生意気

自動車整備士だった僕が退職してネット業界の人間に転身!仕事を悩める人に新しい価値観を提供したい系雑記ブログ

さしすせそズはなんだか面白い

f:id:canworks:20170212105835p:plain

さかのぼること一年と少し前。暇な時間に、YouTubeで色んなバンドのMVを視聴して、関連動画をどんどん辿っていく動画サーフィンを行っていた時のこと。

 

最近の音楽の発掘場は、専らYouTubeであり、気に入ったらバンドの音源は買うというスタンスを取っていた。やはりいつの時代になろうとCD屋のあの雰囲気はとても好きで、なにも買う気もないのに、行きたくなるものだ。ハイスタがゲリラ音源を出したりした背景には、そういった想いもあったと聞くが、動画サイトで新しい音楽を発見できる時代になってきたからこそ、そういった自分で足を運ぶことも少し特殊になってきてしまっているのだろう。

 

Amazon楽天の発展で、通販で買う人も多くなったろうと思う。それに加えてCDを買う人も少なくなったというのはよく聞く話。だからあの手この手買わせようと特典つけるんだろうけど、あの特典商法はもういい加減やめて欲しいとおもう。

 

さて、ここまでは一般的な音源の買い方の話とそれに付随した近年のCD事情をお話したまでだが、もし、CDデビューもしていない、全国流通がまだなバンドの音源が欲しいと言ったらどうするか。自サイトで通販販売も行っているバンドもいくつかあるが、困るのが会場限定と言われるモノ。

 

後々非常にレアなものになると思われるそれだが、やはりライブに行かないとそれは手に入らない。ましてやそれが関西圏のバンドだったら。

 

もう無理だ。そうそう簡単に行けっこない。

 

挙句の果てに売り切れになったプレミア価格決定である。

 

 

今回話すさしすせそズは、バンドサイトで通販もグッズの通販もあるので安心して欲しい。ただ、やっと彼らの音源が普通にタワレコで買えるのかと思うと嬉しいものだ。

 

 

ーふざけた歌詞。音はガチー

 

冒頭で書いた通り、僕はYouTubeで色んなバンドのMVを漁るのが好きだ。その道程で見つけた一つのバンドがさしすせそズになる。

 

僕が衝撃を受けたMVがこれだ。

 

youtu.be

 

ふざけ過ぎだろ。

 

彼らの代表曲に一瞬でなったであろうこの曲。この曲が一番最初にお客に演奏された時がどんなんだったかなぞ知らないが、「この曲は恋する乙女を歌った曲です。聴いてください。どす恋物語~あなたの笑顔にごっつぁんです~」なんてMCされたら、観客みんな焦って仕方ないだろう。インパクトあり過ぎる。

 

最近の奇をてらった感じの曲がウケるという流れをうまく汲み取っている。

 

そしてこのMVの気合の入りよう。

 

これはほんとさすがだと思うぞ。MVの重要性がさらに増した作品の一つだ。

 

終始ニヤニヤしてられる。素晴らしい。

 

 

ーバンド名のなんだか面白いー

Vo&Gt. 松下陽祐

Gt. イケダ―マン池田

Ba. 勝浦まこと

Dr. パルプンテ山田

 

いや名前。

 

メンバーの半分くらい名前に異常性を感じる。

 

パルプンテ山田って直訳すると「何が起こるかわからない山田だ」

 

パルプンテするのはやばい。ありきたりな苗字のはずなのに、意外と会わない苗字ベスト5に入る山田に対して、パルプンテするのは非常に危険だ。

 

そしてイケダ―マン池田。

 

もはやただの池田だ。

 

何も特別なことはない。ただの池田だ。

 

損保ジャパン日本興亜ぐらい名前に矛盾が見られる。どう訳しても、意味は「池田男池田」だ。

 

てっきり最初、メンバーの頭文字からバンド名が作られたのかとか、そんな風に思っていたのだが、そんなことは決してなかった。

 

 

バンド名は、メンバーが好きなサザンオールスターズ(「さ」から始まり「ズ」で終わる)と、きゃりーぱみゅぱみゅ(言いにくい)から命名。とある。

 

ふざけ過ぎてる。これが関西人のギャグセンなのか。関西ソサエティは一体どんな構造になっているのか。

 

 

彼らからしたら名前なんかどうだっていいのかも知れない。言っちゃえばなんでも良いのかもしれない。音がかっこいいのだからそれすらも許容される。

 

いかん。かっこいいと言ってしまった。

 

 

ーバラエティに富んだ楽曲群ー

楽曲について突っ込むと、なんだか一昔前の、聞き覚えのあるようなメロディであることが多い。これは松下氏のルーツによるものなのか。

 

サザンを彷彿とまではしないまでも、どこか懐かしいメロディセンスを感じる。

非常に耳に残りやすい。

 

そして歌詞選びのセンス。

 

口がとても気持ちいいですね。

去年やっとこさ発売された全国流通盤『さしすせそズ』。それに収録されている「チリ~南アメリカの細長い国~」という曲は、サビのメロディと歌詞がうまいことマッチしていて、歌うと非常に気持ちい。曲タイトルの「南アメリカの細長い国の名前はチリ」と歌い上げるのだが、これがメロディにすっぽりハマっているような気がして、なんとも言えない感覚になる。合法トリップだ。

 

音源が載せられないのが残念だ。

 

 

そしてこのアルバムのラストを飾る曲。

「クリスマスが終わる頃に」

youtu.be

 

ガチすぎんだろ。ギャップな。

 

彼らの好きなサザンに例えるなら「いとしのエリー」的なポジになりうる曲。

 

メロディが強いから弾き語りでも十分聞ける曲だと思う。

だがなぜこのMVに登場してるのがあの二人なのだろう。

ツッコんでいいのかわからない、ボケをかましてくるから困る。

 

 

ー二枚目の流通盤ー

 

youtu.be

 

そして3/22にセカンドミニアルバムがリリースされる。

 

ノリに乗ってきた彼らの新音源になるわけだが、勢いはそのままに、また新しい彼らを、このアルバムで見せてくれることだろう。

 

インディーズシーンの渦中に突っ込んだ彼らが一体どんな活躍をしてくれるのか。

 

まだまだ伸びしろがあるだけに、とても期待できるバンドだ。

 

 

アディオス。