生意気

ネット関係に勤める僕が生意気にも好きなことを語る備忘録的ブログ。好きな言葉は「急がば回れ」

新社会人に捧げる!仕事に行き詰まった時に読んでおきたい本10選!

f:id:canworks:20170408154211p:plain

どうも、意識高い系ブロガーの生意気(@canworks100)です。

意識高い新社会人の皆さまは、 今頃きっといろんな本を読んでは、ビジネス知識を付けてらっしゃる頃でしょう。と思います。

 

実際僕も新社会人の頃は、社会で通用するマナーだとか、仕事の考えみたいなものを本から教養を得ていました。新社会人と関わらず読むべきなんでしょうがね。ただそのおかげで僕は仕事を乗り切ることができました。

 

実態は新社会人としてデビューを飾った会社による、壮絶なパワハラから逃れるためにビジネス書を読んでいたんですけどね。

 

www.namaiki-100.com

 

おかげで今ではブログという素晴らしい逃げ道を見つけることができました。そんな意味でも新社会人で、仕事辞めたくて鬱な方ならなおさら読むべきものです。ただ今回は新社会人として役立つ本をまとめてます。仕事を辞めたいだとか言う人でも、読めばまぁ転職すっか!くらいに思えるチョイスです。

 

ではでは、新社会人さんたち!参りましょうか。

 

 

 

 

あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

 

 正直これを勧めるのはどうかな?と思ったんですが、参考にはなるかなと思いご紹介です。

 内容としては完全に会社に順応にするための本なんですが、上司はこう考えているのかな?と場面場面で役にに立ってくるものではあります。会社で穏便にいきたい人は読んで様々な回避パターンを知るのにもいいかも。

 

 入社1年目の教科書

 

これも処世術がずらりと載った本です。新社会人に方には是非読んでもらいたいですし、1年目問わずでオススメです。新社会人というよりも、基本的なモノの考えが身につく本です。1年目に知っておくと有利ですけどね。タイトルからもわかる通り。

 

ゼローなにもない自分に小さいイチを足していく

 

僕の大好きな堀江貴文さんの著書です。この人のモノの考えは人を成功させるために特化されていません。やりたいんならやれば?と言われているように、何気ない成功の道筋が載っている本です。「ゼロから小さいイチを積み重ねていく」と著書で述べていますが、あの堀江さんですら、そういう考えを持っているわけです。何事も積み重ねが大事なんです。

 

と言うよりも僕が、どういった想いで読んでもらいたいかと言うと、堀江さんの努力の形を真似して欲しいなと言うことです。堀江さんは東大に受かるために、ちょっと面白い方法で簡単に受かってます。この考えって仕事でも活きるなぁて思ったんで、仕事の右も左もわからない新社会人におすすめです。

 

 

28歳からのリアル

 

まだ先の話だと思いますか?いえ、今からの積み重ねが大事なのです。

この本には、結婚でかかる費用や、その後の生活の費用など、これからの人生でかかる費用がざっくり出ている、人生設計に役立つ本です。

 社会人一年目でそういうのはまだ早いよ!なんて言う方もいるかも知れませんが、実際この先を見据えると言う考えは非常に大事になってきます。

 ずっとその会社にいて平気ですか?

 

 

 

最強の働き方:世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓

 

これは確かに最強でした。人をしっかり分析できていて、本質をついた本です。

IQや学歴が高くなくても最高水準の仕事ができると謳っている通り、どんな人でも考えを身につければ大丈夫だと勇気づけられます。

 

この本はなかなかレベル高い。

 

 

 

ビジネススキル大全ーーー2時間で学ぶ「成果を生み出す」全技術

 

 

この本はセコイ(笑)

世の中、いろんな自己啓発本やビジネス書がありますが、これさえ読めばそれら本の美味しいところだけ読めてしまう。

寄せ集めですが、非常に有力な情報が詰まった本になりますので、時間がなくてあまり本が読めないや、苦手だけど知識が欲しいという方は是非。 

 

 

 

さすが!と言われる ビジネスマナー

 

 

やはりビジネスマナーを学ぶのは社会人の基本ですね。

研修である程度のマナーは教わるのかも知れませんが、そこは企業によりけりになるので、あとは独学ですね。

 

この本では、そのマナーに対する何故?が適切に描かれているので、納得して応用することができます。まぁ、基本的なことには変わりないですが。

 

 

 

嫌われる勇気

 

これは読んだ時、みんなこれ読めば世の中変わるやん。とまで思ったものの、ベストセラーになったとこで、急激に起業家が増えるだとか、会社が変わるだとかはなかったですね。もう読んだ人だけで、「嫌われる勇気」を持ってればいいんですよ。

 

 

 

夢をかなえるゾウ

 

過去にドラマ化もした「夢をかなえるゾウ」です。

これも基本的な考えというか、やっぱり大事なのはそれか。と納得できるものです。

 

どうあれ人って物事を難しく捉えすぎな気がします。

難しくしてるのは結局自分の脳なのかなってよく考えます。

 

 

 

自分を操る超集中力

 

僕は結構心理学本を読んではいますが、その集大成的な位置でこの本はオススメです。

 

 時間の使い方や、人間の本来持つ生活リズム。それらを利用して以下に集中力を持続し、物事を進められるか。その方法がこれでもかと載っています。

 

僕もいくつか参考にしています。

時間の使い方は会社勤めの方には難しいかも知れませんが、朝の時間など、使い方というか考え方ですね。オススメです。

 

 

 

まとめ

以上、僕が勧める新社会人に勧める本10選でした。

 

僕は新会社員時代は、こういった本を読んで、色々参考にして、なんとか食らいつこうとしていました。ですが実際はそうはうまくいかないことばかりです。

 

今フリーになって思うのですが本を読んで実践するしないという差が、結局できるかできないかに繋がるんだなというのが、最近思うところです。

 

僕が、心理学の本を勧める理由としましては、結局のところ、自分の中でブレーキをかけているのが”脳”なのかなって。

 

つまり考え方です。

 

いろんな本を読んで、いろんな考えを自分の中に吸収し、それを実践できればまず変われることができます。

 

なので新社会人のみなさんも、自分で無理だとか決めつけないで、まずは実践してみてください。

 

「夢をかなえるゾウ」に出てくる「トイレ掃除をする」といった簡単なものでもいいです。まずは「行動」が大事です。

感銘を受けたらば、ぜひ「行動」を起こしてみましょう。

 

 

アディオス。