生意気

ネット関係に勤める僕が生意気にも好きなことを語る備忘録的ブログ。好きな言葉は「急がば回れ」

メジャーデビュー決定!ポルカドットスティングレイのメンバーを紹介!

f:id:canworks:20170723164352p:plain

テレキャスターよりレスポール派の生意気(@canworks100)です。

 

昨今のバンドのMVは、可愛いモデルや女優を起用し、少しでも多くの人達に聴いてもらおうとする動きがみられているが、それとはまた別種。確かに見る側としては、かわいい女の子が映ってた方が目の保養になるし、長く見れる要素ではある。

 

確かにいいと思う。と同時に、もっと曲自体に集中したいという気持ちもある。間奏の超かっこいいギターソロで女の子が突然脱ぎだしたら、そりゃもう目と耳の全神経が、その子の裸体を拝むために全霊を尽くすことだろう。残念ながら、そんなMVにはまだ出会ったことが無いので、心当たりのある方、ぜひ教えてほしい。お願いします。

 

というわけで今回ご紹介いたしますバンドは、脱ぎはしないけどそのあざとさ、戦略性の高さを駆使したセルフプロデュースで、見事日本中にその名を知らしめたバンド。

ポルカドットスティングレイです。

 

youtu.be

 

はい。ド定番。これが無いとまずポルカは語れない。このMVがヒットして、ポルカドットスティングレイは一躍有名になっていくのです。いやでも何がすごいって、レーベルや事務所のプッシュ無しで再生回数600万近く*1

 

素晴らしい。つかこれ完全に映像メインでみんな見に来てるよね?

にゃんにゃん雫さん目当てで見に来てらっしゃいますよね?

 

 

 

 

個性豊かなメンバー達

ここでメンバーの紹介でもいたしましょうかね。バニーガール雫氏はもちろん、その周りでペケペケベンベンダツダンダンやってる方達にもスポットを当てていきましょうか。

 

 

ボーカル・雫 

www.instagram.com

まずはこの方Vo.Gt 雫

 

 

ポルカドットスティングレイの重鎮にして頭脳。

彼女の指導なくして、ここまでの躍進はきっとなかっただろう。

 

上記にある「テレキャスター・ストライプ」と「夜明けのオレンジ」の両MVでは、雫氏自らメガホンを取り、あのクオリティのビデオを撮ったとか。

それとアプリ「さわって!ぐでたま」等を製作しているアプリ製作会社に勤務のバリバリのキャリアウーマン。そこではゲーム開発ディレクターを務めているとのこと。

 

なんか彼女のスペックが大変なことになっている。

 

会社に通いつつバンドもやって、そのバンドのMVの監督も兼任、かつ物販商品のデザイン担当と。

 

たぶん雫氏だけ1日96時間あると思われる。ギターはデュ―センバーグのスタープレイヤーを使っています。

 

実に渋い!!

 

椎名林檎さんがデビュー当時、使ってたものと一緒ですね。「幸福論」のMVなんかでお目に掛かることができますが、雫氏、椎名林檎さんがお好きらしいですね。憧れのミュージシャンが使ってる楽器とか機材って使いたくなってしまうものですよね。自分もそれでレスポール買ったもん。

 

それにしても、最近こういったセミアコのギターにとても魅力を感じざるを得なくなっている。割とアコースティック嗜好になりつつある最近の自分。でもエレキも使いたい。ということでセミアコギターがいいのでは無いかと、最近つくづく思う。 

 

ギター・エジマハルシ 

www.instagram.com

Gt.エジマハルシ

 

なんでリード弾く人はイケメンばかりなのだろう。ギターやればイケメンになれるのか。イケメンだからギターを弾くのか。バンド七不思議のひとつである。

 

だが、ただのイケメンではないのだハルシ君。彼、めっちゃくちゃギターがうまい。

 

 

無理。

 

雫氏がコピバン向けにという名目で、各曲のコード弾きをTwitterにあげているが、ポルカのギソロに関しては初心者殺しだろう。ポルカの楽曲聞いてると、よくこんなリフ出てくるよなって関心するフレーズばかりです。

 

彼の音楽趣味についてはよくわからないけど、彼が奏でるリフの数々は、ポルカの世界観をうまく創り上げてると思う。かっこいい。ひたすらかっこいい。

 

せめてテレキャスター・ストライプだけでも弾けるようになりたいな。

 

ベース・ウエムラユウキ

www.instagram.com

Ba.ウエムラユウキ

ベーシストはクールという一般常識を地の底からひっくり返すような存在。ウエムラユウキ。

 

彼のギャグセンスは凡人では到底計り知れぬ領域で存在している。もはやこの世では認知できなくなっており、今も雫さんのTwitterを覗けば、彼の神業的芸当が拝めるはずだ。要チェック。

 

 

要はただの面白い人。本来であれば母国語である、朝鮮語を喋っている動画を載せるはずであったが、雫氏のTwitterから消えてしまっているので、ベース講座レッスン2を切望する。朝鮮語を操るベーシストは彼くらいだろうから。

 

