読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

「好きを仕事」にするメディア構築。自己啓発ネタから社会情勢、自動車業界、趣味である音楽、漫画のことを発信します。日々精進。

蒙古タンメン「中本」。裏メニューの10倍を、単純に10辛だと勘違いしていた話。

ラーメンブーム。

 

な気がするの僕だけでしょうか?

いえ、圧倒的にラーメンブームな気がします。そのはずです。

かくいう僕も圧倒的ラーメン好きで、生活習慣病などと言われてなければほぼ毎日食っているはずです。それもギトギトの。てらっちょとかめっちゃ好きっすもん。

 

ですが今回はそんなギトギトとはほど遠いラーメンを食してみました。

 

f:id:canworks:20170410202831p:plain

 

蒙古タンメン中本 船橋店。

去る2016年11月。ついに千葉県にも蒙古タンメンのお店が開店し、千葉県民の蒙古ファンはさぞ歓喜したことだろう。

 

今までセブンイレブン蒙古タンメンのカップ麺で満足していた千葉県民の方々が、わざわざ都内まで出なくとも気軽に食べられるようになりました。

一千葉県民として、お礼を申し上げます。ありがとうございます白根さん。

 

そんなわけで前々からちょこちょことは通わせていただき、それなりに蒙古タンメンを堪能していた僕ですが、つい先日ある動画をみまして。

 

 

youtu.be

窪田正孝似のこのイケメン。ひろちゃんねるのひろむというyoutuberになります。

この動画で紹介されている蒙古タンメンの裏メニュー。

 

北極ラーメンの辛さ10倍

 

というもの。

なるほど・・こんなものがあるのかと思った僕。

 

なぜか無性に食いたい意欲が湧いてきてしまった僕。

無謀にもこの10辛とやらを食して見ようかなと思い至った次第です。

なので近場の蒙古タンメン中本船橋店に足を運びました。

 

本当近くにあるっていいですね、蒙古。

前まで都内に行かねば食べられなかったのに。

 

そしていざ到着!そして注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:canworks:20170410205240j:plain

 

北極ラーメン(9辛) 830円。

 

 

 

ここで僕の勘違いを聞いてください。

僕は当初、10の辛さという情報だけをインプットしていて、北極ラーメンの10倍というインフォメーションが見事に抜け落ちていたわけですね。単純に10辛が動画で見たものかと思っていました。

 

動画で見た「10辛(勘違い中)」は単純に北極ラーメンのさらに一個上のランクか、とメニューを見てさらに勘違いを深め、んじゃあ肩慣らしに北極から食うかと思い至ったわけです。

 

そして注文して出てきたものを見て違和感。

 

(スープ普通じゃなぁ・・。これもう一ランク上がったら、あんなスープドロドロになってしまうんだね。えげつないなぁ、10辛・・。)

 

ここで気づけよ!て思いますが、なんの疑いもなく9辛でヒーヒー言ってました。

 

 

もう唇が痛いのなんの。

辛味を帯びると熱さ耐性が圧倒的低くなるじゃないですか?

僕一緒にライスも頼んでいたんですが、あのライスの熱さですら痛かったです。

 

ひたすら唇から口内まで痛くなってきて「これ10辛(勘違い中)だったらもっとヤベェことになるじゃんよぉ!」とまともに口も聞けない口で言ってたわけですが、いやはや勘違い甚だしい。

 

 

 

f:id:canworks:20170410211259j:plain

 

完食 

 

 

夜の冷たい風が唇に当たって心地よかったのを覚えています。

 

 

こうして、僕の北極ラーメン初体験が終了したわけですが、再度動画を確認してビックリ。

 

 

 

これ北極ラーメンの10倍やんけーーーーーーーーー!!

 

 

 

おぞましいにもほどがある。

 

カウンターに置いてある、各商品について書かれたPOPに書かれていたことなんですが、中本ツウはこれを慣れてくるらしいですね。従業員の方もいずれは賄いで北極をペロッと平らげるんだとか。

 

 

もう北極でヒーヒー言ってる僕はなんなのでしょう。これではまるで中本痛ですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!てなわけで!僕と北極ラーメンとのファーストインプレッションでした!!

今度は普通の蒙古タンメンでトレーニングしつつ、北極もペロッと平らげられるようになって見せます!!

 

待ってろよ!10倍!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、僕の肛門は焼けるような痛みを帯びましたとさ。

 

 

 

アディオス!!