生意気

ネット関係に勤める僕が生意気にも好きなことを語る備忘録的ブログ。好きな言葉は「急がば回れ」

簡単にできた僕の禁煙方法を伝授!失敗は許されないよ

f:id:canworks:20170208152723p:plain

別にアレン・カーの本を読んだわけではないです。でも意外とすんなりこれと言って苦労もなく禁煙できた生意気(@canworks100)です。

 

何度も禁煙に失敗して、あの手この手を駆使して辞めよう辞めようとしている方は、たくさんいらっしゃると思う。自分もそうだったし、結構ゲスな状態だった。

 

そもそも禁煙しようと思い立ったのが、彼女がタバコ嫌いだったのが理由になります。だったらなんで一緒にいるねんて思われるかもしれませんが、そこは愛のパワーですね。おまけに仲間周辺から「お前は辞められないよ」とみな口を揃えて言うわけです。

 

僕、周りから決めつけられるのすごい嫌いなので完全に禁煙スイッチが入りました。その日から、彼女にも、辞めるよ宣言して、この一箱吸い終わったら禁煙するぞ!と心に誓いました。

 

 しかし、そううまくいかないのは、禁煙失敗経験のある方ならわかるはず。一週間くらいは何てことなかったんですよ。だがしかし、ほんの気のゆるみから、コンビニに何気なく寄った際、何気なく煙草を注文してしまっていたのだ。

 

こっから禁煙プロジェクトが一気に崩れてしまい、その後ズルズルと吸うことに。バレなければ大丈夫なんて、甘い考えを持っていましたが、禁煙をした今、言わしてもらうと、煙草の臭いなんてすぐバレます。バレバレです。

 

口臭から体臭から車の臭いまで。ほんと煙草の臭いは強いので、辞めたフリなんてすぐバレます。ちなみに車で吸ってもアウトですよ。禁煙しているくせになぜか煙草の灰が車に積もっているんですから。

 

 そんなわけで、なんちゃって禁煙をしていてもすぐ周りにバレるし、辞めるなら、スパッと辞めないと、その後だらだらと吸うことになってしまいます。煙草を辞めるにはそれなりに強い意志がないとダメだということがわかりました。

 

そこでまず僕がとった行動は「意識改革」です。ようは考え方を変えたわけです。

口動ではなく、行動をしましょう。

 

 

 

行動その1 習慣を変える

 

はっきり言ってニコチンの依存症状は結構恐ろしいです。辞めようと強く思えば思うほど、いつまでも脳裏にタバコのことが思い浮かんで来て、コンビニに足を運んでしまいます。まさに片思い中の乙女である。しかも金はあるもんだから、少しの行動でそれが手に入るわけです。金があれば何でも買えるんです。ですがそこで変えるのは習慣です。

 

いつもタバコを吸うタイミングが、皆さん個々それぞれございますでしょう。朝起きて一本。職場について一本。休憩に一本。合間の楽しみである一服。これを思っ切り変えてみせることがまず一歩です。朝起きて吸わないでワンテンポずらす。職場についてもとりあえず吸わない。休憩は寝る。

 

そうやっていつものタイミングで敢えて吸わないのです。最初は違和感と、ニコチン切れによりそわそわするだろうが、頑張って耐えましょう。そうやってワンテンポ我慢して、次の別のタイミングで吸うのです。その一服はかなり格別なものでしょう。

 

あれ?吸ってんじゃん。

 

てお思いでしょうがそれでいいのです。正直、大体の人がいきなり辞められるなんてありえません。なので最初の段階では、まず”ワンテンポずらす”。これを意識して見ましょう。これをやれば、必然と一本減らしたことになっています。こうやって少しづつ、自分の中で、タバコを吸う習慣を無くして行くのです。

 

・場所限定で吸わないのも効果的ですね。

 

例えばクルマの中では吸わないとか、会社にいる間は吸わないとか。禁煙は我慢比べです。そうやって我慢すれば自然と財布の減りも少なくなります。禁煙ていいこと尽く目ですよ。

