生意気

自動車整備士だった僕が退職してネット業界の人間に転身!仕事を悩める人に新しい価値観を提供したい系雑記ブログ

楽天カードは果たしてお得か?僕がやってる活用方法あれこれ

f:id:canworks:20170405102755p:plain

クレジットカードってどれが一番いいんだろう?なんて悩んでいたりする人は結構いますよね。

 

実際、僕ら若い世代では、このクレカに関して、あまり良いイメージを持てていません。理由はリボ払いや、現金の方が安心がある、なんとなく敷居が高いなどの理由です。

 

最近では「paymo」などの新サービスで、クレジット決済で割り勘ができるサービスなどがあり、クレカを持つ重要性が上がってきてはいるものの、なかなか持てなかったり、持って入るけど怖くてあまり使えないなどの声もちらほら。

 

Amazonや、iTunesの利用の際にも、クレカが無いと不便なのに、なぜか若者の需要が高まっていないと感じたのが、僕の感想です。

 

なので今回は僕が使っている「楽天カード」をお得に使い、クレカを持つ利点についてお話ししていきたいと思います。

 

 

 

楽天ポイントはサクサク貯まるー

まず、どのクレジットカードにも言えますが、基本的に使用額に伴い、何パーセントかのポイントが付与されます。

 

このポイントはクレカ会社により様々で、JCBカードであればOkiDkiポイントこちらは毎月の利用額の合計利用額1,000円につき1ポイント貯まり、Amazonでの利用で1ポイント=3.5円で使えたり、マイルやnanacoポイントへの交換も可能です。

 

三井住友カードワールドポイントというものがあり、1,000円につき1ポイントの還元率で1ポイント=5円相当で、同じようにポイントが利用できます。

 

こういったポイントがつくのって、クレジットカードの魅力ですよね。

普通の買い物で日々ポイントがついて、それを色んなところで使えるのは、とてもお得です。

 

お店ごとにポイントカードが作れるサービスが、最近増えてきましたが財布の中にかさばって、管理が面倒だという方は、もういっそクレジット払いにしてポイントを一括管理してしまった方が楽です。

 

そこで僕が最も活用しているカードというのが楽天カードになります。

こちらのポイント還元率は100円につき1ポイント1ポイント=1円として使うことができます。

上記二つのカードと比べれば、確かに還元率は低いものの、僕がオススメする利用は、そのポイントの貯まりやすさです。

 

まず、楽天カードは、各楽天サービスと連携することができ、楽天のサービスに会員登録していれば、ポイントが各サービスごとについてくるということです。

 

楽天市場でお買い物をすれば、基本4倍のポイントがつきます。これで還元率は4%ですね。さらにお店ごとでキャンペーンなどがあれば6倍などになったりと、うまく活用すればどんどん溜まっていきます。

買い物は基本通販だという方はどんどん楽天市馬を利用していただくことで、どんどんポイントが貯まる仕組みになっています。

 

あと、スマホであれば「楽天スクリーン」というアプリがオススメです。

こちらは毎日変わる広告を5秒間開いているだけで1ポイント貯まるというサービスですので、地味ながらこれでポイントを貯めていくことができます。

 

どんどん貯まる!お得なポイントアプリ スーパーポイントスクリーン

 

 

注意して欲しいのが、楽天ポイントには、期間限定ポイントというものがあり、基本1ヶ月ほどしか有効では無いポイントも存在します。この楽天スクリーンのポイントもそうなるので、地味に溜まったら割引程度で使っていきましょう。

 

 

それと各キャンペーンのエントリーです。

楽天ではお買い物するだけで抽選で10,000ポイント以上当たるキャンペーンや楽天Edyの利用でさらに2倍になったりというようなサービスを本当、しょっちゅうやっています。このキャンペーンには極力エントリーしてワンチャンに賭けましょう(笑)

 

 

 

ー固定費はカード払いでー

これはクレカ全般に言えることですが、日々の固定費。電気代やガス代、携帯代、ネット代なんかは全てカード払いにしておきましょう。こうするだけで、何も生むことのなかった固定費の支払いが突然楽しくなります。消費から生産への考えで、これら固定費でどんどんポイントに変えていきましょう。

ほんと払うのが苦では無くなりますから。

 

ちなみにこの固定費に絡んだキャンペーンをやっていることがあるので、そのタイミングで移行するのが利口かと。

 

 

 

ーポイントの活用ー

先にもあげましたが、期間限定ポイントというものがるんですよ。楽天には。

ここは正直使いにくいかな?と思っているところで、僕は本の購入費用にしています。

 

この期間限定ポイントが本当に気前よく入ってくるため、気がついたら1,000近く入っている時もあります。

そこで僕は漫画や書籍の購入費用にしているのです。

 

ちなみに商品券などの交換にもできるので、本当に使い道がなければ、そちらに変えた方がずっとお得です。変えちゃえば期限もないですしね。

 

注意したいのが、楽天Edyのポイントに変えられないところです。

楽天の利点としてはこのEdyに行き着くと思うのですが、Edyへの交換はしていないそうで、ここが不便なところか。

 

 

 

ークレジットカードは色々あるのでー

実際、僕が楽天カードをお勧めする理由としましては、通常の審査に通りにくい学生さんなどでも、簡単にネットで作れるという利点もあります。簡単に作れる分、安易に考えてバンバン使うのはいただけないですが、うまく使いこなすことができれば、クレジットカードは節約にもつながります。あと、まとめて支払いがくるので出費計算がしやすくて、いいというとこです。

 

下記リンクより楽天カード発行の手続きがネットでできます。今なら入会で5,000ポイントついてくるのでこれはお得。

 

 

同時に楽天Edyも使えるので、電子マネー利便性もこれで体感してみてください。

 

 

その他クレカについて知りたい方は、こちらのサイトがお勧めです。

 

cards.hateblo.jp

 

僕が取り上げた楽天だけじゃなく、その他のカードの情報もたくさん載っているので、非常に参考になります。

 

今回、楽天に絞って書きましたけど、僕自身使い分けはしているので、今度そこらへんいついてもまとめていきますね。

 

 

アディオス。