生意気

自動車整備士だった僕が退職してネット業界の人間に転身!仕事を悩める人に新しい価値観を提供したい系雑記ブログ

4月20日より事前登録開始!本サービス開始は5月15日より。じぶん書店でお小遣い稼ぎなんてどうですか?

https://japan.cnet.com/storage/2017/03/10/3591a09f0f3776e44f323edad47c5957/01.jpg

 

本日、4月20日より、自分で電子書店を開設できる新サービス「じぶん書店」の事前登録が開始されました。

 

スマホで書店を開け、電子書籍が売れたら、その10%がアフィリエイトコインとしてユーザーに入ってくるもので、アフィリエイトが身近になり、ちょっとしたお小遣い稼ぎにももってこいなサービスです。

 

詳しい解説などは以前自分が書いた記事を参照にしてください。

 

www.namaiki-100.com

 

 

 

どんなサービスか? 

すでに100名超の作家の方が事前登録を行っており、事前登録の段階では、書籍の登録や推しコメと呼ばれるコメント機能を利用できるのみとなっています。

今のうちに事前登録を済ませ、本サービス開始まで待つしかありませんが、今から書店を作っていくのもなんだか面白そうです。

 

講談社が提供するサービスなだけに、講談社の作品しか取り扱っておりませんが、いずれ他社の商品も取り扱うことが可能になったら、爆発的に普及しそう。

 

電子書籍がまだ一般的に利用が低いため、このサービスによりもっと普及する流れにもなることでしょう。

 

 

かくいう僕はKindleは所有しているものの、気に入った本は手元に残しておきたい性分なもので、完全に電子書籍には移行仕切れておりません。

 

しかし部屋の本棚の状況を見たとき、電子書籍にしないといずれ床が抜けるんじゃないかと不安です。

 

実際、Kindleに全ての本を保有しておけば持ち運びの際にはとても楽になるので、外で本を読むことが多い僕にとっては活用せざるを得ないツールなのは明白です。

 

 

電子書籍の問題として、その所有期間があります。

どういうことかというと、一般に電子書籍の購入というのは、”その本自体”を購入するというより、”ダウンロード権”を購入しているに過ぎません。

もしもその会社が潰れてしまったとき、ネット上からその本をダウンロードすることができなくなってしまいます。

 

まぁ、そこまで読み返すこともないと思うので、やはり何度も読みたい本であれば現物を購入して、それ以外を電子書籍で購入するのが利口なやり方だと思います。

 

 

 

登録方法

こちらのリンクより、登録が可能です。

jibunshoten.com

 

登録は、FacebookTwitter、メールアドレスから登録ができます。

 

ユーザーネームや、書店の名前などを登録していきます。

 

登録が完了したら、入力したメールアドレスに”認証番号”が送られてくるので、そちらを入力して登録完了です。

 

あとは、自分の好きな本、読んだ本などを登録して、コメントを入力していくと、準備完了です。

 

本サービス開始を待ちましょう。

 

うまいこと自分の書店から商品が売れていったら楽しいですね。

簡単にアフィリエイトを体験できるので、不安がある方や、まだ少し抵抗のある方はぜひご利用をオススメします。

 

 

 

電子書籍が主流となる時代 

 

まだまだ紙の本が主流ですが、いずれは電子書籍が主流になってもいい気がします。

「紙の本じゃないと本じゃない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、現物ではなくデータという部分に置いて、コスト削減にもなりますし、場所も取られないので、年間100冊以上読む方なんかは電子書籍の方がいいですよね。

 

リアルの書店で買うより安いということもあるので、そこも考えたら結構便利。

 

Kindleなども安売りなども頻繁にやっているので、やはりオススメです。

 

 講談社が先陣を切っただけで、他の出版社も同じようなサービスを展開しそうな気もするんで、積極的に電子化の流れは進んでいきそうですね。

 

皆さんもぜひ、「じぶん書店」を活用してお小遣い稼ぎしてみてはいかが?

 

あ、あと僕の書店リンクも貼っておきますので、ぜひ除いていってくださいね!

 

jibunshoten.com

 

 

アディオス