生意気

ネット関係に勤める僕が生意気にも好きなことを語る備忘録的ブログ。好きな言葉は「急がば回れ」

雨が嫌いだからこそ備えたい!便利な雨具グッズ【最強の四点セット】

f:id:canworks:20171030170040p:plain

なんだか今年は久々にしっかりと雨が降ったような気がする。僕は雨が嫌いだ。多分みなさんもそうだと思う。

 

雨が降ったりして、天気が崩れると頭痛が痛くなるタイプの人間だ僕は。頭痛が痛くなるのだ。おまけに雨の日特有の湿った匂い。あれがたまらなく苦手。こんな日に電車なんか乗ったら僕の一面は酸の泥沼に変わることだろう。

 

とまあ。そんな雨に思いを馳せすぎて、とことん雨が嫌になってしまった今日。ふと思い立ち、僕は何か便利なアイテムがないのかと、色々調べ始めた。というわけで、僕が個人的に気になるor使ってるレインアイテムの紹介。

 

まだ梅雨じゃないけど、先に備えあればなんちゃらです。

 

 

 

 

PLEMO 逆さ傘

 

これとても画期的でとてもオススメです。

普通、傘って閉じると

f:id:canworks:20170411223550p:plain

こう

 

 

じゃないですか? この畳まれかただとどうしても、受け止めた雨たちが周りに危害を及ぼす形になってしまうんですが、なんとこちらの”逆さ傘”。その名の通り、逆さまに傘が畳まれるわけです。

f:id:canworks:20170411224442p:plain

 

まさに画期的

 

この発想はなかったの声が聞こえてきます。しかも自立式である。

 

車に乗るとき、普通の傘だと車内を濡らしながら乗り込む形になるところを、全く濡らすことなく車に持ち込むことができます。

f:id:canworks:20170411224529p:plain

こいつぁすげぇぜ。

 

しかもなぜかこのPLEMOの傘ですと、取っ手のところがC型になっていて、持つ時とっても楽。腕にかけて使用できるので、列に並んでいたりする時に疲れない。

これって何気に嬉しいことで、普通の傘ですと、J型じゃないですか、あれって結構持ちづらい設計でして、一回こっちに慣れちゃうともう不便で仕方がない。

 

この逆さ傘は雨の日をちょっとだけ楽しくしてくれます。

マジでオススメです。

 

 

NURENAI傘 傘カバー

 

 

傘って雨があがってしまったらもはやただの邪魔の荷物となり下がります。

畳んで手に持ってても、すんごい邪魔になるので僕はよくリュックの肩紐のところにぶら下げて、パイルドラモンのデスペラードブラスターを打つあの筒っぽいイメージでいつも持ち歩いてるわけですが

f:id:canworks:20170411231225p:plain

※参照画像

 

この装備方法は非常に邪魔になります。

おまけにデスペラードブラスターは打てません。

 

そこで僕はとっておきのアイテムを発見してしまったわけです。

 

f:id:canworks:20170411231535p:plain

なんてスタイリッシュな傘の持ちかたでしょう。

これを使っている人をみたことがいないんですが、スタイリッシュすぎて意識してなかったんでしょうか。

とにかく、これ一つあれば、不意に雨が上がってしまった時にでもいつでも楽に傘をしまうことができますね。

 

しかも中はマイクロファイバー仕様なので、雨を吸収しやすく開閉式なので簡単に乾かせることができてしまう。

なにこれ、痒いところに手が届きすぎ。

f:id:canworks:20170411232304p:plain

 

 

 

コヤナギ レインウェア

 

 

いわゆるカッパなんて言われていますが、かっこいい言い方でレインウェア又はレインスーツです。

 

みなさんレインウェアを選ぶときになにを一番重視しますかね?

デザインですか?

正直雨具でデザインは諦めた方がいいかも知れません(笑)

それなりにお金を出せば、それなりのかっこいいレインウェアを変えるかも知れませんが、大体の方がそこまでお金をかけることに抵抗があるかと思います。レインウェアって使わない方が多いかも知れませんし、バイクとか自転車とかよく乗る方は必需品になりますが、そうなってくると性能に気をとられますよね。

 

そこでちょっとした豆知識なんですが、レインウェアの耐水についてです。

何気なく表記してある”耐水圧”と呼ばれるものがあります。

 

◯◯◯㎜と書いてありますが、こちらそのレインウェアの生地にしみこもうとする水分の吸収を抑える数値になります。

レインウェアがどれくらいの水圧に耐えられるのかというものです。

 

 

20,000㎜:嵐

10,000㎜:大雨

2,000㎜:中雨

300㎜:小雨

 

 

ちなみに普通の傘だと耐水圧は250㎜ほどです。

この耐水圧はスノーウェアにも言えることなので、覚えておくと便利ですよ。

 

通常買うのであれば2,000㎜くらいの性能のものでいいのかも知れませんが、バイクなどに乗るのであればなるだけ性能のいいものがいいと思う。

 

そこでこのレインウェアはオススメです。

安価で耐水圧がなんと20,000㎜!

 

もちろん日頃の手入れ次第で耐久度は変わってきますが、この値段なら別にいいかなと思えてしまう(笑)

 

 

もっといいものを求めるのであればやはり僕は「mont-bell」のものをオススメします。

 

 

安定のブランド力にして、その性能は最強満足。

少し余裕があればこちらがいいでしょう。

 

僕はよくバイクに乗るので、こういったレインウェアには多少のこだわりを見せます。

動きやすいし、モンベルがいいんだが、値段の兼ね合いからするに、やはり最初のがいいですかね。

 

 

 

 

まとめ

雨が嫌いだ!と言っておきながら結構雨具について語るとポンポン出てきましたね。

 

なんだかんだ嫌いだからこそ、それを克服しようとした結果です。

 

僕のようにガジェット系が好きな方だと、何気ないものでも謎のコダワリを見せてしまうのもしばしば。

 

あと数ヶ月もすれば梅雨の時期がやってきます。

そうなった時になるだけ快適に過ごせるために、参考になってくれたら嬉しいです。

 

明日は雨降らないで欲しいなぁ。

 

 

アディオス。