読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

「好きを仕事」にするメディア構築。自己啓発ネタから社会情勢、自動車業界、趣味である音楽、漫画のことを発信します。日々精進。

四畳半神話大系を全話みました

https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSbBwOFVKEnWKTh4cWb--R-xejr8xf3Mmdl8QRQ18vxveTKmC70RA

 

めっちゃ面白かったですね。

アニメ版ですけど、『夜は短し歩けよ乙女』を見て、感動を受けてから、森見さん原作である、もう一つの作品も見て見ました。

 

アニメ全話です。

こう、アニメをぶっ通しで見るのはとても久々なことで、いい作品だなとそれも含めて思いました。

 

もしも主人公がこのサークルに属していたら?この選択を取っていたら?

それをなんども繰り返し、毎話ごとで違う展開で物語が進んでいきます。

今までとは見たことない手法で物語が作られていくので、新鮮でした。

おまけに最終二話がすごい。

 

10話にいたっては主人公しか出てこないですからね。

もうセリフの数が凄まじい(笑)

原作もこんな感じなのでしょうか?

 

だとしたら原作者の森見登美彦という人物は間違いなく天才です。

 

話自体は特殊かつ不思議な展開で進んでいくのですが、とても引き込まれる作品になっていました。

 

いやぁ、こんな面白いアニメは久しぶりでした。

 

 

私視点の一人称で物語が進められ、非常にセリフも多く、時たまこれはアニメでなくてもいいのでは?と疑い出すほど。

 

しかしあの絵柄も相まって四畳半神話大系という物語が彩られているようでした。

 

起承転結がしっかり決まった作品になっていまして、1話最終で、小津(主人公のライバル的存在)が川に飛び込んで、それを主人公・私が助けに飛び込むとこでタイムリープが起きます。

 

それから物語はなんども繰り返していき、特にそのことについて触れられることなく、どんどん進んでいきます。その間、各登場キャラについて、深く取り上げられていき、最終的に最初の場面にたどり着きます。

 

いやぁ、素晴らしかったです。ほんと。

 

最終話まで退屈せずに見れました。

 

こんなアニメはそうそう無いと思います。

 

僕は普段見ないんですけど、これは傑作です。

ぜひ、まだ見ていない方はご覧あれ。

 

アディオス