読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

「好きを仕事」にするメディア構築。自己啓発ネタから社会情勢、自動車業界、趣味である音楽、漫画のことを発信します。日々精進。

最近学生に人気らしいSHISHAMO

f:id:canworks:20170223221201p:plain

メディアに結構取り上げられるようになってきてるのを見てると、売れてきたのね、SHISHAMO。顔はともかくだが、おめでとう。

最近は曲のクオリティも上がって、最初のザ・バンドという感じがなくなってきて、すごい幅広くいろんな音楽を作っている。

色々、勉強したのか、何かに影響されているのか。

 

youtu.be

 

新アルバム収録の新曲”明日も”のイントロでは、ホーンが入っていたり、曲がより一層大きなものになっている。メジャー行ったバンドがよくやりがちなアイディアではあるが、SHISHAMOがやると、なんか「おお・・・!」てなる。めっちゃ微妙な反応だな俺。

 

まだアルバム聴けてないんですけど、シングル曲だけ抜粋しても、そのクオリティ自体がグワッとあがっているのはわかる。

まぁ。そりゃ初期と比べたらですけどね。

ただこういった新しい取り組みや、今までとは違うイメージを突きつけられるとハッとさせられる。とはいっても、一番衝撃だったのは、”熱帯夜”だ。

youtu.be

もう2年前なのね。

この曲のMVが公開されたときの衝撃は忘れもない。

 

SHISHAMOが熱帯魚のこと歌ってる・・・」

 

 

完全に勘違いして、”熱帯夜”を”熱帯魚”と見間違えていた。曲を聞いても熱帯魚要素がないけど、この曲かっこよすぎ。そう思ってたが、すぐ様指摘されることに。

ですよねっていう。

 

ただ会いたいという、震えないタイプの女子の気持ちを歌った歌だった。

 

この曲、ほんとかっこいいよね。どっからこのアイディアが浮かんできたのか。

 

SHISHAMOの潜在能力の高さである。

 

 

彼女らは、ガールズバンドだとか以前に、それを感じさせない。というか、そう思って聴くと、してやられるぞ。

「ただのガールズバンドだろ」なノリで聴くと、そのクオリティの高さにやられる。

すごくうまいなって思う。曲の作り方。

 

”僕に彼女ができたんだ”ではザ・バンドサウンドなイメージで、初々しかったのだが、そっからの伸びしろが予想外すぎて、びっくりしてる。

 

youtu.be

 

つかこの頃は、まだ朝子氏、可愛かった気がするんだけど、最近になって、謎の頭角を表し始めている。

 

言うと問題だけど、いつからブスだった。いや元からか。

まあ、音楽は顔ではない。音楽自体がよければいいのだ。

最近問題になった、ワンオクのTakaの件でもそうだが、顔で聴きにきてるファンは非常に多いのが現状。なんで顔って。ソロだったらまだいいよ。だけど、バンドなんだから、アイドル目的でやってる奴なんて、そんないないと思う、多少は気にする人もいるだろうけど。

 

 

ある意味、そこも商法として、合理的なんかなぁ。

まず曲を聴いてもらうためのキッカケに外見を利用するっていうの。

だからこそ、最近のMVに可愛い子利用する流れもあるんだろうが、なんかどこもやりすぎて、シラケつつある。

いっそさしすせそズの”どす恋物語”みたいに、デブ採用して、笑いとるくらいのやつとか面白いと思う。

 

そういえばSHISHAMOに関して、完全に彼女らメインのMVが多いね。

みんなのうた”では渦中の清水富美加が出てるのあったが、あれが唯一女優採用した奴ですかね。

 

youtu.be

 

てっきりこれ、消されてるかと思ったが、よかった消されてなくて。

めしだ大丈夫かな。

 

 

 

アディオス。