生意気

元・自動車整備士のフリーライター。ビジネス感覚を身に付けたいクルマ好きライターのブログ

 MENU

ぼくとアジカン。

f:id:canworks:20170130011225p:plain

この画像古すぎか。

 

 

そんなわけで今回はアジカンのことについて語らせていただこうかなと思います。

 

突然なんでこうなったかは昨日の記事で言っておりますが、何故かここに来て、僕の中でのアジカン熱がとんでもなく上昇しておりまして、それに伴い、僕の中のアジカン様に対するリスペクトが超絶止まらなくなってしまっているわけなんです。

 

だから尊敬と敬意を払いたく、記事にします。

 

こんな時、歌にできたらなぁ、なんてことも思いますが、あいにく作曲には未だ手を出しておらず、出来ることなら音楽の勉強をしたいな、と最近思う次第でございます。

 

音楽好きは、どちらかに偏りますよね。

バンドを始めるか、熱狂的リスナーになるか。

 

僕の場合、どっちにも足を踏み入れて、半端な状態で、足踏みしている感じですけど。

 

まぁ、どっちかって言うとリスナー目線かな?でも。

ずっと音楽を聴く側なのかなとは思います。

 

演奏するにしても、それは完全に趣味の話になってしまうだろうし。

 

だからこうやって好きな音楽について話してるんだけどね。

 

 

そんなこんなでアジカン

そもそもの出会い、というかアジカンを知ってきっかけがアニメ『NARUTO』。

自分今20前半なわけなんだけど、丁度僕ら世代はみんなNARUTOで知ったと思う。

これは間違いない説。その前に知っているのは、本物のライブキッズだ。すごいぞ。

 

このNARUTOのオープニングが「遥か彼方」。

youtu.be

 

これは色あせないっすね。僕らの青春ソング。

ここでアジカンを覚えて。

youtu.be

ハガレンで「リライト」です。

これはマジですごかった。

カラオケ行けばどこも「リライトしてぇぇぇぇぇええええええええ!!」が聞こえてきて、TSUTAYA行けば頭上から「リライトしてええぇぇぇぇぇぇぇぇええ!!」が降ってくる。もうすごい大ヒットだった。すごい時代だったのかな。

 

僕は何となく、アジカンを知っている程度で、なんかカッコいい曲多いからってことで、なんとなくアジカンのCDを聴いてた。

 

この時代、ネット環境が当たり前で無かった時代だったので、僕はこのバンドのことを深く知る機会が全くなかった。

 

バンドってかっこいいイメージがあったから、たまにCMで見る彼らの姿を見て、地味な役者にMV出させてんだなって印象を抱いていたのを覚えている。ごめんなさいごっち。

 

そうして、とくに「ロックンロール」ということを意識せず、なんとなくある音楽として、小学生時代を僕はアジカンと過ごしていた。

 

ぶっちゃけバンドに目覚めたきっかけはワンオクである。初めて見に行ったライブが彼らだったから、僕はものすごいカルチャーショックを受けたのを覚えている。

 

まぁ、そこら辺の話はまた追々。

 

 

そうして『崩壊アンプリファー』『君繋ファイブエム』『ソルファ』と、順調に集めていった。

 

それからしばらく、アジカンとは離れてしまい、唐突にジャンヌダルクにハマって、中学時代はジャンヌ一色だった。かといって僕がビジュアル系に目覚めるわけではなかったけど。

音楽は好きだけど、カッコまで真似すんのはちょっと無いわて思えたあたり、よくやったと思う。影響されやすい自分にとってね。

 

 

だから『ファンクラブ』以降のアジカンは全然リアルタイムで聞いてこなかった。

今思うとほんと勿体ないと思ってる。

 

ジャンヌのCD集めてるついでにアジカンも買っておけと、当時の僕に言ってやりたい。まぁ、そんな財力、当時の僕にはないわけだが。

 

でも『ファンクラブ』ってアルバムはあの頃の僕にどう届いていたのかなって思う。

とくに深く考えてないんだろうけど、あの頃の状態で聞いたら、今とは違った印象になっていたのかなって、今でも思う時がある。リアルタイムで聴いときたかったアルバムである。

 

そうやって月日が流れて、再び僕がアジカンと合流した地点が映画『ソラニン』。

 

 

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

 

 

高校生の時だったかな。原作の『ソラニン』は、まだうぶだった僕には、少し大人びた漫画だったけど、幼いながらにすごい感動を受けた。

つか、浅野いにお作品と出会ってしまったことが、今の僕の性格を創り上げているような気がしてならない。

 

 

そんなわけでソラニン。ご存じ同曲名である『ソラニン』がとっても胸に刺さるものあり、今聴いても、当時の憂いな高校生活を思い出すことができる。

 

そんで、しばらくしてから『マジックディスク』が発売されたので即買いでしたね。

あの一曲目、「マジックディスク」はなんだかすごく衝撃だったの覚えてる。個人的にね。すごくアジカンが変わった印象を受けた。

 

そんでこのころにワンオクにハマり始め、アジカンとはまた疎遠になっていくのである。

 

ここまで話してわかったかと思うが、言うほどアジカンに心酔しているわけじゃないのだ。結構ほかの音楽にハマったら、そっちに行ってしまい、どっぷり浸かる。

アジカンの音楽を、本格的に信仰するようになったのは成人する前くらいからだと思う。ほんとそれこそ18かそこら。

 

きっかけと言われるとピンときた出来事は無いんだけど、アジカンの音楽を後々聞き返してみると、自分の人生を断片的に振り返れるなぁと思って、そっから僕の隣にはいつだってアジカンがいたのか!!てキモイこと思ったわけ。

 

そんなこと思い出したら思い出補正も加わって、アジカンの音楽がすんごい偉大なものに変わっていきました。

 

音楽は自分を後押ししてくれただとかあるけど、変わらずそこにある音楽っても、いいもんだなってこと感じた僕でございます。

 

さて、長々とだらだらとアジカン語ってきましたが、ちょうどいい具合で発表されましたね。トリビュートアルバム。

 

3月29日にリリースされます。参加バンドがこれかなり凄くて.

・夏の日、残像 / amazarashi
・君という花 / KANA-BOON
・リライト / Creepy Nuts
・踵で愛を打ち鳴らせ / the chef cooks me
・迷子犬と雨のビート / シナリオアート
・Re:Re: / じん
・アンダースタンド / BLUE ENCOUNT
・君の街まで / never young beach
・未来の破片 / 04 Limited Sazabys
ソラニン / yonige
・NGS / 夜の本気ダンス
・ブラックアウト / LILI LIMIT

 めちゃくちゃ突っ込んでやりたいくらいのメンツ。

 

つうかクリーピーナッツがリライトカバーしていいの!?

 

そこ衝撃過ぎて発売が楽しみ過ぎる。

 

どれだけアジカンというバンドが、今の音楽業界に根付いてきたかがよくわかる、完全に世代の方々によるカバーですよね。シナリオアートの迷子犬と雨のビートすごい良さそうな気がしてならない。

 

ものすんごい楽しみ。

 

皆さん、アジカンってほんとに良いバンドなんですよ。ありがとう。

 

アディオス。