読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

元・自動車整備士が綴るブログ

My Hair is Badのいいところだけを並べてみた

f:id:canworks:20170210143858p:plain

どうも、キャンさんです。

去年の話に戻るわけなんですが、紹介したいバンドとそのアルバムがございます。

絶対彼らのことについては話しておかなければ、との使命感から今回は、書かせてもらいます。

 

 

My Hair is Badというバンド。

音だけ聞くと単純明快なストレートギターロックといった感じ。

ほんとに愚直なまでにストレートなロック。 なのに染みる。

 

今回は彼らの魅力を語らせてもらう。

 

女々しい歌詞。雄々しい音。

 

まずは彼らの楽曲を聴いてもらいたい。

 

youtu.be

 

ブラジャーから始まる歌詞ってありました?今まで。

そこから流れる鮮やかなアルペジオ

正直これを歌いながら弾くのはすごいと思う椎木さん。

そしてイントロ終了に鳴り響くパワーコード

 

この開始数分で引き込むテクニックはさすがだと思う。

どう聞かせたら最後まで見てくれるかをしっかり理解して、それを組み込むことの器用さに脱帽だ。

このくらいの自主プロデュース力は正直羨ましい。

 

ディスってほどではないんだが、マイヘアは歌詞が女々しい。

ずっと過去の女のことを思っていたり、浮気を疑ったり。

どんな恋愛してきたんだと言わんばかりに彼の女運は悪い気がする。

 

同時に人間の暗い部分も歌っていたりする。

後ろ向きでありながら前を向く。

矛盾しているがそんな印象を抱く。

 

後に動画を載せるが、告白という歌の歌詞。最後は「いつか死んでしまうんだ」で締められているが、要約するとどうせいつか死ぬんだし、今やりたいようにやろうと言っている。少なくとも僕はそう受け取った。

 

わかってるんだけど同じことをしてしまう。

だから一生痛いくらいひどい恋なんだと思う。

 

そんな恋愛中毒さながら雰囲気の歌詞を支える極太ギター音。

なんかこういうストレートな構成の曲ってあんま最近聞かない気がする。

 

昨今の邦ロック界では、ボーカルの裏でリードが別のメロディを弾いていたりが多くて、こういうバンドが霞んでしまっているイメージだ。

 

それが悪いとは言わないが、もう少しこういったバンドが出てくれればもっと賑やかになるのではないか音楽業界。

 

語感の良さ。韻の踏み方。言葉選びのセンス。

彼らの良さはその言葉選びのセンスだろう。

声に出すと気持ちい言葉ってある。

バルサミコ酢とか部分分数分解とか口が気持ちい系の言葉だ。

それの使い方、メロディの乗せ方、逸材だ。

 

youtu.be

こちらの新曲に関してはその究極だろう。

究極に口が気持ちい。それはもう常にエクスタシーだ。口が。

 

完全に狙いに行ってる感が強いがそれでも綺麗に型にハマっている。

 

椎木氏はこういうセンスがあるのだろう。ほんとにきれいに言葉と歌詞が合致した一曲。

聴いててとても気持ちいもん。

 

作曲にかんしていうと、この歌詞がうまくメロディに乗るかが大事なってくる。

 

ほんとはこう使いたかった言葉だけど、メロに乗せらんないからやむなく歌詞を変更なんてよくある話。

 

だがことマイヘアに関してはそれを感じさせない。

綺麗なのだ。何とも完成度の高い曲に仕上がっており、尚且つ歌詞も深い。

人間味がもろに出ているのか、かっこ悪さがかっこいいのだ。この男は。

 

どんだけゴリ押しだよこの記事。

 

徐々に見せる変化

 

マイヘアは特に歌詞に重きを置いたバンドだと思う。

それもボーカルの椎木くんが弾き語りをしている分、語りかけることに関して、強く意識しているのだろう。

 

そんな彼らが今回のアルバムで初の試みを得ていた。

その曲がこちらだ。

youtu.be

イントロで普通のコード弾きかと思いきや、それが終わるや突然流れるストリングスの音。

 

そうくるか。

 

メジャーデビューしたバンドがやりがちなアイディアとか某体育さんに言われかねないほどおしゃれなアレンジを施した曲が出来ていた。

 

これ恋愛映画で使われそうな勢い。

というかほんとそれを狙ったんじゃないかと言えるほどだ。

 

ここにきて新たな局面を見せたマイヘア。

 

メジャーデビューして、歌詞重視の語りメインな楽曲が増えるのかと思っていたが、こういうのもやるのねと。そういった印象だ。

 

まっすぐでかっこいい

 

ここまでマイヘアの魅力を思うままに語らせていただきました。ええ。清々しております。

 

ここまで歌詞が女々しいだ、単純ストレートロックだと言わせてもらいましたが、単純に言わせてもらいます。

 

マイヘアかっこいい

 

かっこいいんですつまり。なんだろ、わかりやすいかっこよさ?

メロコアっぽい印象を抱いてたんですが、聞いてみるとそれはちがくて。

 

3ピースのバンドってすごい個性がはっきりでて面白いなって思うんですよね。

自分の好みとしては、単純なギターロックが好きで、それに綺麗なメロが乗れば満足なんですよね。

 

マイヘアは歌メロ一つでも強いバンドですから、とてもかっこいい。

椎木くんのメロディはとても心地のいいものであります。

 

 

アディオス。