 

 

行動その2 とことん悪者にする

実際にタイミングをずらしたりしても、やはり誘惑に負けることはあります。そんな人は大体意思弱です。ザコです。禁煙失敗者はただのザコです 

 

そんなわけで、ここでとことんタバコを悪者にするのです。間違っても自分は責めないようにしましょう。禁煙以外にも悪影響を及ぼす可能性があるので、良い方の自己肯定感だけはしっかり持ちましょう。

 

禁煙する!て言ってすぐ失敗するやつ。そうした後、「俺はクズだ・・」なんて言って吸ってるやつ、周りにもいたけど、これもある種逃げですからね。こう言ってる人は全然、辞める気の無いただの冷やかしです。

こうやって自分で自分責めちゃう系の人は、自分で責めてると思い込ませ、実はただ悪い方へ肯定してるだけですから。認めちゃってるだけで根本の解決にはなっていないので、口動ではなく、行動をしてください。

 

はい、本編もどります。

 

それでは、ここで言う悪者とは誰か?

 

もちろんタバコさんですね。彼をひたすら悪者扱いするのです。

少し、立ち止まって、自分に吸った吸い殻を眺めましょう。

ドス黒い物体が、灰皿にポツンと存在しています。

真っ黒のその物質は、先ほどまであなたが咥えてたものですよ。

そしてこう思ってください。

 

「体に悪そう。」

 

他の人が吸っているのを見ても、体に悪そうと思いましょう。

 

そうすることで、自分の中のタバコイメージがガラッと変わってくると思います。要は自分に洗脳をかけるのです。

 

「タバコは体に悪そう。」

 

 

実際、悪そうじゃなく悪いんですが。

まぁ、そうやってタバコを悪くしていくんですよ。自分の中のイメージが変われば、タバコ吸うことへの罪悪感みたいな物にもなりますしね。

 

意思は大事ですよ。辞めるつもりもない奴が、辞められるはずがありません。

最終的にはここら辺の差かもしれないですけど、すっごい大事です。

 

 

行動その3 風邪をひく

もはや極意です。これさえできたら辞められます。

ここまでの行動は全て、僕の辞めた過程ですので、これも個人差といえば個人差ですが、風邪をひくのはとても効果的です。

 

最終的にこれで辞めました。

 

風邪をひくと、口の中の味が変わるし、喉が痛い場合がほとんどです。

喫煙者はこんな時でも吸いたくなってしまいますよね。

または逆パターン。吸いたくなくなる。こうなったら、もうほんとにそのまま辞めてしまいましょう。タバコを捨てるのは、この時が一番効果的です。

そして寝込みましょう。三日くらい。

現代社会をいける人々には辛い話かもしれないですが、そこは将来の節約につながると思えば多少の休みくらい。

 

まぁ、実際、無理だと思うので、とりあえず風邪をひいたら捨てるのが望ましいかと思います。喉が痛い時もいいかもですね。

 

ここがキモです。風邪をひいた時が大事です。

 

まとめ

やばくないですか?

こんな禁煙方法、ドヤ顔で紹介してるのここくらいだと思うのですが。

でも、色んな人の禁煙話は面白いと思いますので、ほんの一例ということで聞いてください。

 

でも、やはり何事にも言えることではありますが、”意思”は大事です。

正直、タバコは依存症と言うくらいですので、”病”ではあるんですが、”病は気から”です。

 

結局そこにたどり着きます。なので、諦めないで、辞めるぞ!という心掛けは大事かと思います。

 

僕は禁煙している人を応援いたしますぞ。

 

後はもうこういった電子タバコ使っちゃうのも手ですよね。

タバコ吸う癖をそのままに

 

 口が寂しい人は、いっそ電子タバコにして、いずれ「こんなものだったら吸わない方がマシだ!」て思えるようになってきたら、禁煙成功です。僕の電子タバコも今はもう部屋の片隅に横たわっている…。

 

 

アディオス。