生意気

「好きなことを仕事に」するメディア構築。社会不適合者が贈る雑記ブログです。自己啓発、社会情勢、自動車が好きなゆとり世代

 MENU

G'z Oneに想いを馳せたあの頃

特別お題「おもいでのケータイ」

 

 

本日もお題をネタにして書きますね。

「おもいでのケータイ」というのを見て、一瞬で思い浮かんだのが、僕が高校生の頃に使っていたケータイ。”Gz one type-X”。偶然にも、この企画のスポンサーがau

なんの因果か。これは書かないわけにはいかない。

 

 

f:id:canworks:20170309125047p:plain

 

G'z one10周年を記念した端末にしてシリーズ最後のフィーチャーフォンとなった伝説的モデル。

世の男たちは絶対に惚れるデザインに僕も惚れ込んで買ってしまった。

このモデルの後継機に、type-Rというモデルがあるのだが、当時まだ小学生くらいだったと思う。その時代、小学生で携帯を持つなんてありえない!という時代だったので、僕はCMで画面越しに映るそのイカしたスタイルの携帯に強い憧れを抱いていた。

絶対携帯持つ時が来たら、G'z oneにしよう。そう決めていた。

 

そして月日がたち、僕が中学2年に上がった時。突如として周りで携帯を持つ連中が爆発的に増え始めた。

まだあの時代は、携帯を持つということが当たり前でなかったので、その爆発的に普及した瞬間はさぞビックリした。第一次IT革命だったように思う。

 

ただ、そんなことに興味を持つほど、周りなんて見ていなかったので、僕はまだテレフォンカードでお母さんと連絡を取り合っていた。

今や、電話ボックスなんてどこいっても見あたんなくなったけど、あれもいつ消えてしまったのだろうか。ほんの10年足らずで恐ろしい勢いで変化していくんですね。時代は。

 

「ヒー、みんな小さな箱を耳に当てて一人で喋ってる〜〜。」なんて時代錯誤なことは思ったことはないですが、携帯のおかげで「〇〇君いますか?」を使わなくなったのはとても大きいように思う。 何気にあれ気まずいんだ。でもあのおかげで友達の親とも距離が近づいてたように思うけど。

 

思うと、この携帯電話の普及でより個人でのやり取りが強固になっていったのかもしれない。誰かを介してコンタクトを取るっていうのは効率悪すぎだもんな。

 

そして携帯の普及に見事に取り残された僕は、その連絡の取りづらさ、煩わしさから、友達に早く携帯買ってもらえよと言われる。 そこでやっと「そうか、携帯持てるのか」という発想に至ることができた。 

 

親との交渉は困難を極めた。普段特に連絡もしない僕に、果たして連絡ツールがいるのかという問題。

実の息子に連絡手段はいらないという、心配の”し”の字もない親の考えに僕も反発したにはしたが、確かにいるのか?と僕自身思っていたりした。確かに友達との連絡手段としては必要だ。だが、いってしまえばそれだけ。毎日学校にはいくし、その都度遊ぶ場合は放課後そのまま遊びに行く。

親からしたらこんな勝手に動き回るやつ、心配するだけ無駄だという考えに至っていたのだろうきっと。なので買い与える必要無し!という審判が下ったのだ。

 

しかしみんな持ってるから携帯は欲しい。メールだって普通に普及している時代だ。

手紙が電子化するって、よくよく考えるとすごい革新的だと思う。

 

そうそう、Eメールって実は50年ほどの歴史があるって知ってました?

そのEメールの普及に一役買ったのが携帯電話なわけです。なので携帯自体はすごく革新的なのだ。

ジョブスがバックパッカー時代に使ってて普及させたとか、諸説色々ありますが、日本規模で見たらきっと携帯の存在が大きいでしょう。

 

まぁ、豆知識はこんなもんで、いよいよ携帯の存在がちらついてから、どうにも欲求が膨れ上がり、なんとなく欲しいという思いが強くなってきた。

 

ただ、買ってもらう理由としては弱すぎる。なんだ、ただ欲しいから買って!て。

 

雑魚な理由にもっと強い理由をつけなければならなくなった。

 

一体どうしようかと、考えていた時、ふと脳裏にちらついてきたのが、以前CMで見ていた”G'z one type-R”

f:id:canworks:20170309134631p:plain

 

決してアウトドア派なんかではない僕だが、このモデルには惹きつけられずにはいられなかった。

完璧すぎる衝撃吸収ボディ。使う場面が本当にあるのかわからないコンパス機能。意外と使える防水機能。

男心くすぐる最高のスペックを兼ね備えたそのモデルの存在を思い出した僕はあれが欲しい!という思いに突き動かされる。

 

 

そう、またしても単純なる欲求衝動が湧いてきてしまい、余計にただ欲しいだけになっていった。

 

もうだめだこれ。とりあえず交渉しよう。

強大な物欲に駆られ、僕はただそれを伝えるがためにラスボス母親に”おねだり”という技を仕掛けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後、僕の耳元にはWoooケータイ”W62H”が当てられていた。

 

f:id:canworks:20170309140345p:plain

 

 

この時、僕の憧れていた”type-R”というモデルはすでに過去のもの。

ようは型落ちと言われるまでに成り下がっていたのである。

新品なんて出回っているわけでなく、ましてや中古なんて、もってのほかだ。

タフネス携帯であるG'z oneは、誰かと歩んできたからこそ価値が出てくるのだ。なんて考えはなかったですが、なんか中古なんて買う気がしなかったので、とりあえず当時新モデルだったこいつを選んだわけです。ちなみにこの横開きになる機能に見惚れて購入したのは大体お察しつくだろう。ロマンがあるものが好きなのだ。

それと、当時、一応G'z oneの最新機種が出ていたのですが、どうにも僕の好みじゃなかったのでスルーした。

 

やはりtype-◯というモデルがいいのです。

 

そうして、なんとか携帯を買い与えられ、新文化に触れて、徐々にネットの世界を知っていくわけですが、それはまた別の話。

 

そうしてまた月日が流れ、高校に上がって、発売されたあいつ。

僕の初恋の相手である"G'z one type-X"

タイプテンともタイプエックスとも呼ぶんですね。初めて知った。 

 

やっと発売されたその10周年記念モデルであるtype-X。もちろん即購入です。買わない手はないでしょう。本当。

 

ずっと思い焦がれて手に入れたG'Z one。

この携帯特有の機能「G'z GEAR」がすごかった。

方位計や温度計はもちろん、日の出、日の入り、潮汐情報などなど。すんごい機能が続々と・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いらない!!!!重い!!!ネット重い!!!

 

 

アディオス!!!!

 

 

 

sponsored by KDDI