生意気

元・自動車整備士の現・Webライター。ノマドに憧れる僕が人生観や仕事観について語るブログ。

 MENU

Janne Da Arcって今の子知ってんのかい?て話。

f:id:canworks:20170213225457p:plain

知ってるんかい?て話。

それこそ今の十代の子って、しってんの?

辛うじて、「Acid Black Cherry」は知っているかもしれない。むしろそっちの方が有名かも知れない。

 

ハイスタの横山健みたいな感じで、ソロは現役バリバリでご存知ですけど、バンドの頃なんか知らない。むしろバンドなんかやってたんすか!?yasuさんって感じかも知れない。

 

全然知れてないと思ってるJanne Da Arcというバンド。

 

気がついたら彼らが活動休止して、もう10年経ってるんですね。

いや、なんと言いますか。年々時の流れが早くなっていることに、多少の虚しさを感じてしまいますが、彼らからしても、あっという間な10年だったんでしょうね。

 

ボーカルyasuのソロプロジェクト、Acid Black Cherry」の活動が始まったのが、2007年。ジャンヌの活動休止が発表されたのが2007年。

入れ替わるようにABCが活動を始まったんだけど、それがメンバー間に不仲なのか、はたまた別の問題なのか。

 

巷で噂されるのが、yasuのV系で行きたい考えと、メンバーの普通のビジュアルで売りたいこととの意識のズレだったり、yasu人気によるバンドの人気をよく思わないメンバーの嫉妬。だったり色々憶測は出ているが、真意のほどはいまだにわかっておらず。

 

ABCの活動において、ジャンヌという話も出てないから、もう復活はないかな、なんてムードの我々ファン。

 

実際ABCになってから、それまで落ち着きを見せていたyasuのビジュアルがアッと驚くほど変わった(なんか表現古いな)。

 

僕はとくにV系に憧れがあったわけではないが、ジャンヌはなんだか好きでずっと聴いてた。それは狂ったように一日中聴いてられるレベル。

当時、中学生の僕のウォークマンにはジャンヌとガガガSPしか入っていなかった。

嘘。もっとあった。サンボマスター、親から借りたビートルズストーンズ、SOUL’d OUT。母ちゃん何故かSOUL'd OUTに激ハマりしてた。今聴いてもいいと思うが。

 

まぁ。とにかくジャンヌがすげー好きだったって話。CD全部売っちゃったけど、最近Apple Musicで聴けることを知ってから、ちょくちょく聴くようになったが、いつまでたっても色褪せないし、歌詞も意外と覚えている。と、同時に当時のことも思い出され、気がついたらこんなとこまで来ちまったなぁ、なんてキモイことを思った。

 

思い出補正ばりばり加わってしまって、なんだかジャンヌを聴くときの心持ちが普通でなく、ふとした瞬間に聴き入ってしまう。本来はぶち上がって前ノリで聴く音楽ではなかったかと、考えるがよくよく思えば今の自分の音楽センスというか、音楽基準値がジャンヌであったと気がついた。

 

ここで言った音楽基準値とは、自分の好きな系統、タイプの音楽の指標を指す。

 

要するに、何げなく聴いた音楽で、「あ、これ好き。」と思う時があるだろう。何げなく流れてきた街のBGMや、その他バンドの音楽に対して。

 

そういった好きの基準が、すべてこのジャンヌダルクに集約されてしまっている。

あと、何げなく口ずさむメロディもジャンヌ色が多いことに気づく。

 

あげたらほんとキリなくなるから、だいぶ省くが、ギターのカッティングが好きな理由もなんとなく知れた。

 

ギターのジャキジャキ感好きだし、たまにあるアコースティックも超好き。

"Dear my"のアコースティックはめちゃくちゃ好きだったもん。あと親孝行しなきゃなって思ってしまう。

 

 

何を突然ジャンヌなのか?と言われれば聴いてしまったからというほかない。

超懐メロがそこに凝縮されていて、ある程度の成長を遂げた今聴いても新しい発見がある。楽器できるようになってから、音の受け取り方が変わった感はすごくある。

単純にギターかっこよすぎる。つか主にそこを衝撃受けてた。

 

 

はぁ、ギター練習しよ。

 

 

アディオス。