりたい。

 

こう思っている人って、最近すごく増えてきました。

実際、今はネット媒体が優秀で、ネットでいろんな仕事ができるようになってきました。

 

スキルはあるけど、実際どうすればいいんだろう?

そう悩んでいる人がいたら非常にもったいないです。

 

僕は会社に勤めるのが嫌で、もっと自由な仕事がしたいという理由から、ブログという選択をしました。

ただ、ブログを始めるまで、僕も具体的にはどうすればいいんだろう?と悩んでいた節です。

 

でも実際行動することは大事だなっていうのが、今素直に思うところです。

 

僕自身、何のスキルもありませんでしたし、元々の職業が自動車整備士でした。

こっからブログにシフトするってすごく特殊な経歴ですよね(笑)

 

そんな僕が、こうやって一歩踏み出せた理由として、いろんな人の本を読んだことが始まりです。そもそもノマドワーカーという職業を知れたきっかけが、本を読んでからなんで、知識や新しい世界へ踏み出すにはやっぱり実際に、何か媒体で取り入れることが大事です。

 

なので今回、僕がオススメするノマドワーカー系の本を一挙紹介したいと思います。

僕が行動するきっかけになった本たちです。

読むことで刺激にもなりますので、どれも全てオススメです。

 

それでは参りましょう。

 

 

ノマドワーカーという生き方:場所を選ばず雇われないで働く人の戦略と習慣「立花岳志」

 

ノマドワーカーの代表格と呼べる立花岳志さんの著書です。

プロブロガーとして絶大な支持を得る立花さんは、40歳のころ大学卒業後ずっと勤めていた会社を辞め独立しました。

そして今でもプロブロガーとして絶大な人気を誇りセミナーなども定期的に開いているようです。

 

 

 

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界中を飛び回るようになった話「阪口裕樹」

 今ではパワートラベラーを名乗り、世界中いろんなところで仕事をこなしている阪口さんの本です。

うつ病になり、そこから克服、世界に旅立つまでの過程が自身のエッセイとして書き記された本で、僕はこの本からはすごく影響を受けています。

僕が思い切ってブログ開設して、これで食べていこうと決心を後押ししてくれた本で、バイブル本となっています。

具体的な方法論などは載っていませんが、彼のその自由への執着が生々しく語られているので、自分でも不可能ではないと思えてきます。

 

 

 

◯副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト「タクスズキ」

 ブログで食っていきたい人はまず読むべき本です。

ブログで稼ぐ術の0から100まで全て載っています。

僕も縁あってこの本を人から譲っていただき、何度も読み返しては参考にしてもらっています。

ブログ運営で迷った時、壁にぶつかった時は読み返して、毎度新しい発見がある本です。

 

 

 

◯私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明「高城剛

 この方も世界中で活躍するノマドワーカーと呼ばれる方で、クリエイターとして世界を今も駆け巡っているのか。

直近の活動については何をしているのか謎で、それでも世界中を飛び回ってらっしゃるとのこと。

 

内容は高城さんが質問形式で色々答えていくものとなっており、自由というものが何かが伺い知れます。

 

 

 

◯自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと「四角大輔」

 

 ミニマリストの方は必見。つまるところ、自由=縛られないということなのかと納得せざるを得ない一冊。

確かに世の中、本当にいるのか?というものは多いです。

僕はロマンがあるものがあり、収集癖もあるので、いつか物欲が消えることがあればごく少数物資で生活を送りたいものです。

 

 

 

以上、僕が自由を実現させたい方に読んでもらいたい本5選でした。

自由って一体なんなんだろうか?とも思いますが、それは人それぞれの価値観に起因するところ。

自由=時間に縛られないだとしたら、ノマドワーカーという生き方は自由なんでしょう。

ライフスタイルを自分でデザインすることができたらどれだけ幸せなことでしょうと思います。

 

僕が自由を目指したきっかけが、仕事を辞めたい、縛られたくないという考えを持っていたから、すぐ仕事を辞め、資産もないままに独立してしまいました。

a確かに金銭的な問題もありますが、それでも彼らの生き方を見ていると、お金ではないなと気付かされます。

 

今、サラリーマンで一日中会社に縛られて嫌だ、という方は、先人の生き方をインプットしてもらい、ぜひ一歩踏み出す勇気になればと思います。

 

 

アディオス。