読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

「好きを仕事」にするメディア構築。自己啓発ネタから社会情勢、自動車業界、趣味である音楽、漫画のことを発信します。日々精進。

緑黄色社会が最初、ロックバンドだとわからなかった話。

f:id:canworks:20170117182337p:plain

軽くカルチャーショック受けた感否めない。

 

「緑黄色社会」というバンドが自分の中で異質扱いになってしまっている。

 

最近のバンドは変わった名前を付けては、何かと話題をかっさらおうとしてる感はあるが、このバンドの名前も一風変わっている。

 

通称「リョクシャカ」なんて言われているらしいが、なんと神々しい略し方だろうか。

 

「リョクシャカ」って。活舌悪い自分からしたらすげー言いずらい。

てか普通に「緑黄色社会」ってバンド名ですでに言いにくい。この文を書いてる時も、口の中で緑黄色社会と言おうとするんだけどずっと噛んでる。

 

バンド名の由来も、緑黄色野菜を緑黄色社会と言い間違えただけという、メンバー公認の言いづらさだ。

 

バンド名から全くポップなイメージを感じないわけなんだけど、曲を聞いた時のギャップがほんと凄かったので紹介していこうと思う。

 

 

 ー最初ソロの方かと思いました。ー

 

youtu.be

 

サムネ見た時、また可愛い女の子使った商法かよ、と思ってなんとなく避けてたんですけど、何度かオススメ動画で顔なじみになってきて、よくよくバンド名のとこ見てみると「緑黄色社会」と書いてある。

 

”またね”がこのアーティスト名なのだろうと思い込んでいたが、アーティスト名/曲名だということに気づいた瞬間に、とりあえず見てみようと、再生してみた

 

 

あら、お歌がお上手。

 

 

ものすごい力強い声でらっしゃること、なんて思って関連動画に出てきた動画も再生してみる。

 

youtu.be

 

ギターの方が初っ端「ワン!トゥー!」なんてしゃしゃり出てきちゃってるもんだから、「バックバンドが出張っちゃダメだろ・・」と思っていた。

 

しばらく見ていると、明らかにギターが声を被せてきてるから、「おいおいだからなんでコーラス入れんだよ」

 

バンドかよ。お前らは。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンドでした。

 

 

途中から違和感で緑黄色社会をググったられっきとしたバンドだということが発覚。

ソロの方かと思いました。いやはや失礼いたしました。

ま、そもそもソロでやる女性の方が、「緑黄色社会」て名前は少し物珍しすぎる。

 

 ボーカルの方が歌うま過ぎてバンドって雰囲気を全然感じなかったです。

 

この歌唱力の高さはソロでも十分やって行けるだろ。なんて変な偏見を持ちつつ、自分が以前書いた記事*1に、なんで女の子はバンド組まないのだろう?という考えの理想を行くバンドがこの「緑黄色社会」だと思う。

 

”またね”のMVなんか特にボーカルで売り出そうという魂胆が見えて、自分はこんな混乱してるんだと思う。

演奏シーンがほとんど無くて、楽器隊の存在が薄く取り上げられ、サビでボーカルソロカット。

 

これは勘違い起こすぞ。

 

このボーカルの子、一応ギターボーカルだよね?

 

 

ずっと傘持ってるぞ

 

 

 

 

 ーライオット準優勝者ー

 

出ましたね。この看板。

 

自分の大好きなバンド「Brian the Sun」も、この閃光ライオットの準優勝者である。

やはり、デビューの登竜門となるこのフェスに出るバンドの実力派確かなものだなと、うなずける。

 

ちなみに今は『未確認フェスティバル』と名を変えて開催されている。

 

てわけで実績が確かなわけなんです。

 

 

 

実は彼、彼女らはまだ20歳らしいです。

 

 

出ましたね。若き才能。

 

そしてこのルックス。

f:id:canworks:20170118161058p:plain

 

うわぁぁぁぁぁぁぁなんか眩しいよぉぉぉぉ

 

 

もっとロックバンドってこう、なんかこうもっとぐちゃぐちゃとしたような。こうもっとどよーーんとしたような。

 

 

 

 

単純にアングラ感が欲しいだけなのかも知れません。

 

彼らが、機材車の中で寝泊まりとか想像できない。

育ちが良い系のバンドだ完全に。

 

 

君たち、好きなバンドは何ですか?

 

 

ー実力計り知れんけどー

 

実に興味を惹かれるバンドでした。

冒頭でも書いたように、カルチャーショックを受けたバンドではある。

 

ポップとも言えないし、ロックという枠で収めてしまうのもなんかもったいないバンドではあります。

 

非常に完成度の高いバンドだと思うので、これからどうなっていくのか少し見物ではある。

 

とりあえずCD買いに行きます。

 

 

アディオス!