ハルシ君のリフの裏で、よく動く低音を奏でており、すんごく渋いのが特徴。変態的なベースラインが特徴だろう。凝った作りにしてる感が好きである。とくに人魚のAメロのベース好きです。

 

ドラム・ミツヤスカズマ

www.instagram.com

Dr.ミツヤスカズマ

 

ポルカのいじられ役。ミツヤス。

 

なにかと〇〇ヤスといじられるのがもはやデフォ。

口癖は〜ヤス。

 

眼鏡が本体だとか、諸説色々言われているが、この際もうなんだっていい。

 

彼はミツヤスなのだから

 

こんなチチヤスみたいな見た目からは想像できないドラムプレイを見せてくれるのがミツヤス。

 

ドラム詳しくないのであまり語れないんですが、無難な方だと思います。何気にところどころ難しいことやってるしね。あと機材オタク。

Twitterでは使用機材を紹介してくれているが、それすごいわかる。

 

しかも彼実はマルチプレイヤーなんですよね。

 

 

マルチって言い方正しいかわからないですけど、元ギターという一面を自分たちのバンドで見せつけてきた。

しかも何気に歌うまい。

 

実は結構器用なドラマーチチヤス

 

良いキャラしてるね。

  

 

CDデビューで見る、認知度の高さ

 

個々のキャラ付けもしっかりしているポルカドットスティングレイというバンド。

 

11月9日に、ついに全国流通CDを発売させた。

待ちに待っていましたほんと。

  

 

 

タワレコ限定販売にもかかわらず、フラゲ日には売り切れる店舗も各地で出てくるほど。まさに予想を上回る反響の大きさに、意気揚々と買いに行ったファンの方達は驚いたことだろう。一番はポルカの面々だろうが。

 

さらに、フラゲ日である11月8日のタワレコ全店総合アルバムチャートで2位にランクインされたのだ。ちなみに1位は[Alexandros] の「EXIST!」である。

ドロスと並ぶか。ポルカよ。驚異的な結果。

 

どれだけの人がこのバンドに期待していたのかがわかる結果だ。

 

 

挨拶回り行ったら自分らのCD売り切れってどんだけ嬉しいことだろう。

買いに行ったファンからしたら悲しいことだが、バンド側としてこれほど嬉しいことはないだろう。

 

 

バズリズムに取り上げられさらにバズる

 

 

そして最近だが、地上波でも取り上げられてしまったポルカ

 

新年早々、話題が尽きないバンドである。おそらくこの影響か。ここに来てさらにMVの再生回数が伸びている。本人たちがテレビで演奏する日もそう遠くないだろう。武道館とか絶対行くわ。

 

すごいなポルカ。マジで。

 

自分がここまでこのバンドに魅かれた理由は一体なんだろうか、と考える。先述したMVの雫氏の魅力で入っていたのでは、テレキャスターのMV見ただけで満足してそれで終わりだろう。

 

ファン目線から見てしかいないが、ひたむきに、けど自分たちのやりたいことをやりながら、確実に前進をするその姿が魅力的に見えてるのかなって思う。

 

自分たちを売り出すときのキッカケ。ファンサービスも旺盛だ。

距離が近い。それもある。

 

一度、ライブを見に行ったわけだが、その時思ったのが、プロ意識たけぇ、だった。

雫氏の立ち振る舞いは、完全にプロの姿勢。世界観に自ら浸かり、客も落としていく。

 

 

これからメディアの露出も増えていくことになるであろうポルカドットスティングレイ。

自分がずっと追っていきたいと思っているバンドの一つなので、これからの活躍はとても楽しみだ。

 

チケ取りづらくなる前に、ライブもっと行きたいな。

 

ついにメジャーデビュー

そんな人気絶頂の最中、 ついにポルカドットスティングレイが2017年の冬、ユニバーサルシグマよりメジャーデビューが発表された。

 

 

クリープハイプがビクターから移籍したとこだったり、ヤバTが所属していたりするところですよね。

 

ポルカドットスティングレイはMVの企画やらCD製作までほとんど自分たちでやってきたDIYバンドだけあり、そうやって好き勝手なれるバンドだと思い、メジャーは行かないだろうな、なんて思っていました。そうしたら突然のメジャー発表。

 

半泣きビビレコーズもここの会社でやっていただけに、その縁があってもことだろう。

 

ポルカドットスティングレイのメジャーデビューには正直驚いたが、これからも雫プロデュースでバンドを運営していってくれたら嬉しい限りです。

 

まあ、所属バンドの面々を見たら、比較的自由にやらせるタイプの会社だと思うので、ひとまず安心ですかね。

 

おめでとうございます。ポルカドットスティングレイ。

 

皆さんも、ポルカドットスティングレイに骨抜きになってみませんか?

 

関連記事:

ポルカドットスティングレイに見る自己プロデュース力の大事さついて

ポルカドットスティングレイ新MV公開!見所はミツヤスのメガネ。

マジで大正義。なんでこんなにハマるのかポルカドットスティングレイ

 

 

アディオス!

*1:2017年8月現在