読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気

「好きを仕事」にするメディア構築。自己啓発ネタから社会情勢、自動車業界、趣味である音楽、漫画のことを発信します。日々精進。

MIYAVIはカッコつけすぎててカッコイイ

f:id:canworks:20170108131057p:plain

街中で時たま見かける、あからさまにカッコを付けすぎたやつ。いますよね。

 

お前それはカッコつけすぎて逆にキモイよ。勘違いしてんじゃねぇよイケメンって心の中で毒を吐く訳ですが、俳優やモデルなんかがやるとビシッと決まってて「あ、カッコイイ」なんて思っちゃうわけですよね。

 

結局、素人とプロの差な訳ですが、それでもカッコつけてんじゃねぇよ!!てつっこみたくアーティストなんかはいるわけで。

 

youtu.be

 

彼も最初はそうでした。

この動画を見かけた時、何じゃこいつカッコつけすぎやろ!でもギターうめぇ!!と上から目線なツッコミを入れてたわけです。

 

だがしかし、時が経つにつれて、また彼のギターが見たいと思い、何度もこの動画を見ている内に、気がついたら虜に。

 

そしてトドメはこれである。

 

youtu.be

 

 

ああもう、わけわかんない。

 ほんとにこんなにスラップ出来るもんかよ。 

どー見てもカッコつけすぎてるけどカッコよすぎる。

 

ーかっこいいから世界でも売れてるー

このカッコよさは、世界共通なようで、今現在4度のワールドツアーを実施し、すべて成功を納めるほど。

 

付いた異名が、「サムライギタリスト」。

 

つまり日本を代表するミュージシャンとして、世界的に認知されてしまっている。

これは大変だ。日本のカッコいいがみんなMIYAVIになってしまう。

 

MIYAVIイメージを抱いたまま日本に来た外国人は心底失望するだろう。

 

サムライギタリストなんてそんなわんさかいないぞ。

 

ー独特の奏法、スラップー

youtu.be

 

ご覧いただければわかるが、彼のギターの弾き方はとても独特。

 

こういった弦を指で弾いて弾く奏法を、「スラップ奏法」というのだが、元はベースで行う奏法だった。

それをメジャーなとこまで押し上げた人物の一人といっても過言ではない。

 

スラップはMIYAVIの代名詞と言わしめるほど、その腕前は他とは群を抜いている。

 

楽器をよく知らない人が見てもその腕前は確かなものだろう。

ゆえに世界に通用するのだ。

 

ベース界のスラップ神といえば、ヴィクター・ウッテン。

 

 

youtu.be

 

ベーシストにウッテン信者が多いように、きっと彼を崇拝する信者は世界にたくさんいるのだろう。

 

ついでにイケメンだからなおさらだ。

 

ちなみにスラップの別称で「チョッパー」とも言われることもあるよ。

諸説いろいろあるが、意味は一緒だと思ってくれていいだろう。

 

ージャンルにとらわれない音楽センスー

ヴィジュアル系ロックバンドの経歴を持つものの、その音楽の幅は広く、あの「KREVA」とも合同楽曲を作っていたり、去年解散したばかりで、まだまだその余韻が抜けきらない国民的アイドルグループ「SMAP」の楽曲「Top Of The World」の作曲を手掛ける等、非常に幅広く活動を行う。

 

海外に進出した2013年あたりから、そういった活動が目立ち始めて、先述した楽曲「Top Of The World」のギターとしてSMAPと共に、紅白出演もちゃっかり果たしている。

2014年にはアンジェリーナ・ジョリー監督映画『不屈の男 アンブロークン』で、俳優としてハリウッドデビューもしている。

 

直近では、新しいアルバム「Fire Bird」収録、同名のリード曲にて、手塚治虫作品「火の鳥」とコラボレーションをしていたり・・・。

 

どんだけプロモーション力あるんだよMIYAVI。

 

ーイケメンには勝てないー

ハイスペックイケメンMIYAVIについて、ここまで語ってきたわけだが、皆さんどういった印象を抱いたでしょうか?

 

正直いけ好かない。て反応の方もいらっしゃるかもしれませんが、彼のギターの腕しかり、その活動は彼の努力あってのもの。

 

海外進出を果たす前は、ドラムと二人「武者修行」と称して、世界中を飛び回って、罵倒中傷を浴びながらも、うまけりゃ誰も文句言わないの精神で今のギターテクを身につけて行ったわけで、どんだけドロドロな下積み積んでんだよと、引くくらいの根性を見せるMIYAVI。

 

ただカッコいいだけじゃないんだなぁと、尊敬せざるを得ない超努力人。

 

昔は、楽曲名に漢字を多用して、少し中二臭さを漂わせていたものの、最近では落ち着いたのか、英語表記でシンプルなものが増えた。

まぁ、外国圏にも伝わりやすいようにっていう意図があるんだろうけど。

 

そして使っているギターですが、ひと昔まえは「Taylor」というメーカーのT5と呼ばれるエレアコを使用していたのだが、最近では無難にテレキャスを使っている。

 

確かにいいギターだと思うがMIYAVIの世界観的にT5のほうがしっくり来てたのではないかと思った。

 

しかし、あえてテレキャスを使うことのカッコよさ。

 

惚れる。

 

 

 

そんなカッコいい要素満載のMIYAVI。

 

昨年夏に新アルバムが出たばかりだが、今年の彼の活躍はいかようなものか。

今後の動向が非常に楽しみである。

 

アディオス!